異呆人

ノンフェータルなペシミズム

ため息ついたら幸せが逃げるらしいよ

いつの間にか、4月になっていた。

年度の変わり目というのはサラリーマンにとってはとても大きな節目であるのだが、思いの外、というより、これまでのサラリーマン人生で一番シームレスに迎えてしまったかもしれない。

いろんな感慨とか、事務的なあれこれの変化というのも少なく、現在進行形のタスクを淡々と処理しているばかりである。

いや、まぁそれで精一杯の業務量ということもあるが。

それでも大きな課題はあらかた片付いたので、一時期よりはずっと楽だとは思う。

ストレスというか、ただのイライラを除けば。

 

3月も終わりに差し掛かったタイミングで、営業の担当役員が休職を表明した。

物々しい言い方ではあるが、まさに「表明した」という表現が相応しいと思う。

なんせ、部署員全員を集めて「体調不良により明日から休職します。短い間でしたが1年間ありがとうございました」と挨拶したのである。

ツッコミどころが満載なのだが、まず、体調不良で明日から休もうという人間がする挨拶ではない。

社長に無理難題を振られて四苦八苦していたので、おそらく我慢の限界を迎えたというところだろう。

グループ会社から出向してきて、まだ1年なのである。

普通の会社なら「辞めます」と言っているに等しいのだが、年齢も年齢だし、立場も役員だし、休職したなら出向元が引き取ってくれるのだろうから、現実的な判断なのだろう。

あまり良い待遇では戻れないかもしれないが、あと数年で定年という年齢だったはず。

「逃げ切り」ではないが、厚遇されなくてもなんとか乗り切れるだろう。

 

数%、責任を感じないでもない。

4月に設置するはずだった部署の話がなくなり、私はそれについて担当役員に散々反発していたからである。

上司である社長からはダメだと言われ、部下からはなぜダメなのかと問い詰められ、板挟みでにっちもさっちもいかなくなったと想像することは容易い。

別に私だって不当にイジメようとして反発したわけではなく、「金も出さん、人も出さん、でも目標はそのまま」というふざけた話になっていたので、「できるわけないでしょ!」と一蹴していただけである。

役員も努力はしてくれていた。

でも、「よく頑張ったね」で済むような立場でもなければ、環境でもない。

責任ある立場にいるということは、できなかった結果の影響が広範に及ぶということでもある。

 

ちなみにその役員は、本部長でもあり、部長も2つ兼任しており、なんというか無茶苦茶な仕事の振り方をされていた。

結果的にライン上は私の直属の上司にもなっているのだが、私がやっている管理業務に関する知識などは微塵もないし、だから出した案件はそのまま決裁されるし、起きた問題への対処は私の提言がそのまま採用されるし、故に私は部長の仕事をやっているような格好になっている。

それがストレスというかフラストレーションの1つの原因でもある。

その大量に兼任した役員が休職するわけだが、実質的には退職のようなものなのに名目上は休職だから、ポストが空かない。

とりあえずは同じ営業の部署の部長を副本部長という聞いたこともないポジションに格上げし、本部長の仕事をさせるらしい。

役員が兼任していた2つの部署の部長も担うわけではないが、実質的に指揮はとる。

ただし、この人もまた管理業務の知識はないわけで、つまり引き続き私はマネジメントされないまま放り出されることになる。

 

あと、仲の良い同僚が課長に昇進した。

これ自体は素直に喜ばしいことである。

ただ、中途入社の時期がほとんど同じ(私が4ヶ月だけ早い)だけに、少し複雑な気持ちになる。

評価がどうこうということではなく、これはシンプルに年齢なのである(聞いている範囲では)。

彼の方が3歳年上である。

主任に上がったときも彼の方が早かった。

だからたぶん、あと2,3年待てば、私も課長にはなれる。

ただそれは逆に、どれだけ効率的に仕事をしようが、どれだけ劇的な成果を上げようが、待遇は大きくは変わらないということでもある。

 

