異呆人

ノンフェータルなペシミズム

湘南ライナーで通勤してみた

妻の出産後、一家で義理の実家に一時的に移り、そこから通勤している。

義理の実家には義父が一人暮らしをしているのだが、非常に寂しがっており、将来的な同居の提案などもやんわりされている。

だから今回の一時的な同居は、将来的な完全同居の可能性も含めたトライアルでもある。

私としては同居が良いとか嫌だとかはない。

義理の親との同居が不自由ではないかという意見もあるが、それをいえば結婚そのものが不自由であり、つまり私は意図的に不自由を選択しているわけで、それに多少のオマケが付こうが気にするほどではないというのが今のスタンスである。

ただ物理的に困るのが通勤である。


私は普段、JR東海道線を使って神奈川は湘南エリアから通勤している。

東京の職場までは駅から駅で1時間15分程度。

周囲の人間からは「大変じゃない?」とよく言われるし、実際、楽ではないが、その辺りから東京に出勤している人はたくさんいるし無理をしているとは思っていない。

義理の実家も同じ東海道線沿線ではあるのだが、しかしこちらは距離がまるで違う。

ほとんど熱海あたりから通勤するのと変わらない。

駅から駅で通勤時間が倍近くかかる。

これはもう私がどう思おうと、誰がなんと言おうと、遠い。

しかも1日2日ならともかく、同居となると毎日である。

仮に同居となるなら、もっと職場の近い会社に転職することすら考えるレベル。

ただ、義理の実家のあるあたりは失礼ながら田舎で仕事は多くない。

少なくとも、転職して現在と同じくらいの待遇を期待することは難しい。

今現在がそんなに高給取りではないけども。


そんなわけで、一時的な同居にあたっても、もし完全に同居するにしても、通勤が課題となるのである。

当初は新幹線通勤でもすればいいのではないかと思っていた。

完全同居なら家賃がかからないので、それくらいできるかもしれないと思っていた。

しかしやはり新幹線は高い。

新幹線定期でも東京ー熱海が3ヶ月で24万円超。

うちの会社の交通費支給の上限を考えると、14万円/月ほどの自己負担が生じる。

さすがにこれをのめるほどブルジョワジーではない。

そこでそれならと利用を考えたのが湘南ライナーである。

湘南ライナーというのは東海道線を走っている通勤特急のようなもので、乗車券料金にプラス500円することで乗れる。

乗車券が必要で座席が確保されているため、混雑する東海道線でありながら座って通勤できるのがウリである。

これなら交通費上限の超過分を踏まえても、2〜3万円/月で済む。

ということで、物は試しと使ってみることにした。


湘南ライナーの乗車には乗車券が必要。

券売機の場所は駅によって異なるらしいが、小田原駅の場合は改札入ってすぐ右手側に専用の券売機があった。

下の写真が乗車券。

f:id:syuten0416:20190310204208j:plain

写真撮るのヘタクソマン。

さておき、湘南ライナーは主に特急「踊り子」などの車両を用いて運行されている。

JRからしても、遊んでいる車両を上手く活用することができるのかもしれない。

下の写真が私が乗ったときの車両。

f:id:syuten0416:20190310204311j:plain

電車はあまり詳しくないが、私の中の「踊り子」のイメージは白地に緑のラインなので、それよりは少し新しい車両なのだろうか。

ダブルデッキで座席が2つずつ向かい合う形で設置されていて、座席の回転はできなかった。

向かい合う形なので少々足元が狭い。


乗り心地は快適だった。

普通の在来線であれば、席に座っていても混雑してくると圧迫感がある。

湘南ライナーであればゆったりしている。

揺れも少ないので尻へのダメージも小さくて済む。

あと、やっぱり速い。

途中駅をガンガン飛ばすので。

気になったのは、東海道線ではなく横須賀線の線路を走っていたらしいこと。

東京ー大船の区間東海道線横須賀線が一部並走していて停車駅もほとんど同じなのだが、横須賀線はトンネル区間が多く、東京駅は地下深いホームに到着するなど降りる場所が異なる。

特にトンネルが多くて所々電波が圏外になることは、通勤ゲーマーの私にとっては問題がある。

もしかしたら乗る車両や走る路線は、どの時間のどの駅発の電車なのかによっても違うのかもしれない。


とりあえず一度乗ってみて思ったことは、小田原あたりから乗るのであれば、あまりメリットはないなということである。

特に小田原以西から乗ると乗り換えも考慮しないといけないので、時間が5〜10分程度しか変わらない。

座るのはその辺りから乗ればずっと座れるので、乗り心地の違いしかない。

1回の乗車にワンコイン払う価値があるかと言われれば微妙。

藤沢や茅ヶ崎あたりから乗車する場合は、在来線だと座れないことがほとんどなので、座るためにワンコイン払うと思えばアリかもしれない。

まぁ個人的にはそれでも微妙だけど。


というわけで、なんの時短方法も見出せず、2時間半の通勤ライフを満喫している。

最近は仕事が終わるのも遅いので、5時に起きて6時に家を出て、8時半に職場に着いて20時まで仕事をし、22時半に義実家に着くというループをしている。

22時半に帰ってから飯を食う気にはなれないし、ゆっくり食べて帰る余裕もないので、電車の中で夕食としておにぎりやパンを食べる日々である。

まぁ、仕方ない。

当初は義実家にいるのは出産後1ヶ月の予定だったが、私の仕事が忙しくて妻のサポートができないので、たぶんもう1ヶ月ほど延長される。

まぁ、仕方ない。

私は何をどうしても倒れたり鬱になったりできない人間なので、やれるだけやるだけである。