異呆人

ノンフェータルなペシミズム

仕事

ため息ついたら幸せが逃げるらしいよ

いつの間にか、4月になっていた。 年度の変わり目というのはサラリーマンにとってはとても大きな節目であるのだが、思いの外、というより、これまでのサラリーマン人生で一番シームレスに迎えてしまったかもしれない。 いろんな感慨とか、事務的なあれこれの…

そんなこんなで何度目かの転職活動

個人的にショッキングなプロジェクトの中止があり、これまでも何度か耐え難きを耐え、忍び難きを忍んできたつもりだったが、さすがに腹に据えかねて、もう本当に会社を辞めてやろうと思っている。 どうしようかな、などとのんびりしたことを考えていた状況か…

35歳からの転職について考えてみる

ずっと転職サイトに登録したままである。 私はこれまで2度転職したことがある。 1度目は転職サイトを利用して、自分で応募した企業に転職した。 2度目は自分で探すのが面倒だったので、いくつかの転職エージェントに自分の希望を伝えて探してもらった。 あと…

立場の違い

仕事が忙しい。それは前々から変わっていないのだが、忙しさの種類が変わってきたと思う。夏過ぎくらいまでは、とにかく手が足りないという状況で、要は作業の量が膨大であった。「手が動けば誰でもいいから欲しい」みたいな状況で、派遣社員でもバイトでも…

仕事が重くなって胃が重くなる

部長の仕事をすることになった。念のため書いておくと、私は部長ではない。いわゆる主任クラスの肩書きである。肩書きは主任のまま、職務内容だけ部長のそれを請け負うことになる。闇の二階級特進。二階級特進するなら死んでからでいい。というか、仕事はし…

仕事がたくさんあることより、どれだけあるかもわからないことが怖い

仕事の話。 4月に会社として大きな転換点を迎えた。 以前にも少し書いたが、私自身も携わる業務が変わっている。 一応、今までと同じ営業の部署に所属しながら、兼務として管理部門にも所属することになった。 実際にはほとんど管理部門の仕事しかしていない…

適材適所

4月以降の営業担当の割り振りが発表され、私はほとんど取引先を持たないことになった。 数年前は西日本全域を1人でカバーしていたものが段階的に減らされ、今は九州と関東の一部だけになっているのだが、今度は九州も手放すことになった。 残っている取引先…

湘南ライナーで通勤してみた

妻の出産後、一家で義理の実家に一時的に移り、そこから通勤している。 義理の実家には義父が一人暮らしをしているのだが、非常に寂しがっており、将来的な同居の提案などもやんわりされている。 だから今回の一時的な同居は、将来的な完全同居の可能性も含…

忙しくて、春

せっかく子供が生まれたばかりなのだが、一向に早く家に帰れずにいる。 昨年中からわかっていたことではあるが、来年度は今いる会社が大きな転換点を迎えることになり、その準備で3月末までは忙殺される。 その転換点を迎えるにあたり、監督官庁とのやり取り…

間違ってないけど正解でもないやり方

この2ヶ月くらい、仕事はずっとやらなければならないことに追われている。 期限があって、それまでにすべての作業を終わらせないといけない。 私自身は今年度は担当顧客を減らしてもらっているので大した仕事量ではないが、私の仕事を移管した後輩が大変そう…

保身ほど醜いものはない

先日、仕事で大きな変化があった。 私の所属する営業部は形の上では2つに分かれている。 実際に取引先を回るフロント部門と、社内で営業事務などを行うバック部門である。 フロント部門にはA部長という人がいて、この人が私の直属の上司にあたる。 私の結婚…

世界は誰かの仕事で出来ている

前にも書いたような気がするが、数年前から世の中のいたるところに「人の手」があることを感じてしまう。 私は以前に建築資材を販売する商社に勤めていたことがある。 だから建設中の工事現場などを見ると、「何が建つのかな」ということ以外に、一体これが…

コンセンサスと書いて合意と読む

新しくやっている仕事が結構楽しい。 プレゼン優勝の結果、参加することになった業務なのだが、経営陣を前にやった効果があってか、すごく意見が通りやすくなっている。 いつもなら「尖った若造の意見」的に御仁たちに受け取られ、「君、そうは言ってもねぇ…

転職は惑わされず、自分の道を歩くしかない

妻が仕事を辞めるという。 妻の仕事はちょっとした技術のいる事務作業なのだが、それを今の会社で在宅のアルバイトとして続けるそうだ。 いわば従量制になるので、頑張って数をこなせば今より収入は上がるかもしれないし、仕事の閑散期にはほとんど収入がな…

教えることは得意だけど

クレームになった案件の最終処理で新潟まで行ってきた。 炎上の火はすっかり消えていて、最後に改めて取引先に研修をするということになっていたそうである。 それなら誰かがさっと行ってやってくればいいものを、なぜか関係者は誰も手をつけようとしない。 …