出世したいわけではない。

給料は上げてほしいが。

私の職業観は何度か書いているが、私はサラリーマンとは傭兵だと思っている。

会社という依頼主と契約し、それに基づき求められた結果を出す。

そういうドライな感覚の持ち主であるので、仕事の評価というのはシンプルに待遇(給料)だと思っている。

どれだけ「すごく頑張ってもらっている」「君がいないと業務が回らない」と評価されても、正直さほど嬉しくない。

本当にそう思うなら、待遇を良くしてもらいたい。

言うのは簡単である。

無料、あるいは思ってなくても言える。

ただ、待遇を変えるということはそう簡単にはいかない。

その簡単でないステップを踏んでまで待遇改善を図られることが、真の評価だと思っている。

つまり今の私は、自分自身に「若いから」だと言い聞かせることはできるが、評価されたという実感は持ち得ないのである。

 

口頭での評価はされている。

先日の会議の席で、社長が営業の部署員にハッパをかける際、「きちんとした仕事をしていれば誰かが見ていて評価してくれるんだよ。朱天なんか、経営企画部からほしいって言われたよ。そう思われるようにならないと」と、ダシにされながら褒められた。

まぁ、そう言うあなたのせいで、私は辞めようかと思ってるんですけど、というセリフは内心に留めておく。

経企かぁ。

うちの会社の経企は企画というよりただの総務に近いのだが、ゼネラリストの私にはおあつらえ向きとも言える。

経企も昨年出向してきた課長が相当仕事のできない人で、各所から炎上レベルの不満が噴出しているのだが、こちらは前任者の引継ぎ相手が見つからずに引き継ごうとした相手が過去に2人も休職しているという魔境のようなポジションなので、できるできないはともかく勤め続けてくれるだけマシ、という地獄のような状況である。

そりゃ私が入って綺麗にしてあげたいけど、抜けたら今の業務を代わりに担ってくれる人がいない。

 

新しい部署の話がなくなり、方々からお悔やみの言葉というか、慰めの言葉をかけられている。

もちろん、私自身が思い入れのあるプロジェクトだったということもあるし、それ以上に部署をまたいで全体の業務最適化を図る企画だったので、「あれができていたら…」と残念に思ってくれる人もいるのである。

まぁ、言っても詮無いこと。

ため息しか出ない。

ため息といえば、いつも思い出すことがあって、大学時代に塾講師のアルバイトをしていたとき、授業中に中学生どもが騒々しすぎて思わずため息をついたら、生徒から「先生、ため息ついたら幸せ逃げるよ」と言われたことである。

それを聞いて苦笑したあと、再度ため息が漏れた。

 

なぜいつもこの場面がフラッシュバックするのかと思うのだが、それはつまり、ため息をついたら思い出すのが習慣になるほど、私がため息をついているということだろう。

思い当たる節が多すぎる。

まぁ、幸せかどうかなんて、さほど気にしていないけれども。

コロナころころ

すっかり季節はコロナですね。

などという時勢の挨拶も通用しそうなほど、世の中は新型コロナウイルスの話題一色である。

季節といえば、桜も盛りの花見の時期ではあるが、呑気に花見酒というわけにもいかない。

外出自粛で出かけることすら躊躇われる。

早くも自粛疲れなどという言葉が出てきていたりして、世の中は不安と不満に満ちている。

そのせいではないだろうが、ここ数日ハードクレームの処理に追われて、私自身が非常にストレスフルだったりする。

自分の不安や不満を他人にぶつけてはいけない。

不安や不満が不安や不満を呼ぶ、そんな世の中の歯車は回さなくてよい。

 

私自身は新型コロナウイルスの騒ぎには初めからあまり興味はなく、これだけ大盛り上がりしている今もやはり興味はない。

今でもインフルエンザの方が怖いと思っている。

それは主に多くの人での症状の軽さと、致死率の低さ、また死亡者が年齢により偏っていることによる。

もちろん、若者や乳幼児において重症化する例もあるわけだが、全体の割合からすれば少ない。

イレギュラーだとさえ言える。

最近は若者でも重症化するケースをメディアが取り上げていたりするが、あれは啓蒙的な意図の込められた恣意的な報道であろう。

症状が軽いことに慢心して自分たちが感染源になるなよ、という鬱陶しいように見えて適切な若者へのメッセージである。

根拠薄弱で非科学的ではあるが、そういう方法さえ採用せざるを得ないというだけの話。

私個人の意見としては、残酷な言い方にはなるが、これを期に高齢者と若年層の人口構成の変化が起こればいいとさえ思っている。

 

