異呆人

ノンフェータルなペシミズム

適材適所

4月以降の営業担当の割り振りが発表され、私はほとんど取引先を持たないことになった。

数年前は西日本全域を1人でカバーしていたものが段階的に減らされ、今は九州と関東の一部だけになっているのだが、今度は九州も手放すことになった。
残っている取引先も私が主の担当ではなく、いわば主担当のアドバイザー的ポジションとして残されているようなものである。
かねてより管理部門で使いたいと言われていたのだが、4月から会社の組織形態が大きく変わるので、これを機にその通りになったということのようである。
特に今、自分が中心となってタイトなスケジュールで組織変更の手続きを進めている中で、やはり私は外に出すより中で使った方がいいと判断されたのだろう。
その判断に異論はない。
 
ただ一抹の感傷はある。
ほとんど担当を外れるということは、営業でなくなるということである。
私の10年ほどのサラリーマン人生は、会社を渡り歩きながらもずっと営業職だった。
ろくにやっていない就職活動の当初は、ノルマに追われる営業職は嫌だなと思っていたものだが、面接を重ねる中で自分のコミュニケーションスキルが意外と通用することを思い知り、思い切って営業を志望したことがきっかけだった。
やってみるとやはりノルマは嫌なのだが、自分のスケジュールは自分で組み立てる自由度の高さ、裁量の大きさが自分に合っているなと思った。
まぁこの辺りは業種や企業によって違うかもしれないが。
 
私は自他共に認めるオールラウンダーなので、たぶん何をやってもそこそこ上手にできる。
代わりに突き抜けない。
だから今回の差配も、私が管理部門の方が向いているということは間違いないのだろうが、「管理部門に向いている人が少ない」からその仕事をするだけだとも思っている。
私個人の意見としては、どの仕事がやりたいというのはない。
以前どこかにも書いたが、私はサラリーマンは腕一本で生きていく傭兵だと思っている。
私が条件を飲んで雇われているからには、雇用主の意向を汲むのが当然である。
前線で戦わせたいか、後方支援や兵站管理でもさせたいかは、雇う側が決めればいいと思っている。
私が飲めない条件になったら辞めるだけである。
 
だから今、私の中に湧いてくるものはただの感傷でしかない。
今の会社の取引先のほとんどには何らかの形で関わっているし、3割くらいは私が開拓した取引先でもある。
それらが私より後に入った社員の担当となり、その後の様子を聞いたり、相談に乗ったりしている。
自分のやってきたことが正しかったか、十分だったかはわかりようもないが、形として残っていることは素直に嬉しい。
だからおそらくそういった活動を今後自分の手ですることがほとんどなくなるということは、緊張感からの解放もあるが寂しさも感じるのである。
つまりは、感傷。
 
新しい仕事は漠然としていて、まだはっきりとは決まっていない。
そういうことを差配する上司が、私が何度もこのブログで叩いている人間なので、たぶん実際に始めるまではわからないだろう。
とりあえず、この4月の組織変更に伴う書類対応、システム対応、監督官庁対応などの後始末が当面の仕事になりそうである。
それからずっと押し進めていた新部署の創設がいよいよ動き出すので、そちらの中心メンバーとしていろいろ1から関わっていくことになる。
こちらは既存の社員で賄わずにメンバーの採用から始める大掛かりな話になってしまったので、かなり骨が折れそうである。
もちろん前線は退いても営業のバックアップはするし、案件によっては私が関わる新規開拓もあるらしい。
つまり何でも屋。
こういうとき、ワクワクする人間ならいいのだが、残念ながら私はめんどくさいなぁという気持ちの方が先に立つ。
しばらくは出力を落とす暇がなさそうである。