異呆人

毒にも薬にもならない呟き

アンチ・悲劇のヒロイン

盆休み、実家に帰省中である。

普段の家事の煩わしさから解放され、のんびりしたいところなのに、さっそく母親に怒ってしまい、ストレスフルである。

きっかけは毎年恒例の親戚一同での墓参り&BBQ中、実にしょうもないことで母親が機嫌を悪くし、実にしょうもない悪態をついたことにある。

それに対して、弟と私が一緒になって怒ったのである。

母が怒っているのは父に対してであって、それは後からいくらでも直接文句を言ってくれればいいのだが、他の親戚がいる前で悪態をついては子供みたいに拗ねるので、その場の雰囲気が一気に悪くなってしまった。

甥や姪や従兄弟の子供たちなどもいて、せっかく夏休みのイベントを楽しんでいるのに、おばあちゃんになっている「いい大人」がすることではない。

それでまた食器を片付けるときに、母がグラスをわざとガチャガチャしたから割れてしまい、子供らがいるから危ないのに悪びれもしなかった。

もう火に油を注がれるようなもんである。

義妹からは「お義兄さんが怒ると一番怖い」と言われた。

私は激昂して声を荒げたり、手を上げたりはしないのだが、正論を次々叩きつけて相手を追い詰めてしまうのでよくない。

「おとなげない」と言うなら、私も人のことを言えたものではない。

 

まぁ、母親の不満もわからないではない。

父親は自分に都合の悪いことはまともに取り合わない。

悪いところがあって注意しても聞かないし、聞かないから一向直らない。

私などは諦めている。

母などは私より長い付き合いなのだからうまく折り合えばいいものを、未だにずっとグチグチ言う。

悪いのは、父が悪い。

しかしそれを改めてもらおうなんてのは難しい話で、他人に期待しすぎだと言える。

他人は変えられない。

嫌なら自分が変わる、うまく折り合うか、さっさと別れてしまえばいい。

もう何年も前に私がいるときに喧嘩したときも、「さっさと離婚したらいい」と私が怒ってしまい、後日、離婚協議専門の弁護士を紹介しようと母にメールを送ったのだが、「すみません、私が悪かったです」と断られてしまった。

 

母は尽くすタイプである。

相手のためを思って行動できる。

それは良いことなのだが、それが過ぎると「自分はこれだけやっているのに、相手が何もしてくれない」という考え方になってしまう。

結局そういう行動は自分のためにしているものなのだが、なかなかそういう風に思えないのが人間である。

そして自分だけが不遇をかこっているように感じてしまうのである。

都合が悪くなれば、最後は「どうせ私が悪いんでしょ」と変な自虐に走る。

悲劇のヒロイン症候群などと呼ばれることもあるが、私はこれが嫌いだ。

良いとか悪いとかではなく、好き嫌いのレベルで嫌い。

 

現状を受け入れるか、戦うか、なんだよなと思う。

どんなことでも。

現実の問題を解決するための行動を取らず、センチメンタルに傷を舐めることは見ていてみっともない。

自戒を込めて。

誰にだって、つらいことの一つや二つある。

境遇も違う。

程度の差はあるが、その大小なんて比較でしかなく、本人にとっては比べても仕方ないものなのである。

自分の痛みは自分だけのもの。

分かち合えないから価値があり、抱えているから味がある。

見せびらかしてわかってもらおうとするくらいなら、言葉で、行動で状況を変えようとすることの方がよほど美しい。

まぁ、自分も全然そんな風に生きられていないのだが。

 

とはいえ、私は最近ちょっと周りにキツ過ぎるのかもしれない。

言ってることが間違ってなくても、言い方が良くないのはある。

反省。

何か、そんなことばかりの夏。