異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2018 ラジオNIKKEI賞、CBC賞 〜予想〜

妻が所用で出かけているので、珍しく2週続けて競馬の予想記事。

ちなみに先週はこんな感じ。

syuten0416.hatenablog.com

馬券は本命のダンビュライト軸の3連複と、さほど堅軸だとも思っていなかったので対抗のミッキーロケットから馬連

で、買っていたにも関わらず、3連複のヒモに入っているワーザーを馬連の相手にしていなかったので馬券は当たらず。

絞って買ったことが裏目に出た。

悪くない予想だったとは思うが当たらなければ一緒。

ここからは夏競馬。

苦手なんだよなぁと思いながら。

 

ラジオNIKKEI賞

◎:1ロードアクシス

◯:10イェッツト

▲:3キューグレーダー

△:2メイショウテッコン

△:5ケイティクレバー

 

現在25年連続で重賞未勝利馬が勝っているという福島の3歳限定芝ハンデ戦

まぁ重賞の勝ち馬なんて出てこないからなんだろうけど。

データ的にはOP5着以内の実績、前走から8週以内、芝1800〜2000mで3着以内の実績、1〜3枠がやや優勢。

近走は4隅で4番手以内の先行馬は勝てていない。

今回も前の方で競馬をしたい馬が多そうだし、それを見て運べる馬がいいのだろうか。

 

本命はロードアクシス

前走は直線でまったく伸びず、最後はやる気なさげにブービーだったが、前々走は同じ福島の500万下2000m戦で勝っているし、その前は弱くない馬相手にOPで3着と善戦している。

内枠を利して運べれば、ここではチャンスがありそう。

 

対抗はイェッツト。

京成杯3着という実績が目を引くが、前走OPもオークス3着となるコズミックフォース相手にタイム差なしの3着。

それでここで斤量54kgなら勝てる要素は十分にあると思う。

 

単穴はキューグレーダー。

OPクラスでの実績はまだないが、新馬戦から連対を外さずここにきている。

実力のほどがどうかというと正直わからないが、枠とか前走間隔とかを考えると他に買いたい馬がいないというのもある。

 

あとはデータ的には相性が良くないが、残ることも考えて逃げ馬の実績馬を抑えようと思う。

メイショウテッコンは京都新聞杯5着。

前走勝ったOPも含め、逃げたレースは概ね好成績を収めている。

56kgとはいえ一番重たい斤量を背負うほどの実力があるかどうかだが、内から逃げてそのままということは考えられる。

ケイティクレバーは前走の京都新聞杯9着。

G1、G2クラスだと見劣りするが、それでもここでは上位の実力があるだろう。

メイショウテッコンと同じく56kgを背負うに値するかは微妙だが、デビュー時の小林騎手に戻ることだし巻き返しを期待したい。

他にも実力馬はいるが、基本的に前走間隔のデータを外す馬は切ることにする。

 

 

CBC賞

◎:12ダイメイフジ

◯:2トウショウピスト

▲:9セカンドテーブル

△:18アサクサゲンキ

△:16ペイシャフェリシタ

☆:11スノードラゴン

 

荒れたり固かったりと、毎年傾向の変わる中京芝1200mハンデ戦

データ的には斤量54kg以下の軽斤量馬は不振。

前走G1、G2だった馬が優勢だが、OPクラスだった馬では1400mのレースだった馬の成績が良い。

また近年は5歳馬の成績が良くなっている。

 

本命はダイメイフジ。

前走の安土城Sでは、その後、安田記念を勝つモズアスコットを下しての勝利。

オーシャンS3着の実績もあるし、人気したときに軸にするかどうかは迷うが、外せない有力な1頭だろう。

デムーロ騎手を配して必勝体制といったところか。

 

対抗はトウショウピスト。

前走の安土城Sでは勝ったダイメイフジと0.1秒差の5着。

近走は1400〜1600mを中心に走っていて不振だが、距離短縮で化けることに期待したい。

 

単穴はセカンドテーブル

昨年のCBC賞で少なからぬ恩恵を受けられたのはこの馬のおかげである。

半年ぶりだったシルクロードSは7着だったが、近走も成績は安定している。

まあまあ人気しそうなので昨年のようにはいかないだろうが、継続騎乗の水口騎手が上手くエスコートしてくれることを期待したい。

 

あとは斤量軽めだが無視できない馬を抑えに。

アサクサゲンキは中京1400mのファルコンステークスで2着。

最後に坂のある中京コースで実績があることは頼もしい。

前走は5着だがタイム差はそれほどだし、大外で出遅れなければ。

ペイシャフェリシタも近走で同じ舞台の1600万下、浜松Sを勝っている。

前走OPを勝っているし、阪急杯もタイム差0.1の5着。

人気しそうだが軽視はできない。

 

スノードラゴンは半分応援馬券だが、半分は本気でチャンスがあると思っている。

今年も高松宮記念では並み居る強敵相手に9着。

10歳だろうが58kg背負っていようが、ワンチャンスあるだけの実力はまだ残っているはず。

 

今週は日曜は休日出勤。

7月はかなり土日の出勤が増えそうで、少し忙しい。

まぁその分、平日に振り替えて休むようにするだけだが。

ボーナス入ったけど貯金かな。

サラリーマンが気楽な商売だとは思わないが、数少ないサラリーマンで良かったと思う瞬間である。