異呆人

ノンフェータルなペシミズム

ため息ついたら幸せが逃げるらしいよ

いつの間にか、4月になっていた。

年度の変わり目というのはサラリーマンにとってはとても大きな節目であるのだが、思いの外、というより、これまでのサラリーマン人生で一番シームレスに迎えてしまったかもしれない。

いろんな感慨とか、事務的なあれこれの変化というのも少なく、現在進行形のタスクを淡々と処理しているばかりである。

いや、まぁそれで精一杯の業務量ということもあるが。

それでも大きな課題はあらかた片付いたので、一時期よりはずっと楽だとは思う。

ストレスというか、ただのイライラを除けば。

 

3月も終わりに差し掛かったタイミングで、営業の担当役員が休職を表明した。

物々しい言い方ではあるが、まさに「表明した」という表現が相応しいと思う。

なんせ、部署員全員を集めて「体調不良により明日から休職します。短い間でしたが1年間ありがとうございました」と挨拶したのである。

ツッコミどころが満載なのだが、まず、体調不良で明日から休もうという人間がする挨拶ではない。

社長に無理難題を振られて四苦八苦していたので、おそらく我慢の限界を迎えたというところだろう。

グループ会社から出向してきて、まだ1年なのである。

普通の会社なら「辞めます」と言っているに等しいのだが、年齢も年齢だし、立場も役員だし、休職したなら出向元が引き取ってくれるのだろうから、現実的な判断なのだろう。

あまり良い待遇では戻れないかもしれないが、あと数年で定年という年齢だったはず。

「逃げ切り」ではないが、厚遇されなくてもなんとか乗り切れるだろう。

 

数%、責任を感じないでもない。

4月に設置するはずだった部署の話がなくなり、私はそれについて担当役員に散々反発していたからである。

上司である社長からはダメだと言われ、部下からはなぜダメなのかと問い詰められ、板挟みでにっちもさっちもいかなくなったと想像することは容易い。

別に私だって不当にイジメようとして反発したわけではなく、「金も出さん、人も出さん、でも目標はそのまま」というふざけた話になっていたので、「できるわけないでしょ!」と一蹴していただけである。

役員も努力はしてくれていた。

でも、「よく頑張ったね」で済むような立場でもなければ、環境でもない。

責任ある立場にいるということは、できなかった結果の影響が広範に及ぶということでもある。

 

ちなみにその役員は、本部長でもあり、部長も2つ兼任しており、なんというか無茶苦茶な仕事の振り方をされていた。

結果的にライン上は私の直属の上司にもなっているのだが、私がやっている管理業務に関する知識などは微塵もないし、だから出した案件はそのまま決裁されるし、起きた問題への対処は私の提言がそのまま採用されるし、故に私は部長の仕事をやっているような格好になっている。

それがストレスというかフラストレーションの1つの原因でもある。

その大量に兼任した役員が休職するわけだが、実質的には退職のようなものなのに名目上は休職だから、ポストが空かない。

とりあえずは同じ営業の部署の部長を副本部長という聞いたこともないポジションに格上げし、本部長の仕事をさせるらしい。

役員が兼任していた2つの部署の部長も担うわけではないが、実質的に指揮はとる。

ただし、この人もまた管理業務の知識はないわけで、つまり引き続き私はマネジメントされないまま放り出されることになる。

 

あと、仲の良い同僚が課長に昇進した。

これ自体は素直に喜ばしいことである。

ただ、中途入社の時期がほとんど同じ(私が4ヶ月だけ早い)だけに、少し複雑な気持ちになる。

評価がどうこうということではなく、これはシンプルに年齢なのである(聞いている範囲では)。

彼の方が3歳年上である。

主任に上がったときも彼の方が早かった。

だからたぶん、あと2,3年待てば、私も課長にはなれる。

ただそれは逆に、どれだけ効率的に仕事をしようが、どれだけ劇的な成果を上げようが、待遇は大きくは変わらないということでもある。

 

出世したいわけではない。

給料は上げてほしいが。

私の職業観は何度か書いているが、私はサラリーマンとは傭兵だと思っている。

会社という依頼主と契約し、それに基づき求められた結果を出す。

そういうドライな感覚の持ち主であるので、仕事の評価というのはシンプルに待遇(給料)だと思っている。

どれだけ「すごく頑張ってもらっている」「君がいないと業務が回らない」と評価されても、正直さほど嬉しくない。

本当にそう思うなら、待遇を良くしてもらいたい。

言うのは簡単である。

無料、あるいは思ってなくても言える。

ただ、待遇を変えるということはそう簡単にはいかない。

その簡単でないステップを踏んでまで待遇改善を図られることが、真の評価だと思っている。

つまり今の私は、自分自身に「若いから」だと言い聞かせることはできるが、評価されたという実感は持ち得ないのである。

 

口頭での評価はされている。

先日の会議の席で、社長が営業の部署員にハッパをかける際、「きちんとした仕事をしていれば誰かが見ていて評価してくれるんだよ。朱天なんか、経営企画部からほしいって言われたよ。そう思われるようにならないと」と、ダシにされながら褒められた。

まぁ、そう言うあなたのせいで、私は辞めようかと思ってるんですけど、というセリフは内心に留めておく。

経企かぁ。

うちの会社の経企は企画というよりただの総務に近いのだが、ゼネラリストの私にはおあつらえ向きとも言える。

経企も昨年出向してきた課長が相当仕事のできない人で、各所から炎上レベルの不満が噴出しているのだが、こちらは前任者の引継ぎ相手が見つからずに引き継ごうとした相手が過去に2人も休職しているという魔境のようなポジションなので、できるできないはともかく勤め続けてくれるだけマシ、という地獄のような状況である。

そりゃ私が入って綺麗にしてあげたいけど、抜けたら今の業務を代わりに担ってくれる人がいない。

 

新しい部署の話がなくなり、方々からお悔やみの言葉というか、慰めの言葉をかけられている。

もちろん、私自身が思い入れのあるプロジェクトだったということもあるし、それ以上に部署をまたいで全体の業務最適化を図る企画だったので、「あれができていたら…」と残念に思ってくれる人もいるのである。

まぁ、言っても詮無いこと。

ため息しか出ない。

ため息といえば、いつも思い出すことがあって、大学時代に塾講師のアルバイトをしていたとき、授業中に中学生どもが騒々しすぎて思わずため息をついたら、生徒から「先生、ため息ついたら幸せ逃げるよ」と言われたことである。

それを聞いて苦笑したあと、再度ため息が漏れた。

 

なぜいつもこの場面がフラッシュバックするのかと思うのだが、それはつまり、ため息をついたら思い出すのが習慣になるほど、私がため息をついているということだろう。

思い当たる節が多すぎる。

まぁ、幸せかどうかなんて、さほど気にしていないけれども。