異呆人

毒にも薬にもならない呟き

所変われば品変わり、世界が変わり、人も変わる

そもそも最初に就職したとき、私は仕事なんてなんでもいいと思っていた。

やりたいことなんてなかったし、最初から飯の種だと思っていたし、だったら余暇を充実させればいいと思っていた。

だから就職活動も特にせず、春先は都道府県庁の試験なんかを受けたりしていた。

ロクに勉強もしていない。

倍率も相当なものだったので、受かるはずもなかった。

本命は秋の市町村役場の試験で、それを受けるために、私は大学4年の夏休みに長期間実家に帰っていた。

 

ただし、やはり勉強は捗らなかった。

勉強しないならやることもないし、暇を持て余していた。

そこで就職活動をしたのである。

大学生活の記念として。

ところが当時はリーマンショック前の売り手市場で、適当に受けた会社すべてで採用通知をもらってしまった。

そして試験を受けることすら面倒になった。

もともと公務員を志望した理由も特にない。

なんとなく休みは確保されてそうだなと思った程度である。

それで普通に会社勤めをすることにした。

選んだのは、一応、上場企業である専門商社だった。

決め手は転勤が頻繁にあるという、ただそれだけ。

あちこち流れたかっただけ。

 

そんな感じで入った会社だったが、結構一所懸命働いた。

自分の能力が、取引先や狭い事務所の中で必要とされるだけでも嬉しかった。

働き方はグレーというか、ほぼブラックだったと思うが、そんなことは大して気にならなかった。

自分が何かを為しているという確かな手応えを感じられていた。

まぁ、自分なりにストレス発散方法や楽しみを、複数持っていたのが良かったというのもあったかもしれない。

 

ただ仕事のやり方(会社や上司の方針)については不満に思うところが多々あった。

例えば、上司たる営業所長は目先の数字を追いたがる。

それは彼の上司、つまりは会社からそれを求められるからであって、悪いことばかりではないのだが、それでも売り切りの商売ではない商社なら、取引先との長い付き合いを考えて仕事をすべきだろうと思っていた。

「売上があと◯◯万足りないから、〜に在庫として買ってもらえ」みたいなことを平然と言う。

そんなことをしても相手の買い回りが遅くなるだけで、朝三暮四と同じである。

「お前は猿と同レベルか」と言いたかったし、そこまで言わずとも、わりとしっかり抗議はしていた。

もちろん、それなりに数字を作れる営業マンになってからではある。

加えてげんなりしたのは、自分が上司と同じ立場まで昇進したとき、同じことを部下に言わねばならないだろうことだった。

いくら仕事はなんでもいいと思っていたとはいえ、流石に意に反することをしてまで続けたいわけではなかった。

それで3年ほど働いて辞めることにしたのだった。

 

新しい仕事はFP(ファイナンシャルプランナー)だった。

生命保険会社所属のFPである。

ただし当時は生命保険以外に投資信託も損害保険も扱える、かなり稀有な所属先だった。

まぁFPにした深い理由もなかった。

自分自身に知識が積み上がり、それが武器に出来る仕事がしたかったというのが一つ。

あとはうまくやれば短期間で収入を増やせたというのが一つ。

私はただ独立して仕事ができる人間になりたかったのだ。

誰かに言われて不本意な仕事をするのでなく、ポリシーを持って仕事がしたいと思うようになっていた。

 

そこはその会社の中でも独立した部署のようなところで、とてもいろんなタイプの人がいた。

そこに勤めるまでの経緯も多種多様だし、何を志して仕事をするかも多種多様。

そしてそれぞれに強みを持っていて、いろいろな話を聞くことができた。

人によっては丁寧に自分のやり方を教えてくれた。

そのすべてが正しかったとは思わないし、役に立ったとも思わないが、自分の知らない経験をたくさん積んでいる人たちを見て、私は大いに刺激を受けた。

そこは私の知らない世界が凝縮されたような場所だった。

ただ言われた通りに仕事をするのでなく、それぞれが自分の目的のために自分の方法で仕事をしていた。

一言で言えば、とても面白かった。

 

その中で私は自分なりにいろいろなことを試し、うまくいったり失敗したりしながら、1年足らずで辞めることになった。

理由は単純に稼げなかったから。

いや、飯を食っていくくらいには稼げたが、先が長くないビジネスモデルだなと理解した。

実際、その部署自体が数年後に空中分解することになる。

いろいろな人の思惑に翻弄されてだろう。

それはまた別の話。

 

その後、私は縁あって今の会社に勤めることになる。

それは本当にタイミング合っただけ。

私が辞めるタイミングと会社が人を求めるタイミング、行きたい場所と欲しい人材。

そのときのFPの仕事とは直接関係しない。

ちなみに私は仕事としてのFPを辞めてからFP1級を取得している。

単なる趣味として。

そういう意味でも、私にとってはいいきっかけだったのだろう。

 

あの場所での経験は、私にとって特別なものだったと思う。

自分で1から考えて実行に移すという経験だけでなく、他の能力ある人の経験を分けてもらうこともできた。

1年足らずの時間だったが、それはギュッと凝縮されたような時間で、私の今の仕事のやり方にも大きな影響を与えている。

環境を変えるということはもちろんリスクを伴う。

現に私はそのあとまた仕事を変えることになっている。

ただそのリスクを引き受ける覚悟さえあれば、新しい何かを得る大きなチャンスにもなる。

別に仕事でなくてもいい。

引っ越しをしたり、新しい趣味を始めたりするのもいいかもしれない。

そうやって、ときに大きく環境を変えることが、自分自身を変えることにもつながると思う。

 

というか、私の人生は大きく環境を変えることの連続ばかりである。

その経験からすれば、まぁとりあえず自分自身を放り込んでみればなんとかなることも多い。

命まで取られることは少ないからね。