会社はコロナ騒動が一般的になったタイミングで、営業担当者が出張禁止となった。

かれこれもう1ヶ月ほど前の話。

そこからさらに一歩進んで(?)、今は外出禁止にまでなっている。

現場の営業は、これでは仕事にならない。

いい機会なので、溜まっている振替休日を消化してもらっていたりする。

来週からはさらに、隔日出勤になる。

まぁ、仕事ができないのだから仕方ない。

営業の部署にいるものの、事務作業しかしていない私はまた話が別なのだが。

 

こういう状況にあっても仕事を止めるわけにはいかないバックオフィスの部署は、来週からグループ会社のオフィスを間借りして2拠点体制で運用するらしい。

今年に入ってから事務所移転して広くなったとはいえ、ビルのワンフロアにすべての人員が収まる小さな会社である。

感染者が出たら、会社の業務自体をすべて止めなければならなくなるかもしれない。

そういう懸念がずっとあったため、いわばリスクヘッジとしての窮余の策である。

リモートワークも取り沙汰される昨今であるが、今の会社は全面的に膨大な個人情報を取り扱うため、セキュリティの都合からほとんどの業務を社外で行うことができない。

だから、意味があるかはともかく、できることはなんでもやって、「やってますよ」アピールをしておかなければならないというのもある。

そうそう、席替えなんぞもした。

半径2m以内でなければ濃厚接触者にならない、ということで、運用を止めるわけにいかない部署の席を固まらせないようにしたのである。

意味があるとは思えない。

涙ぐましい努力の類である。

 

周りはコロナがらみで対応を迫られたりしているのだが、私の業務状況はあまり変わっていない。

できることが減るわけではないし、最悪、止まったら止まったで仕方がない業務だという位置づけでもある。

ただし、この業務をできるのが社内では私くらいしかいないため、緊急事態宣言が発令されても出社する必要のある最低限の人員にカウントされている。

会社の従業員の7割くらいは自宅待機にするらしいが、どうもその自宅待機組にはなれなかったらしい。

緊急事態宣言が出たら休みになるかなぁと、台風前夜の小学生みたいな気持ちでいたのだが、そんな淡い郷愁にも似た感覚はあっさり打ち破られた。

 

家では妻がストレスフルだったりする。

1歳になる子供を連れて外出していた子育て支援センターなどの施設が、軒並み閉鎖に追い込まれているからである。

遊びたい盛りの男の子を家で四六時中相手にするのは疲れるらしい。

わからんでもないが、どうしてやることもできない。

密閉空間でない公園ならいいのではないかと提案しているが、その日の天候や気温によっては、なかなか長時間はいづらかったりするようである。

気晴らしにどこかに連れて行ってやることもできない。

せいぜい、甘いものでも買って帰ってやるくらい。

 

今月に結婚式を予定していた会社の後輩は、キャンセルせざるを得なくなったらしい。

キャンセル料は80万円だとか。

新婚旅行も延期にせざるを得なくなり、ずいぶん落ち込んでいた。

こういう人たちにこそ、何らかの補償をしてあげてほしいと思うところだが、結局は線引きが難しくて中途半端なことしか出来ないのだろうなとも思う。

中途半端といえば、布マスク2枚配布は笑った。

あんなことをするくらいなら、しょうもない批判を招くだけだから何も言わない方がいい。

そんなことも想定できない馬鹿者どもが国を動かしているのかと思うと、ゾッとする。

まぁ、今に始まったことではないけど。

 

