異呆人

毒にも薬にもならない呟き

デュエルエクスマキナ日記 〜朱天のコントロール指南④コンイシスのデッキを組んでみよう:序盤スペル編〜

朱天のコントロール指南、第4回は序盤をしのぐための1〜3マナ圏のスペルの候補を考えていきます。

前回までの流れはこちら。

デュエルエクスマキナ日記 〜朱天のコントロール指南①コントロールイシスのススメ〜 - 異呆人

デュエルエクスマキナ日記 〜朱天のコントロール指南②コンイシスに必要なカード〜 - 異呆人

デュエルエクスマキナ日記 〜朱天のコントロール指南③コンイシスのデッキを組んでみよう:序盤ユニット編〜 - 異呆人

 

・神獣像の祈祷

地形「砂漠の神獣像」を形成するスペル。

神獣像の上でユニットが破壊され場合、相手ガーディアンから1点ドレインする。

決してダメージも回復も大きい値ではないが、実質2点のライフアドバンテージが取れるのでじわじわ効いてくる。

何度も破壊されるミイラの兵長や彷徨える石像と相性が良く、メシーカ環境では猛威を振るった。

メフィスト環境では兵長や石像が収穫者に狩られてディスアドになるので一緒に姿を見なくなっていたが、最近はまた兵長や石像も見直されてきて神獣像を見る機会も増えている。

基本的にルクソールは1マナ圏でやることがないので、空いたターンに仕事をできる。

ただし軽いため、セシャトのドレインの期待値を下げることが難点。

メフィスト環境では神獣像を展開するとウェパルが刺さるので、ガーディアンがフレイヤのときは要注意。

 

・セシャトの記録器

メフィストで加わったルクソールの新定番軽量除去。

2マナで2〜3点のダメージを確保できることは非常に優秀。

2点と3点の違いも大きいので、撃つときは手札の枚数をきちんと確認しなければならない。

唯一の弱点はマナが軽いのでセシャトのドレインの期待値を下げること。

記録器を引っ張ったら1点しかドレインできない。

そのために相手ユニットの除去に失敗するケースも増えている。

しかしこれを抜くという選択肢はないな。

サーチできるだけ良し、と思うべきか。

 

・ウアス杖の裁き

封印してから1点を与える癖のあるカード。

だがテキスト効果が強力で、スタッツ変化系のデッキも多いメフィスト環境では、封印の効果が非常に大きい。

1ドローの付いているセクメトの血酒もあるが、1点ダメージで除去を担えるウアス杖の方が個人的にはおすすめ。

特にアグロハデスでよく見る喜劇役者、ジェイ、メルポメネーにアドをとらせずに除去できるし、イズモのネコマタや巴御前などのHP1ユニットも早々に除去できる。

イザナミのお供で出てくるヨモツシコメを綺麗に捌けるのも偉い。

ただし、これもセシャトドレインの期待値を下げる。

あと、怨念でHPを1にされたユニットにはくれぐれも使わないように。

 

・ピラミッドの瘴気

3マナでユニット1体のATとHPを−2するカード。

シンプルだがATもHPも下げられるので、大型ユニットのATを下げてダメージを緩和したりでき、終盤に引いても腐らない。

AT2以下のユニットを封印して破壊する収穫者と相性が良く、7マナあれば1ターンでAT4のユニットまで封印して破壊できる。

難点は除去としての性能が今ひとつなところ。

カードを1対1交換しかできないので、アドはまったく取れない。

 

・ミイラの没薬

ユニット1体を破壊して、2/1のミイラを場に出す。

破壊するので破壊時能力は発動される。

2/1のユニットが残るのでアグロに対する除去にはなり得ないが、大型ユニットや高機能ユニットを3マナで無力化できるのは強い。

1枚挿して置くと安心できるカードではある。

問題はアグロに刺さらないことなので、序盤をしのぐためのスペルというよりはミッドレンジより遅いデッキに対するカード。

 

1〜3マナ圏のスペルならこのくらいだろうか。

ユニットと合わせて、どのようにして序盤をクリアするかを考えなければならない。

もちろん想定される相手デッキ、つまり環境によって採用されるカードは変わってくる。

その微妙な選択の違いが、その人の組むデッキの個性になってくるし、勝率も変わってくるので面白い。

ちなみに公式に私が獅子王杯で使用したデッキが掲載されていた。

dxm-portal.gamematome.jp

このデッキでは「ウアス杖の裁き」、「セシャトの記録器」、「アーモロートの仮面屋」、「ミイラの猟犬」、「ピラミッドの瘴気」を2枚ずつ、計10枚を序盤対策として採用している。

これも正解かどうかはわからない。

たまたま結果が出ていただけで。

そこからいろいろ微調整を加えていた結果、すっかり迷子になっている感じである。

まぁ、そうやっていろいろ悩むのもTCGの醍醐味なのだが。