回顧2017 〜仕事編〜

今年も昨年同様、29日が仕事納め。 そのまま30日から妻の実家に行き、1日は大阪に移動して私の実家に行く。 2日の夜には家に帰ってくる予定だが、なかなか休まらないスケジュールである。 そう言えば、今年も上司が仕事の話絡みで飲み納めしようと言っていた…

手帳を変えてみた 〜来年は能率手帳〜

気付いたらもう年の瀬が迫ってきていて、あれもできてない、これもできてない、という思いが胸中を去来する。 先日書いた年賀状の件もそうだが、私には毎年末に決まってやる新年の準備がいくつかある。 そのうちの一つが、来年の手帳の購入である。 手帳につ…

スペシャル・コンバート

先週末は以前の会社に勤めていたときの取引先の人たちと旅行に出かけていた。 何度かこのブログでも触れているが、40代のおじさんとおばさん、60代のおじいちゃんと呼べそうな人たちとの旅行である。 最初は仕事の付き合いだったわけだが、もう今となっては…

現場仕事とマネジメント

仕事で取引先の新規開拓のプロジェクトを進めている。 通常は営業マン各個人がそれぞれに新規開拓を行うのだが、進捗が鈍ってきたのでもっと効率的かつ効果的に進められないかと始まった計画である。 私と同期のような仲の良い同僚と2人で中心になって進めて…

新人研修をする社員の研修

10月から営業職として新入社員が1人入ってきた。 中途入社で、私より歳上の男性である。 私は管理職ではないので部下ではなく、歳上の後輩といった感じだろうか。 歳上にあれこれ教えるというのはやりにくいのだろうかとも思ったが、すごく良い人だったし、…

得意を仕事にする

10月の3連休は2日間が仕事だった。 忙しいので出ろと言われたら仕方がない。 休日出勤の場合、何をするのかというと、ほとんどが取引先の販売応援である。 販売応援と言っても、自分たちが商品を売るわけではない。 売れた後の手続きが煩雑なので、それを手…

口ごたえが多い

syuten0416.hatenablog.com この仕事がなくなったという話を以前に少し書いた。 なくなったので別のプロジェクトを立ち上げることになり、その指示出しをさせられることになったことも少し書いた。 ただし私の仕事の基本は、自分が担当する西日本エリアの新…

タイムパフォーマンス

syuten0416.hatenablog.com 新人の後輩と引き継ぎで同行営業をした。 1泊2日かけて彼に任せるエリアを回った。 翌日、会社に出社すると、同僚が「何件回ったの?」と後輩に聞いていた。 「1日あたり5〜6件くらいです」と後輩が答えると、同僚が「Uさんと違っ…

仕事は仕事

10連休明けからの12連勤というカウンターパンチを見舞われている。 土日に休日出勤で岩手に行くことになり、忙しくて振替休日が取れそうにないので、2週間が繋がってしまった。 ちなみに、先日記事にした大きな仕事はなくなってしまった。 大きな仕事 - 異呆…

休みの日の仕事の電話

この記事を書いている現在、残り少ない連続休暇を満喫している。 具体的には、大したことはせずにゲームばかりしてダラダラしている。 贅沢というのは、元来無駄なものである。 必要がないのに消費する、付加するから贅沢なのである。 つまり必要なことに時…

大きな仕事

最初はちょっとした打ち合わせのつもりだった。 今春入って来た新入社員に私の担当を少し引き継ぐ予定だったので、その詳細が決まったかどうかを確認するだけだった。 5月入社の彼は8月に試用期間を終えて本格的に業務に入るという予定だったが、気づいたら…

かつての上司の退職

私は日経新聞を購読している。 読み始めた当初は、仕事で使えるビジネスの話題集めに便利だったというのが理由だが、今の仕事では日経で得られる情報はほとんど役に立たない。 経済には興味があるので、今は半ば趣味のようなものである。 その日経新聞には人…

無言の圧力

仕事をしていてときどき「朱天さんって、無言の圧力をかけてきますよね…」と言われる。 そんなことを言ってくる当人には「そんなことないよ」と言うのだが、もちろんそんなことないわけはなく、無言の圧力をかけている。 わざわざ言わない理由は一つで、言わ…

攻めるは易し、守は難し

第一四半期が終わった。 私の営業成績は芳しくない。 私はあまり数字は気にしないタチである。 目標の達成率とかは、目標の作り方次第でなんとでもなる。 今年度の私の営業目標は、割りを食ったものになっている。 正直、会社としてあまり伸びが期待出来ない…

0を1にする仕事、1を4にする仕事、4を10にする仕事

以前、表題のようなことを言われたことがある。 それは前の仕事を辞めるときに、先輩から言われたことだった。 その先輩はすごく仕事のできる人で、成績優秀で表彰されたり、そのノウハウを皆に伝えるよう研修講師をさせられたりするような人だった。 ユーモ…