大して興味もなかったが、オリンピックも延期になった。

こんな騒ぎがいつまで続くことやら。

もういっそ、自分が感染してさっさと死ねば、余計な考え事はしなくて済むのになと思う。

まぁ実際はそういうわけにもいかないから、手洗い・うがいと、もし自分が罹患していた場合にうつさないようにマスク着用だけはしている。

自粛というよりは主に仕事のせいなのだが、ストレスがたまる。

書きたいだけ書いたら、さっさと寝るかな。

そういうのを「勉強になった」とは言わない

ちょうど転職しようかなどと思ってあれこれしているところだったので、久しぶりにお題記事でも。

 

記憶に残る仕事のエピソードというか、何年経っても忘れられないことが1つだけある。

新人のときに、赤字で仕事を受注したことである。

私が新卒で入社した会社で配属された事業所は、何年も新人が定着しない魔境のような場所だった。

定着しない理由を挙げればいろいろあるのだが、人によって刺さる理由はまちまちで、シンプルに言えば「恵まれない環境」だったのだと言える。

私が配属されたときも欠員補充で、ろくに引継ぎも受けないまま、OJTの名のもとに「もう1人で営業に回ってきていいよ」と言われたりした。

いや、そんな大学出たばかりの新人が、取引先の住所がわかる程度の状態で営業もへったくれもない。

と、今にして思えばそうなのだが、あの頃はそういうものなのだろうかと疑問に思いながらも、とりあえずは言われたように取引先を訪問していた。

 

さらに間の悪いことに、競合企業が近くに支店を出店してきた年だった。

相手はとにかく実績を作りたいから、赤字覚悟の安値を提示してくる。

こちらの言い値に近いような価格で買ってくれてた「良い取引先」にも尋常でない価格を提示され、「こんなに安くなるじゃないか!」と信用問題になりそうなところもあった。

価格は基本的に各営業担当者が決めていたので、私もどのくらい利益が乗っているかは知っているわけだが、決して不当に高値で売っているわけではない。

営業所の方針は「取引先は全件絶対死守」だったので、相手の見積り提示を出来るだけ早く把握し、それに値を合わせる形でなんとか受注を続けていた。

相手が諦めて撤退するまで体力勝負を挑む作戦なのだが、まあ新人には辛い仕事だった。

 

ちょうど勤めて2ヶ月頃で営業として外回りを始めた頃、長く良い付き合いをしてきた取引先に競合企業が見積り提示をしてきた。

私は競合企業と初めての相見積りだった。

営業所長から「絶対に失注しないように」と言われて訪問したわけだが、行って相手の見積りを見て仰天した。

相手の売値がこちらの仕入値より安いのである。

ただでさえノウハウを持ち合わせていないのに、仕入れ値を下回る提示価格に対する対策など考えられようはずがない。

事務所に連絡しても所長は留守だった。

持ち帰って検討させてほしいと取引先に伝えたが、「値を合わせるならこの場で」と聞いてもらえなかった。

かくして、私は仕入れ値を下回る価格で受注することになったのである。

 

事務所に戻ったら、当然ながら営業所長に叱られた。

新人の私からすれば、「絶対に取って来いって言ったじゃん」という感じなのだが、まあそんなことは通じない。

「どうするんだ!」と言われたので「だったら自腹で払います」と答えた。

確か、5万円の品を4万円で売ったくらいの取引だったので、払えないことはない。

そうすると「そういうことじゃないんだ!」とのたまう。

「じゃあどういうことなんだよ、教えてくれ」という感じである。

結局は、所長が仕入れ先に掛け合って、特別に仕入れ値をかなり下げてもらった。

「こうするんだ!」と所長は得意げだったが、そんなことを入社2ヶ月の新人に求める方がどうかしてると思う。

 

