異呆人

ノンフェータルなペシミズム

自分の人生を自分で認めるということ

仕事が忙しかったり、ストレスが溜まったりすると、人間関係が煩わしくなる。

そういうときというのは、自分のことを誰も知らない土地に行って、一から生活を再スタートしたいなと思う。

実際、地縁も血縁もない土地で一から生活を始めるということを何度か繰り返している身としては、そんなことをしても自分が望むものは手に入らないということは知っている。

どこに行こうと何をしようと、私は私である。

私が私として生きる以上、そこでは似たような人間が私の周りに集まり、似たような人間関係が構築され、似たような生活が出来上がる。

だからあくまで夢想でしかない。

いわゆる逃避行的なもので、何かが劇的に変わるという夢想。

 

私は自分の人生に意味や価値はないと思っているが、自分の人生に後悔はしていないし、むしろ自分なりに胸を張れる生き方をしてきたと思っている。

誰かや何かのせいにしたり、誰かや何かに依存したりおもねったりせず、自分の責任において自分で決めて歩いてきたつもりである。

うまくいったことも、うまくいかなかったこともすべて含めて、その結果を引き受けてきた。

たとえ何かを手に入れるために失ったものがあったとしても、それが他人から見れば割に合わないディールだったとしても、自分で望んだことの結果として受け入れられる。

今、私が内包している欠落もきっとその類のものだろう。

傷を勲章と言うつもりはないが、それも含めて自分の人生だとは思っている。

 

自分の人生、あるいは生き方を認めるということは、私にとっては一つのスタイルの完成である。

そこから先に発展性はない。

それが私にとっての「いつ死んでもいい」ということでもある。

今がベストな状態だと自認するからこそ、そこから先の物語を求めない。

「ただ在る」ことの延長線上である。

一つの到達点として、そういう生き方を積極的に肯定している。

ただ、私自身が発展性を感じられず、そこから先を求めていなかったとしても、そこから先を続けるために必要なリソース(時間、資金、能力etc)を所有していることも事実である。

だから私は、それを家族に提供する。

ある意味では、自分のリソースを提供するために家族を持つという選択をしている。

妻と付き合うまで、つまり上述のように考え方を変えるまでは、一切、交際相手を求めることも、結婚しようともしていなかったので、周りはいまだに私の変心を不思議に思っていたりするようだが。

面倒だし、理解されるとも、されたいとも思っていないので説明はしない。

それでもときどき言葉を放り投げたくなるから、こうして文章にする。 

 

なりたい自分、あるいは手に入れたいものがあるのに、それが手に入らないのはストレスだろうなと思う。

それと同時に、そういう人にとっては、そういった理想像がないことのストレスというのはわからないだろうなとも思う。

ずっと何か自分にとっての「やりたいこと」を探してきたけれど見つからなかった身としては、実現可能性はさておき目標に向かって走っている人間が眩しく見えた。

ただ、ゴールがわからないまま悶々と生きていてわかったことは、目標がなくても進めるし、大切なものが見つからなくても身の回りの人や物は大事にできるということである。

向かう先が明確な方が力を収斂できるし、効率が良いのは確かである。

大切なものが明確な方が、あれもこれも守らなくて済む。

だが、無いなら無いで、目の前の状況に真摯に向き合えば良いし、そのときたまたま出会った人や物を大切にすれば良い。

「〜じゃなきゃダメ」という思い込みは人を楽にするが、そういう明確な対象がないと生きていけないわけでもない。

「あるがまま」と言うと最近はなんだか胡散臭い感じがしてしまうのだが、良い意味で肩の力を少し抜いて生きることは、多くの人にとって重要なことなのではないだろうか。

ほとんどの人は「ヒーロー」でも「ヒロイン」でもない。

自分の人生の主役であることは間違いないが、世界においては、残念ながら欠けても構わない歯車にすらなれない存在である。

そう自認してしまうこと、そこからスタートして見方を変えること。

 

死にたいというより、生きているのがめんどくさいと思うことは非常に多い。

それでも、人間なんて長く生きて、せいぜい100年程度である。

死に急ぐほどのものでもないというのが、しばらく変わらない私の所感である。

ただ在ることの辛さと、それを補うほどプラスに働く何かと、どちらが大きくなるかは博打のようなものである。

安易に楽観することは好きではないが、まあ良い方に出ることもあるかもしれない。

辛くて嫌になってしまわないよう、ギリギリのラインだけキープできていれば合格か。

 

最近、仕事の関係で非常にイライラしていたので、まとまりがなくてもいいから文章を書いて落ち着こうと思った。

現実から目を逸らす時間も必要だな。