異呆人

毒にも薬にもならない呟き

学び直しにかける費用とその意味

先日、新聞記事で、「収入が高い人ほど、学び直しへの意欲が高く、かける費用も多い」というような内容を目にした。

この場合の「学び直し」というのは、社会人が「MBAの取得を目指す」とか「英会話学校に通う」とか、そういったものである。

ポジティブな見方をすれば、「そういう人たちは学び直しをするから収入が高くなるのだ」となるのだろう。

確かに、そういった社会人が受ける教育を進んで受けるのは、高収入のサラリーマンというイメージがある。

実際にそうだとも思う。

じゃあ、仮に私がMBAを取得できたら収入は増えるのだろうか。

また逆の見方をするなら、なぜやれば収入が増えるのに多くの人は学び直しに時間と費用を費やさないのだろうか。

答えはたぶん簡単で、学び直しへの意欲や取り組みは収入増につながらないからだろう。

 

例えば資格でいえば、私もいろいろ資格を持っているが、資格というのは持っているだけで意味がある場合と、持っているだけでは役に立たない場合がある。

資格がないとそもそも業務に触れることすらできないもの(運転免許のようなもの)は、持っているだけである程度意味がある。

反対に簿記の資格を持っていても、それは基礎知識があるということを示すだけで、例えば実際に経理業務ができるということは意味しない。

簿記を勉強していなくても経理業務に携わっていた人の方が、即戦力としては期待できる。

だから社会人になって学び直して知識・技術・資格を取得しても、実務経験がないと採用してくれない会社がほとんどである。

仮に収入増や待遇改善を期待して学び直しても、それが実を結ばないこともある。

 

それから、学び直しで得られるような高度に専門的な知識や技術は、世の中に多く存在するような普通の会社では必要とされない。

だから仮にそんなものが身についたとして、実際の収入には影響しないと思う。

学び直すのが高度でない比較的一般的な知識・技術・資格だったとしたら、それはきっと改めて学び直すことより実務経験の方が役に立つだろうし重視されるだろう。

TOEICで高得点を叩き出すくらいなら、1年くらい英語圏で生活して日常会話を身につけた方が役に立つだろう。

不動産業者で宅建を取得するくらいわかりやすく実務と収入に影響するものでなければ、たぶん学び直す側の動機付けにならない。

宅建だって、いわば持っているかどうかそのもので差が出る資格というだけで、持っている人と持っていない人とで実務上の知識に大きな差があるとは思えない。

 

何が言いたいって、世の中の大抵の仕事というのは、別に勉強ができなくたってできる。

多くの仕事で必要とされるのは、経験と本人の意欲である。

だからお金をかけて学び直すことは、多くの人にとってさほど有益ではない。

最近そういった社会人学習に公費で補助をしようという話があるようだが、あまり意味があると思えない。

学び直すことに金をかけるくらいなら、そもそもそんな必要がなくなるくらい高等教育を身のあるものにすることに金をかける方がいいだろう。

大学なんて半ば以上遊びに行くところ、もしくは就職先を得るために箔をつけるだけのステップになってしまっていると思う。

わりと日本は教育をおろそかにしている国なのだが、意外とそういう実感のある人は少ないようである。

どうでもいい話ではあるが。

 

どうでもいいついでだが、安倍さんが自民党の総裁選を勝った。

首相としての任期がさらに長くなることは間違いない。

任期が長くなることの弊害もチラホラ見えている気がするが、今のところは首相がコロコロ変わらないことの恩恵の方が大きい気がする。

というか、安倍さんが首相で良かったと思えることの大半は、政権運営が安定しているということである。

それ以外の中身はあってないようなものが多い。

以前に記事を書いた給付型奨学金の話もそうだが、相も変わらずバラマキ型で人気を取ろうとする古き悪しき政治手法を多用しているように思えてならない。

世の中は良くはならないんだろうな、きっと。

自分の身は自分で守るしかないということで。