異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 阪神ジュベナイルフィリーズ、カペラステークス 〜予想〜

阪神ジュベナイルフィリーズ

◎:18ロックディスタウン

◯:11ラッキーライラック

▲:17コーディエライト

△:1サヤカチャン

△:7リリーノーブル

△:8トーセンブレス

 

2歳牝馬の頂上決戦。

データ的には関東馬や東京、中山で3着内に入ったことのある馬がやや優勢。

また重賞3着以内に入ったことのある馬が優勢で、そうでない馬は前走勝ち馬かつ2着馬とのタイム差が0.1秒以上ならアリ。

4着以下に敗れた経験のある馬は評価を下げたい。

要は実績のしっかりした実力馬が上位に来るということか。

 

本命はロックディスタウン。

前走の札幌2歳Sは、外を回りながらも力強く勝ち切った。

もともと前評判の高い馬ではあるが、その前評判通りに勝ってるあたりがなお強さを感じさせる。

本命とするのを避ける理由は特にない気がする。

 

対抗はラッキーライラック

前走のアルテミスSでは、上がり最速の脚で逃げるサヤカチャンを差し切った。

それほど強いという印象はないが、阪神JFにはアルテミスS経由で出走する馬が多く、それ以外の馬でもアルテミスSを走っていた馬との力関係を比較すると、やっぱり勝ったラッキーライラックは強いんじゃないか、という結論に落ち着いた。

印象以外は嫌う要素もないし。

 

単穴はコーディエライト。

逃げ馬なので内枠の方が良かったと思うし、最内には同じ逃げ馬のサヤカチャンがいるので微妙だなとは思う。

しかし重賞2着2回の実績はダテではないだろう。

負けた相手、負かした相手も決して弱くはない。

この記事執筆時点では中穴くらいの人気だが、だったらなおのこと美味しそうだなと思う。

 

サヤカチャンは、データ的にりんどう賞で5着に敗れているので評価を下げている。

しかし敗れたりんどう賞のメンバーも弱くはなかったし、そもそも1400mが短かったのではないかと思う。

ラッキーライラックを評価するなら、こちらも評価して当然。

コーディエライトと前で潰し合わなければワンチャン。

 

重賞経由組以外では、やはりリリーノーブルが気になる。

白菊賞ではスカーレットカラー、スズカフェラリーといった、まずまずのメンバーにしっかり差をつけて勝っている。

自分自身がキャリアの浅い2歳馬を評価しかねるので印を落としているが、すんなり勝つ可能性だってあると思う。

 

あとはアルテミスS6着で、データ的には合わないが気になるトーセンブレスを抑えるつもり。

アルテミスSでは直線でつまってしまったように思う。

抜け出すチャンスがあったようにも見えるので微妙だが。

敗れたことで人気を落とすなら妙味があるかなと。

 

他、この記事を書いている時点で比較的人気があるマウレア、ソシアルクラブは、自分が買える理由を見出せないので切るつもり。

2歳重賞って、何度やってもわからない。

 

 

カペラステークス

◎:13サイタスリーレッド

◯:8ブルドッグボス

▲:14ブルミラコロ

△:1キャプテンシップ

△:12キクノストーム

△:7ノボバカラ

 

 

荒れる傾向の強いダートのスプリント。

重賞しか買わない私には、半分くらいが知らない馬。

まぁ、そんな馬がぼんぼん出て来るから荒れるのかもしれないが。

データ的には過去3走以内のダート1400mで5着以内に入った経験のある馬が優勢。

正直、全然わからない。

 

わからないときはデータ重視で。

特に近3走で1400mのレースに出走していない馬は複勝率6%。

逆に近3走の1400mで5着以内に入っている馬の複勝率は30〜60%。

いくらデータはデータといえ、それだけ数字が変われば見方も変わる。

データに該当するのは上で印を付けた馬のうち、ノボバカラ以外とグレイスフルリープ。

グレイスフルリープはいくら韓国でG1を勝ったとはいえ、帰ってきていきなり58kgではしんどいと思うので切るつもり。

 

本命はサイタスリーレッド。

前走の不良馬場でのレースを度外視すれば、成績は非常に安定している。

シュミノー騎手への乗り替わりも、まぁマイナスには働かないだろう。

 

対抗はブルドッグボス。

本命のサイタスリーレッドとは勝ったり負けたり。

パッとせず地方に転出したが、交流重賞では3着内を外さない安定した成績で、再びJRAのレースに戻ってきた。

このメンバーなら十分やれるだろう。

 

単穴はブルミラコロ。

上がり馬として臨んだ今年の根岸Sでは大敗したが、ここで再び重賞にチャレンジ。

安土城Sでは夏競馬を賑わした馬たちと互角に走れており、このメンバーなら十分勝ち負けできそう。

 

キャプテンシップは半年ぶりだが、データにはばっちり合う。

ただし以前に同じように半年空いたときは大敗しており、あまり信用はできないか。

 

キクノストームは近走は良くて掲示板止まり。

しかし最後に馬券に絡んだのは2年前のこのレースで勝ったときである。

末脚はまずまずなので、展開次第でワンチャンあるかなと思う。

 

あとデータにはまらないが抑えておこうかなと思うのがノボバカラ

近走はあまり良いところがなく、ここでも人気を落としているが、去年のこのレースの勝ち馬。

去年もカペラS前の2走は凡走していた。

データを外して飛び込んで来るならこいつかなと思う。

 

今週は難しいけど面白いレースが多いなと思う。

これでレースを見に行けたらいいのにな。

なんて思っていたら、仕事絡みで中山の最終日に現地参戦する予定が入った。

中央の競馬場に行くのは初めて。

なんだか今からワクワクする。