異呆人

ノンフェータルなペシミズム

自分語り

あきらめどき

システム部門の部長から内々に呼び出された。 私が主導して進めていたプロジェクトの予算の件だった。 このプロジェクトの実施にあたっては、外部のシステムを利用することが前提となり、それは開発元である先方も承知のことで、わりとふっかけられた見積り…

自分の人生を自分で認めるということ

仕事が忙しかったり、ストレスが溜まったりすると、人間関係が煩わしくなる。 そういうときというのは、自分のことを誰も知らない土地に行って、一から生活を再スタートしたいなと思う。 実際、地縁も血縁もない土地で一から生活を始めるということを何度か…

考えなくなる

風邪を引いた。 妻と子どもが先に風邪を引いていて、私だけは大丈夫だったので、安心というか過信していた。 元来、身体は丈夫な方である。 体調を崩しにくいことについては、根拠のない自信を持ち続けている。 ところが、妻と子どもの風邪が快方に向かって…

本日は快晴なり

最後に記事を書いたのはいつだったかと思い見返すと、2ヶ月前となっていた。 このブログを書き始めてから、更新しない期間としては最長だろう。 別に何があったというわけではなく、単に時間がなかっただけである。 平日は相変わらず朝6時半ごろに家を出て9…

大人になって思うこと

毎年、甲子園を少しだけ見る。 「少しだけ」というのは、自分から見ようとして見るのではなく、「たまたま誰かがTVで見ているから一緒になって見る」ことしかしないからである。 だいたい、盆休みに実家に帰ったときか、そこで祖父母の家を訪れたときか。 ス…

ロングロングバケーション

夏休みだった。 毎年書いている気がするが、本当はうちの会社には夏休みはなく、「計画休暇」とか「連続休暇」とか言われている。 要は一般的に夏休みと言われるような時期に、「5連続営業日の有給休暇の取得」が義務づけられているだけである。 「夏休みっ…

「老後資金2000万円」の話と布石

前回の記事の投稿が10日少し前で、その前の記事もそこから10日少し前だから、相当に更新頻度が落ちてるなと思う。読む専門。スターが相変わらず付けられないバグがあって、サイレントに皆様を応援させてもらっている。ブログの更新について言えば、書きたい…

太れない

ここ数年、徐々に痩せてきている。 というか、最初からかなり痩せているので、そこからさらに痩せているとなると健康上問題があるような気がする。 会う人会う人に「痩せた?」と聞かれるのはいつものことなのだが、「そんなに会うたびに痩せてたら死んでま…

死んだ魚の眼と「やってますよ」アピール

普段から気怠そうだとか、やる気なさそうだとか言われる。 仕事をしているときもそんな調子なので、「お前が損をするからもう少し仕事をしてるというアピールをしろ」と言われることがある。 私はそういうアピールが苦手というか、あまり好きでない。 賃金的…

ネギが嫌いな私が嫌いなネギ料理

「嫌いな食べ物はない?」と聞かれたら大抵「ない」と答えているが、厳密には「食べられないものはない」のであって、「嫌いな食べ物がない」のではないなと最近再認識している。 小さい頃は野菜全般が嫌いだった。 子供なんて皆そんなものかもしれないが。 …

バディ

最近、妻がマタニティヨガに通っている。 もちろん運動のためであるのだが、そういうところで友達ができたらいいなと思っているらしい。 まぁまだ子供は産まれていないので厳密には違うが、いわゆる「ママ友」という奴である。 もちろん、実際に産まれたら産…

何も載っていない皿こそ究極の料理

「変わり者」だとよく言われる。 これは付き合いにくい人間だというわけではない。 私と接する人の第一印象は、概ね「親しみやすい」とか「穏やか」だとかいったものである。 ただ少し踏み込んで付き合うと、私の考え方とか判断基準とか物事の受け止め方とか…

敵わない、叶わない

生まれて初めて、なりたいと思った職業は何だろうか。 ウルトラマンとか、戦隊モノのレッドだとか、そんな架空の存在は別として。 私はベタにプロ野球選手だった。 周りの大人に野球好きが多かったこともあるし、私自身が小学生の頃は子供会のソフトボールチ…

米から食べてスミマセン

先日、妻と食事をしていて、私が米ばかり先に食うことを指摘された。 厳密に言えば、主菜と一緒に先に米を食べきってしまう。 これは育ちのせいである。 私の実家は兄弟が多く、食費がかさんだ。 なので母は育ち盛りの子どもの腹を膨らすために、とにかく米…

開かれたドアの向こうの鍵のかかったドア

最近、同僚に非常によくしてもらっている。 彼から中古ギターを買って、弾き方をあれこれ教えてもらっているのだが、自宅に招かれてとても丁寧に教えてくれる。 下手くそな私に嫌な顔せず根気よく付き合ってくれる。 とても助かっている。 ついでに彼の奥様…