まぁ、大甘の評価をして、「いい勉強になった」と言うことはできるかもしれないが、冷静に考えれば「そりゃ人もすぐ辞める」という話である。

今は、ちょうど学生が新社会人となる季節。

こういうロクでもない職場に出会ってしまったら、タイミングを見計って離脱することをオススメする。

我慢できるうちは我慢して、忍耐力とスキルを磨くのも1つだが、復帰不能なほどのダメージを受けたら元も子もないからね。

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出
by 株式会社Jizai「転職nendo」

いまひとたびの孤独を

この週末、関東は晴天が続いている。

3月に入ってから、暖かったり、寒かったり、雨が降ったり、時折みぞれに変わったりするいかにも春の始まりらしい天気だったが、文字通り春分を境に本格的な春がやってきた趣がある。

晴天が好きだ。

多くの人がそうであるように。

それは単に気持ち良いからとか、気圧が低いと体調が悪いとか、雨だったら傘をさすのが面倒だし濡れるのが嫌だとか、そういうことでもあるのだが、抜けるような青空の開放感が好きだということが一番大きい。

そこにあるのは「快」という感覚だけではない。

私はむしろ寂寥感にも似たような感覚を得る。

開放的であること、解放的であることは、現実のしがらみから離れて究極に自由であると錯覚させてくれる。

それこそ、雲ひとつない青空に吸い込まれて、自分の存在そのものがなくなっていくのではないかという感覚。

あるいは、そういう希望。

そういうものが単なる「快」ではない、不思議な気持ちにさせてくれる。

 

「孤独感」に近いかもしれない。

あらゆるものから独立して自分が「個」であるという認識と、「個」であるが故の不安定さ。

解き放たれるということは、そういうことである。

このブログでは重ねて書いているが、「孤独」と「孤立」は違う。

物理的にコミュニケーションから隔絶されている状態が「孤立」なら、「孤独」は存在の独立性そのものである。

もし、誰かとコミュニケーションをとることで解消される感覚なら、それは「孤立」からくる「寂しさ」である。

単なる承認欲求の不満足とも言える。

「孤独」とはむしろ、多くの先人が語るように、集団の中でこそ、対話においてこそ感じられるものである。

「私」と「あなた」の違い。

たとえ、どれほど共通点の多い相手だろうと、共感できる境遇にある相手だろうと、長く暮らしを共にして阿吽の呼吸にある相手だろうと、決して「同じ」にはなり得ないという認識。

その認識をもって「寂しさ」を感じることもあるだろうが、それは本質ではない。

だから「孤独」は他者とのコミュニケーションでは解消され得ない、一生そばに置いておかざるを得ないものである。

 

もしかしたら、この「孤独」の認識が今の世の中には足りないのかもしれない。

他者への不寛容、異なるものへの拒絶が蔓延っているように感じられる。

「孤独」は自分とそれ以外を明確に区別させる。

自分と他人が違うものだという認識をスタートとする。

それは、国が違うとか、性別が違うとか、宗教が違うとか、そんな属性による違いではない。

もっと根源的な存在の独立性である。

親子だろうと、兄弟だろうと、夫婦だろうと、まったく違う人間であるという前提に立つということである。

違っているのが当然だと認識できるなら、多少の好き嫌いこそあれ、その違いは受け入れられるはずである。

少なくとも、属性が異なる程度は大したことではない。

 

気持ちのすれ違いや認識の相違で大騒ぎしたり、「なぜわかってくれないのか」と共感を強要したりするのも、存在の「孤独」を適切に認識できていないことが一因だと思う。

お互い違う人間なのだから、意思が100%漏らさず伝わるなどということはあり得ない。

むしろ認識の違いがあるかもしれない、すれ違いが起こり得るものだということを前提に行うのがコミュニケーションであろう。

違うものを擦り合わせて近づけていく。

そのために可能な限り言葉を尽くす。

もちろん、それですべての溝が埋まるわけではないが、そういう真摯な姿勢があれば、埋まり切らない溝だって少しは浅くなるものである。

 

家庭を持った今も、私は孤独である。

孤独であるがゆえに多くを許容するし、許容できないものはときに妥協を求める。

子どもにもそう接する。

彼には彼の世界があり、その見え方は、たとえ同じものを見ていたとしても私と異なるはずである。

共有できない何かがある。

互いに孤独である。

いつかそのことに、彼自身が気づくときもくるかもしれない。

そうならなかったらならなかったで、それもまた私と彼との違いである。

 

