異呆人

毒にも薬にもならない呟き

デュエルエクスマキナ日記 〜朱天のコントロール指南⑤コンイシスのデッキを組んでみよう:中終盤編〜

前回までの記事はこちら。

デュエルエクスマキナ日記 〜朱天のコントロール指南②コンイシスに必要なカード〜 - 異呆人

デュエルエクスマキナ日記 〜朱天のコントロール指南③コンイシスのデッキを組んでみよう:序盤ユニット編〜 - 異呆人

デュエルエクスマキナ日記 〜朱天のコントロール指南④コンイシスのデッキを組んでみよう:序盤スペル編〜 - 異呆人

 

前回までは序盤のしのぎ方について触れてきた。

そこからセシャトや収穫者などでアドを取りながら少しずつ盤面を抑えていったり、セクメトの殺戮まで繋いで相手のリソースを一気に奪うのである。

今回はある程度盤面を抑えた状況で使うカード、あるいは終盤に向けて繋げていくためのカードや、フィニッシャー・サブフィニッシャーとして使えるカードを見ていきたい。

 

・レシェフの疾病

全相手ユニットのATとHPを-1するカード。

相手の軽量ユニットの除去にも使えるし、単にATを下げて守ることにも使える。

アグロ系のデッキには刺さるが、それ以外のデッキだと効果が薄い。

効果の薄いデッキ相手にもまったく使えないわけではないので、1枚くらい忍ばせておいてもいい。

ただルクソールの4マナ圏はやりたい仕事が多いし、そもそもこのカードを入れる枠があるかどうかが問題。

余裕があるなら採用したいカード。

 

・セトの飛砂

相手1マスを砂漠にして、その上のユニットのHPを-3するカード。

地形破壊にも使えるし、除去にもなる。

ただし4マナというのはなかなか重い。

地形だけを破壊するにしてはマナコストがネックだし、除去として使うにはアドが取れない。

鏡泉や大石像などの地形がどうしても怖くて、でも地形破壊が腐るのが嫌な人向け。

猛威を振るっている海洋アテナのオケアニドの海洋を潰すつもりなら、もう少し軽いカードじゃないと間に合わない。

 

・宮廷道化師アルレッキーノ

3マナ3/1で場に出たときに選んだ相手ユニットと同名のカードをデッキ外から手札に加える。

要は相手ユニットを手札にコピーするカード。

アドは取れるがコピーしたカードを使うのが遅くなりテンポロスが大きいので、序盤対策ではなく対コントロール向けのカードとしてよく採用されている。

アルレッキーノ自体も3/1のスタッツがあり、処理を要求できるのも強い。

コントロールイシスとしては厄介なカードではあるが、やはりテンポロスが大きいので、これでコピーしたいカードが場に出ている盤面を抑えた状態だと、そのまま押し切れることも多い。

逆に自分が使う際は除去とセットで使うか、中盤の収穫者やミラーでのセシャトなど、アドの取れるカードにさっさと使ってしまうか。

使い方が問われるカードである。

 

・彷徨えるゴーレム

4マナ4/4と安定のスタッツを持つ定番のミドルレンジアタッカー。

破壊時に左右のユニットに4点ダメージを与えてしまうが、ユニットの並ばないコントロールイシスなら無視できる性能。

相手のデッキタイプによっては、ある程度中盤から押していかないと終盤にひっくり返せないこともよくある。

そういった際の中盤をつなぐアタッカーとしては手頃で採用しやすい。

枠が空いて困ったら突っ込んでおいて問題ない。

 

・離魂術師サナム

ゴーレムと並んでどんなデッキにも入る安定のミドルレンジアタッカー。

前列に展開すると本体が4/2、分身が2/4のスタッツを持つ。

本体はアタッカーに、分身はブロッカーになり、非常に便利なアドの塊。

ただし本体はHPが低いので除去されやすく、ミラーマッチだとイシスGPで分身も簡単に無力化されるので、最近はコントロールイシスにはどうかなという場面も増えている。

ただし間違いなく強いカードではある。

 

・闇夜神ネフティス

メフィストで加わった腹筋少女。

愛らしい見た目とは裏腹に、手札の枚数がATになる暴力的な性能を持っている、コントロールイシスの新しいサブフィニッシャー。

大体5/5や6/5のスタッツで登場することが多く、相手からすれば放置するには痛すぎるし、簡単に対処するには大きすぎる。

確定除去で対処されることが多いが、こいつに除去を使ってくれるとフィニッシャーが安心して走れるので、それもありがたい。

強いのだが、こいつ1枚で盤面がどうにかなる類のカードではないので、ある程度抑えてから走るのがベスト。

あと元が0/5のスタッツなので、封印に弱いのはご愛嬌。

 

