異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2周年らしいよ

はてなブログから、ブログ開設から2年経ったという通知が来ていた。

「あぁ、そういえば2月だったな」と思い出す。

特に始めた時期に意味はない。

いろんなしがらみから解放された場所で、ただ考えていることを吐き出したかったのだが、それがたまたま2月だっただけである。

ちょうど仕事が暇だったのもあったかもしれない。

 

去年まではほぼ毎日記事を書いていた。

書きたいことは次々と思い浮かぶ。

それを記事にするだけの時間もあった。

今は時間がない。

書きたいことは次々と思い浮かぶ。

ただ無理に書かなくてもいいかと思うようになってきた。

思い浮かんだことは、しばらくすると消えていく。

 

最近感じることは、身の回りの様々なことへの執着が、どんどん薄くなっているなということ。

仕事は一生懸命やっているという気がしない。

こなしているだけに限りなく近い。

会社の将来性を案じ、積極的にあれやこれやしていたときの熱意はない。

プライベートもほとんど出かけることはなくなった。

妻がどこかへ行きたいというときに一緒に行く程度である。

ランニングもすっかりご無沙汰で、先日、数ヶ月ぶりに友人と20km走ったら、全身筋肉痛で数日悶絶する羽目になった。

じゃあ何をしているのかといえば、だらだらゲームをしているだけである。

そういう状況に焦燥感のようなものを感じなくなったことは、自分の中での変化だなと感じる。

 

何がしたいとも思わない。

別に生きていたいとも思わない。

ただ、死にたいとは思わなくなったかもしれない。

生きてようが死んでようが、どうでもいい。

投げやりな感じではない。

自分の存在と不在が等価になっていく感じ。

私は存在し続ける限り私で、存在しなくなった途端、私でなくなる。

だから不在は恐ろしいことではない。

存在することも、以前はただそれだけで煩わしいことだったが、それほど鬱陶しがるものでもないと思えるようになった。

たぶん、私は自分の存在を繫ぎとめるためにエネルギーを使い過ぎていたのだと思う。

今は明確に自分を必要としてくれる人がいるから、私が私自身にとっての存在意義を問わなくてよくなった。

私にとってどうでもいい人生でも、誰かにとって必要なら続くだけ続けばいい。

 

まぁそんな感じのゆるゆるモードになっているので、まだしばらく更新頻度の低い状態は続きそうである。

そのうちまたたくさん書きたくなるかもしれないし、もしかしたらいつの間にか更新されなくなっているかもしれない。

ただせっかく始めたことだから、少しでも書き続けられるように、こうしてリハビリみたいなことはしておく。

面白くない記事がさらに面白くない状態が続くが、御免蒙りたい。