それにしても、晴れた日はいい。

思索を肴に、少し早い酒でも飲むかな。

そんなこんなで何度目かの転職活動

個人的にショッキングなプロジェクトの中止があり、これまでも何度か耐え難きを耐え、忍び難きを忍んできたつもりだったが、さすがに腹に据えかねて、もう本当に会社を辞めてやろうと思っている。

どうしようかな、などとのんびりしたことを考えていた状況から急転。

TVCMなどでお馴染みの某ハイクラス求人をうたう転職サイトに登録し、矢継ぎ早に来るエージェントからの連絡を受けて何件か登録したり、自分で応募したりしている。

私はわりと決めるまでに時間をかける方ではあるが、決めてからの行動はかなり早い。

失敗するにせよ、成功するにせよ、やると決めたからにはやれるだけのことをやるタイプである。

 

家族がいて、一定程度の収入を確保しないといけないため、今まで利用していた第二新卒クラスが使うような転職サイトより少し想定年収が高めのサイトに登録してみたが、私自身はとてもハイクラスと言えるようなキャリアはない。

せいぜい、ミドルクラス。

掲載されている求人の中には、応募の必須要件すらとても満たせないようなものも多い。

それでも、要求されるレベルをクリアできるものもちらほらあり、それらは総じて私が求める待遇はクリアしていたりする。

本当に応募して通るなら、なかなか良い話がごろごろ転がっている。

 

いくつか登録したエージェントでも、「あなたのキャリアなら」と出された求人は、私が贅沢を言うのでなければ、良い話が多かった。

概ねネックになるのは、私が妻の実家に同居する予定があるため、転勤できないということだったりする。

収入も現状以上だし、そこまでハードワークだったり過度な成果主義はなさそうだし、福利厚生なども一般的な企業と同等以上。

そう考えると、今の会社で8年ほど勤めてきたことや、そこで収めてきた成果などは、それなりに評価されるものなんだなと、しみじみ感じたりしている。

私自身はいまだに、第二新卒みたいな感じで今の会社に入社した当時から、少し毛が生えた程度のつもりでしかない。

やっていることはそれなりに重要だとは思っているが、それは小さな会社にいるからたまたま回ってくるお鉢であり、世の中という大海では取るに足りないものなのだろうなと勝手に思っていた。

しかし、久しぶりに職務経歴書という形で紙に書き出してみると、やっぱりそれなりのことはしてきているし、「ちょっと話を聞いてみたい」と思われるくらいではあるらしい。

パッと見て無理めだと思う企業に書類を出しても、意外と通過していて自分自身で驚いている。

 

もちろん、今の会社にだって、まったく未練がないわけではない。

やり切れていない、やっておくべきだと思うことはたくさんある。

苦楽を共にしてきた仲間もいる。

別に辞めるなんて言ってはいないが、常々「朱天さんがいなかったらと思うと…」と言われることも多い。

それでもやはり、面白くないと思いながら仕事をするよりは、少しは面白いと思いながら仕事をしたいし、少しでも良い待遇、あるいは将来的に待遇が良くなると思われる環境で仕事をしたい。

家族がいれば、なおさらだなと最近は思う。

子供がいれば、将来的にも費用はかかるし、なんだかんだ言っても、ちょっとした贅沢ができる方が妻も機嫌は良い。

今回は、妥協せずにできるだけ100点に近いところで決められたらなと思う。

私が気持ちの面で我慢するなら、今の会社に居続けるという選択もないわけではないから、無理をする必要もないし。

 

とりあえず、転職活動でいろいろ話を聞くのが面白いなと思っている。

「自分がこの会社に入ったら何ができるか?」と考えることは、今いる会社で何ができるか考えることと違って新鮮で良い刺激にもなる。

新型コロナウイルスの影響で経済が収縮しており、労働市場の受給も売り手側に多少厳しくなりそうなのが気になるところだが。

焦らず、手早く、まずは情報収集と最初のワンアクションといきましょうかね。