異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 愛知杯、京成杯、日経新春杯 〜予想〜

今年最初の競馬、東西金杯を含む4重賞は負け越しから始まった。

検討する時間が少なかったし、ましてその検討した結果を記事にする時間はまったくなかったので書かなかったが、買うだけは買っていた。

当たったのは中山金杯の、ど安目の馬連のみ。

買った額が少なかったのでトリガミではなかったが、他の3つがすべて外れたのでトータルではマイナス収支になった。

まぁ購入額が少なかったので、懐へのダメージはそれほどではないが。

買い目はそこまで筋が悪かったわけではない。

穴目の馬もきっちり抑えられていた。

しかし3連複で買っていたので、微妙なところでヒモ抜けになってしまった。

馬連かワイドで買っていればなぁ。

今週は3場開催で重賞も3つ。

気を取り直して2週目に臨むことにする。

 

愛知杯

◎:9キンショーユキヒメ

◯:5タニノアーバンシー

▲:2ギモーヴ

△:7マキシマムドパリ

△:18ワンブレスアウェイ

△:1ゲッカコウ


中京の開幕週の芝中距離重賞。

牝馬限定のハンデキャップ戦ということもあり、荒れた結果が続いている。

今回の出走馬を見ても何とも難しそう。

データ的には重賞勝ちの経験のある馬と前走3着以内が優勢だが、該当する馬が少ない。

あとは5歳馬が優勢。

ただし一昨年から開催月が変わっているので、あてになるかは何とも言えない。

思い切ってデータを外してみるか、どうするか。


本命はキンショーユキヒメ。

前走がダートのJBCレディースなのが引っかかるが、このメンツなら力は上位だろう。

斤量は53kgと程よく、中京は2-0-0-1とまずまず。

末脚もそこそこ良いので舞台適性を買いたい。


対抗はタニノアーバンシー

Mデムーロ騎手が乗ってるせいか、現状では1番人気。

実際、デムーロ騎手が乗った時は1-2-0-0と連対を外したことない。

ただし、これまで戦ってきた相手がそれほど強かったわけではないので、そこは過信禁物でないかと思う。

でもやっぱりデムーロ騎手は怖いよね、という感じ。


単穴はギモーヴ。

前走は3ヶ月ぶりながら鋭い末脚で、1600万下をタイム差なしの2着。

穴目の馬の中では一番良いのではないかと思っている。

斤量も52kgであれば、力とハンデのバランスは良さそう。


マキシマムドパリは昨年のこのレースの勝ち馬。

この中では実績は最上位だろうが、最重量の56kgを背負っても勝てるレベルかは疑問。

とりあえず抑えまで。


ワンブレスアウェイは近2走の重賞では厳しい結果が続いたが、相手関係を考えると、この中ならやれるかも。

ただし大外枠は楽ではないだろうなと思う。


ゲッカコウは前走OPクラスで連対しており、このメンツでは力上位か。

ただし上がりがさほど速いわけではなく、斤量54kgも軽いわけではなく、中京も初めて。

一応ヒモに加える程度。



京成杯

◎:5コズミックフォース

◯:15ジェネラーレウーノ

▲:8ダブルシャープ

△:10デルタバローズ

△:6スラッシュメタル


皐月賞と同じ条件で行われる3歳重賞。

個人的な観点からはデータとして重要視したいものは少ない。

明け3歳の重賞だし、わからないなりに自分で見定めるしかないか。


本命はコズミックフォース。

まだ未勝利を抜けただけの馬だが、2000mを2回走って成績は安定しており、この距離への適性はありそう。

ルメール騎手からの乗り替わりだが、年明け好調の戸崎騎手なら大丈夫だろう。

中山が初めてなので、そこがどうか。


対抗はジェネラーレウーノ。

同じ舞台の500万下の葉牡丹賞を勝っており、舞台適性は一番。

相手関係があまり強くなかった気がするのと、大外の逃げ馬なので印を下げた。

まだキャリアの浅い馬が多いのでわからないが、逃げるとしたら内のコスモイグナーツとライトカラカゼか。

ペース次第かも。


単穴はダブルシャープ。

札幌での鮮烈な走りから一転、パッとしないレースが続き、すっかり人気を落としてしまっている。

とはいえJRAに転入してからは、まだ朝日杯FSしか走っていない。

まだまだこれからという可能性に賭けてみたい。


デルタバローズは新馬戦で4馬身差の圧勝。

2着の馬もその後未勝利を抜けており、そこまで弱くはなかったと思われる。

ただし重馬場で1600mだったことを考えると、ここも同じように運ぶかはわからない。

抑えまで。


スラッシュメタルは前走の京都2歳Sでは、まったくやる気が感じられない走りでブービー

しかしながら、あれは度外視していいのではないかと思う。

一応抑えておく。


あと、ちょっとライトカラカゼが気になるがどうするかな。

 

日経新春杯

◎:8ミッキーロケット

◯:2ロードヴァンドール

▲:3モンドインテロ

△:11ベルーフ

☆:1サンタフェチーフ


京都舞台の芝中距離ハンデ戦

近年は人気どころが勝つ順当な結果が続いている。

今年も12頭と頭数もあまり多くないので、やはり順当に決まってしまうのか。

データ的には5歳以下、末脚上位の馬が優勢。

また同じ舞台で3着以内に入った経験のある馬、G1、G2で7着以内に入った実績のある馬の好走率も比較的高い。

降雪中止の可能性もあるが、どうかな。

そういえば去年も同じようなことを言っていた気がする。


本命はミッキーロケット。

斤量は最重量57.5kgと軽くないが、このメンツを見れば逆らい難いものがある。

G1、G2での戦歴は他の馬より1枚上だし、昨年のこのレースの勝ち馬でもある。

頭まではわからないが、軸にしていいだろう。


対抗はロードヴァンドール。

前走の中日新聞杯は2着のミッキーロケットと0.1秒差の3着。

ここで斤量差が1.5kgなら逆転も可能か。

逃げ馬にとっては最適な内枠。

横山典騎手がペースをコントロールしてしまうのも怖い。

距離延長が少し不安か。


単穴はモンドインテロ。

近走の成績はパッとしないが、そうは言っても実績は上位。

昨年のこのレースでも3着である。

得意の距離だし、鞍上もルメール騎手。

57kgでも巻き返しは可能だろう。


ベルーフハンデ戦の成績が非常に優秀。

決して目立った戦績があるわけではなく、斤量も軽いわけではないが、ちょっと怖いので抑えておく。


穴馬としてはサンタフェチーフなどどうだろうか。

年齢は6歳だがキャリアは浅い。

ここに来て成績が安定してきているし、斤量52kgであることを考えれば妙味はありそう。


あとはソールインパクトをどうするかな。

前走、好調3歳馬に割って入ったレースは立派。

この距離での成績が安定しているし、54kgなら切るのは怖い。

ただ頭数が少ないし、人気どころを中心に買うことになるので、どこかで買い目を絞らないとな、とも思う。

サンタフェチーフとか買う前に、普通はこいつだよなぁ。


今週は日曜が妻が外出なので、気が向いたらテレビ視聴するつもり。

日経新春杯か中止にならなければ。