異呆人

ノンフェータルなペシミズム

涼しい顔してるとよく言われる

私は徒歩1時間くらいまでなら歩けると思っている人で、徒歩30分までなら躊躇なく歩く。

30分を超えると、その後にやることや当日の天候などを考慮する。

まぁ、大抵の場合は結局歩くのだが。

これはもちろん私が交通費をケチるからということもあるが、単に陸上競技をしていたから体力馬鹿だということでもある。

会社内では、体力に任せた仕事ぶりとそれでも体調に支障をきたさないことから、「ターミネーター」と渾名されている。

いや、これは私の冷徹無比さも手伝っているが。


先日も土日に出先での仕事があった。

平日に休みが取りづらい業務状況にあるので、土日出勤すると「3分クッキング」くらいの手軽さで12連勤が完成する。

まぁ、「3分クッキング」は3分の尺で見せているだけで、本当に3分で作れるわけではないが。

さておき、その出先が非常に不便なところで、電車で3時間とさらに駅から徒歩30分かかる場所であった。

社内の他の人間たちは車で移動することをしきりに勧めてきたが、車だと渋滞に巻き込まれる可能性があるし、折しも当地では花火大会の予定まである。

たとえ車で移動するにしても、会社まで1時間半電車に乗ってそこから車で1時間半かかる。

どちらにせよ面倒。

だったら乗ってる間に好きに時間を使える電車の方がいいというのが私の判断である。

もちろん交通費もその方が安いので、会社の経費にも優しい。


とはいえ、この時期に30分歩くと流石に暑い。

だから最初から汗だくになってもいい格好で行って、現場に着いてから仕事着(ビジネスカジュアルみたいな服装)に着替えた。

予想通り汗だくになったが、心地良かった。

最近ランニングが出来ていないし、内勤ばかりで歩く距離も減っていたので良い運動になったと思った。

そんな帰り道にtwitterなんぞを眺めていると、熱中症の話題が喧しい。

自分がその暑さの中、往復1時間歩いておいて言うのもなんだが、そりゃあ死人が出てもおかしくないくらい暑い。

体力に自信がない人は不要不急の外出を控えることを求められるレベルだろう。

私は暑い中をランニングするという気がふれたようなことを学生時代に繰り返していたので、文字通り鍛え方が違う。

その点においては常人ではない。


そんな私はさておいたとしても、また昨今地球温暖化が叫ばれる状況にあったとしても、現代人は暑さに弱くなったのではないかと思う。

これは軟弱になったとかそういう批判めいたものではなく、単に暑さに触れる機会が減ったのではないかと思うのである。

自宅でも職場でもお出掛け先でも、どこでも空調が完備されているのが普通である。

熱波に触れるのは駅までの数分間、車で移動する人ならもっと短い時間だろう。

そういう暑さに触れない環境が一時的ならまだしも、常からずっとそうなのである。

子供たちは熱中症が怖いからと、外で遊ぶ時間や場所は制限されるし、そうやって暑さから保護された状況を常として生きていくのである。

単に「気温が上がりました」というだけではない気がする。


繰り返すが、私が言いたいことは「だから空調を使うのをやめて暑さに慣れましょう」ということではない。

これはただの雑感である。

この「クソ」が付きそうな暑さの中、冷房をやせ我慢する方が狂気の沙汰である。

自然環境的にも社会環境的にも変化しているのだから、その変化に対応することが人間に求められることである。

「冷房をやめて暑さに身体を慣らせ」という精神論は、動物愛護を唱えてヴィーガンを標榜する人たちと同じくらい胡散臭い。

文明の利器を上手に利用して体調を優先してもらいたい。

地球温暖化などは考える人が考えて、最終的にはテクノロジーとやらで何とかなるだろう。

どうにもならなくても人類が滅ぶだけの話である。


閑話休題

最近、小型の扇風機を手に持って歩いている人をよく見かける。

主に女性。

つまり片手に日傘、片手に扇風機というスタイルである。

あれは流行りか何かだろうか。

ものすごく違和感を感じるのだが、令和の時代のスタンダードになるのかもしれない。

個人的には片手の扇風機がすごく鬱陶しそうなのが気になる。

あれを持って歩くのは大変じゃないだろうか。

しかもお世辞にもあまり涼しそうに見えない。

コストとパフォーマンスのバランスが取れていないように感じる。

あれを持ってダラダラ歩くくらいなら、キビキビ歩いて外にいる時間を少しでも減らした方が良さそうなものである。

保冷剤とセットで使うと効果があるという話も聞くが、それなら保冷剤をタオルか何かで首の後ろにでも巻いておけばよい。

絶対にその方がパフォーマンスが良い。


まぁ、こんなことを常から言ってるから、どこに行ってもしちめんどくさいやつだと思われるのだが。

でも言いたくなるから仕方ない。

このブログだって、そのためにあるようなものである。

だからみんな手持ち扇風機なんてやめて、保冷剤を首に巻いて歩こう。

一周回って新しいと褒められるかもしれない。