ジャック・スパロウ事件

syuten0416.hatenablog.com 先日、この記事で医学生の後輩について書いていたら、彼との愉快な思い出を思い出したので、せっかくだからブログのネタにしようと思う。 彼(N君としよう)は大学5年生だったとき、当時社会人となり新潟に勤務していた私のところ…

春が来ると、終わり、始まり、変わる

年度末が迫ってきた。 「春は異動の季節」というのが日本の企業の慣わしのようなものである。 御多分に洩れず、私の勤める会社でも異動はある。 ただもともと人が少ないので、大きな異動はない。 部署は変わらないまま、担当する仕事が少し変わったりする程…

回顧2017 〜その他〜

2016年の回顧記事、その他。 syuten0416.hatenablog.com これからすると、2017年の最大のトピックスは結婚したことである。 籍を入れ、式を挙げた。 予定通り、何の問題もなく。 まぁ、妻が若干マリッジブルーっぽかったりはしたが、その程度は大した問題で…

回顧2017 〜ブログ編〜

私にとって生活環境が大きく変わった2017年。 ブログを書くという点では、いかに書く時間を捻出するかということが最大の懸案だった。 それは2016年の回顧記事でも触れている。 syuten0416.hatenablog.com しかし予想に反してというか、何というか、出張中の…

手に入れなければ失わない

ストイックだと言われる。 確かに楽な道を選ばないことは多い。 楽をしたくないわけではない。 ただそんな楽な状態が長く続くわけがないという感覚がある。 だったら一時的に楽な状態を経験してから、そこから厳しい状態に落ちるような感覚は味わいたくない…

毒を吐く

「毒を吐く人」あるいは「言い方に毒のある人」と、よく言われる。 この場合の「毒」というのは、もちろん人を死に至らしめるような化学物質ではない。 辞書的には「悪意」あるいは「人の心を傷つけること」を言うらしい。 そんな風に言われてしまうと些かオ…

このブログに関するどうでもいい話⑧ 〜アフィリエイトをやるべきか否か〜

アフィリエイトを入れようかどうか検討している。 どうせやっても大した金額にはならないだろうし、そもそも収益目的でブログを書いているわけではないので導入してこなかった。 アフィリエイトをするとアクセス稼ぎを目的にした記事を書いてしまいそうだし…

眠りを妨げるもの

妻から「最近いびきがうるさい」と言われた。 一度や二度ではないのだろう。 「横向きに寝ると、いびきをかきにくいらしいよ」と解決方法までセットでの指摘である。 妻は非難めいたことは言わない人間なので、私が上述したような淡白なセリフではなく、でき…

「癒し」は何処へ

今週のお題「私の癒やし」 体調が悪い。 どうも風邪を引いたらしい。 喉が痛く、全身がダルい。 たぶんこの感覚なら、熱はないだろう。 あと頭痛が続いたり、治っていた胃の痛みも再発している。 しかし、すぐ病院に駆け込まないといけないくらいの症状のも…

視線の先に

昔からよくボーっと考え事をする。何を考えているかというと、まさにこのブログ記事のような取り留めもないことや、その状況にまったくそぐわないことを考えている。だからそんなところを誰かに見られ、「何考えてるの?」と言われても返答に困るというか、…

頭痛が痛い

あまりはっきり覚えていないが、中学生の頃か高校生の頃からだったと思う。 私は頭痛持ちである。 なり始めた頃は痛いけどなんとか過ごせる程度だったのだが、年齢を経るほどに程度が酷くなっていったのか、私が我慢できなくなっていったのか、とにかく痛く…

ノーマルなテンションと睡眠不足

取引先の担当者に「顔が疲れてますよ」と言われた。 そう言われることは初めてではない。 大抵の人もそうだと思うが、私は疲れが顔に出る人間である。 これまでにも実際に疲れているときに、そういう指摘を度々受けている。 外回りの営業として良いことでは…

このブログに関するどうでもいい話⑦ 〜時間が欲しい〜

忙しい。 ただ単純に忙しい。 関東での大口の取引先を一部任された結果、西日本へは日帰り出張を繰り返すことになり、まったく休まる暇がなくなった。 先週なら、東京(内勤)→香川→神奈川→広島→千葉、といった具合である。 日帰りで香川とか広島は正直しん…

シンパシー②

シンパシー - 異呆人 「私、朱天ちゃんのこと、好きだよ」お開きになった職場の飲み会。席を立った私に向かって彼女は言った。一瞬、目が合う。「おぉ!なんですか?突然の告白!」「ダメですよ、朱天さんは〜。もう結婚したんだから。っていうか、Xさんも結…

好かれる理由

先日、登録していない携帯番号から電話があった。 しばらく鳴るので出てみたら、新潟で仕事をしていた頃の取引先の人だった。 もう使わないからと、スマホに変えたときに登録しなかったかもしれない。 何の用事かと思ったら、「今度、沖縄に家族と旅行に行こ…