・ウアジェトの猛毒

ユニット1体を破壊するというシンプルなカードだが、コントロールイシスには必須のカード。

これが入らないコントロールイシスは存在しない。

ニュートラルの焔蛇の激昂の上位互換。

相手のユニットをいとも簡単に破壊できるのだが、だからこそ使うユニットには注意したい。

このカードを誰に使うかが勝負の分かれ目になったりする。

 

・復讐柛セクメト

メフィストルクソールカードの中でも最大級の自傷能力を持つカード。

横列に4/3の獅子が2体出てきて、ルクソールには珍しい横に広がる性能を持っている。

本体が破壊されたときの6点が「痛い」では済まないレベルなので、封印や押し付けと合わせて使うことが前提。

個人的な使用感を言えば、封印して使ったのでは強くはないが弱くもないレベル。

やはり本体を押し付けて6点ダメージを与えてナンボである。

するとデッキタイプをもっと押し付けに寄せる必要があり、コントロールイシスで使いのは難しいかなという気がする。

 

 

・葬送神アヌビス

自ターン終了時に空いている自陣に2/1のミイラを生み出し続けるミイラ職人。

スタッツがアメミットと同じで落ちにくく、2/1ミイラもアタッカーというよりはブロッカーに使われることが多いので、どちらかと言えば守備的なユニット。

本体をさっさと除去しないと延々とミイラを生産し続けるので非常に鬱陶しい。

ただしミイラの出現場所がランダムなので確定ブロッカーにはなり得ず、その辺りが守備のユニットとしては物足りないか。

攻撃に回ってもさほど打点が高くないので、中途半端で比較的採用されることが少ない。

ただし弱くはないので、資産が揃わないうちなら十分に採用できる。

 

・魔領主メフィスト

相手ユニットを破壊したときに手札にコピーするイケメンボイスの4/6。

放置すると凄まじいペースでアドを取られるので、相手ユニットなら即座に破壊しなければならない。

自分で使う場合も非常にヘイトを集めるカードだが、コントロールイシスの場合、自分のユニットが並んでいないので、出ただけではあまり仕事をしないことが多い。

結果的に相手ターンに即座に破壊されることが多く、デコイになって終わる。

フィニッシャーというよりは空いた枠に入れるサブフィニッシャーの候補。

あとコントロールイシスだとコピーしたカードが手札で溢れて、ドローができないということもよく起こる。

使い方は意外と難しい。

 

・コアトリクエの大石像

メシーカ環境でのコントロールキラー。

自ターンでは5/5のユニットになり、相手ターンでは地形に変わるので非常に破壊されづらい。

さっさと石像地形を破壊するか、ユニットを対面に立て続けない限り、延々と5点パンチを見舞われることになる。

非常に攻撃的なカードだが、守備での仕事は一切しない。

盤面を取っていないと、アグロ系相手だと殴り負ける。

地形破壊を見る機会の減った今の環境なら、ワンチャン狙いで採用してもいいかもしれない。

あとは資産の揃わないうちなら使えるかも。

 

・冥門神セケル

通称、鳥人間。

4/2のスタッツで、場に出たときに選んだユニットに手札枚数分のダメージを与える。

また相手ユニットを破壊したときに、ランダムな横列に2/1ミイラを出現させる。

手札を多く抱えるコントロールイシスでは確定除去に近い性能があり、なおかつ4/2ユニットと2/1ミイラへの対処を要求できる。

除去+αくらいに思えばデッキに入るし、使ってみれば意外なほど強い。

ただし8マナと重たいので、デッキの枠に余裕があれば採用してみてもいいカードか。

 

・鏡泉の波紋

ユニットを横列に複製する能力を持つ地形、鏡泉を生成するカード。

これを使っただけでは何も仕事をしない。

ただし次のターンにカオスキメラあたりが乗ると、それだけでゲームを決められることがあるロマン枠。

アグロ相手だとやっていることが悠長すぎるのだが、コントロールミラーだと地形破壊が入っていない限りシャレにならない。

逆に「アグロにはどうせ勝てないから、コントロール系相手の時だけでも勝ちたい」というつもりなら、面白いカードではある。

ただ、あくまで空いた枠に1枚挿す程度。

相当終盤にならない限りは手札で邪魔になり続けるので注意。

 

このあたりが私が考える中終盤で使いたいカードである。

もちろんここで取り上げなかったカードを使うのも全然アリだが、まずは何事も基本から。

オーソドックスなコントロールイシスを組むなら、このあたりのカードから検討してみてはどうだろうか。

あとはそれぞれのカード資産とご相談である。

 

次回は実際のプレイングについて考えていきたい。

ちょっと執筆感覚が開くかもしれない。