異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 京阪杯 〜予想〜

京阪杯

◎:6ビップライブラリー

◯:7ソルヴェイグ

▲:15アットザシーサイド

△:5ヒルノデイバロー

△:9メラグラーナ

△:14イッテツ

 

ジャパンカップの裏で京都で行われる芝のスプリント。

例年結構荒れているみたいなので、データはある程度抑えておきたい。

4枠以内の内枠、10月以降のレースで7着以内、5歳以下、前走京都か阪神が優勢。

10月以降のJRAのレースで勝っている馬はさらに堅実。

 

本命はビップライブラリー。

前走のスワンSは直線で内を突いたが叩き合いに負けて4着。

しかし、しぶとく良い脚を使っていたと思う。

前走は3歳時以来の重賞だったし、負けた相手もヒルノデイバローを除けば、マイルCS3着のサングレーザーとレッツゴードンキ

このメンバーならここは一気に勝つことまで期待したい。

 

対抗は現状で1番人気のソルヴェイグ

前走のオパールSは逃げてペースを作りながら、きっちり勝ち切った。

前々走のキーンランドCでもエポワスに最後差されたものの2着。

ヴィクトリアマイルでも掲示板は確保しており、成績は安定している。

データ的にもバッチリで疑う理由はないのだが、荒れがちなレースで1番人気は軸にしないことにしているので印を落とした。

それだけ。

 

単穴はアットザシーサイド

条件戦から再出発して連勝で上がってきた。

キレ勝負というよりは、こちらも粘り強く走るタイプか。

データ的には外枠なのが気にかかるが、8枠も過去10年に2着に3頭入ってはいるので、まぁ目をつぶっていい範囲かな。

このメンバーなら四位騎手の継続騎乗というのもプラスに捉えたい。

 

ヒルノデイバローは前走のスワンS2着、前々走のオパールS2着と好走を続けているが、ときどき凡走するのでイマイチ信用できない。

6歳というのもデータ的には引っかかる。

それでもキーンランドC以外は近走は安定した成績を残しており、切るのは早計だろう。

 

メラグラーナは前走のスプリンターズSは7着。

メンバーレベルを考えればここで勝ってもおかしくないが、こちらもときどき凡走をかますのであまり良い印象がなくなっている。

ただし調子の悪い戸崎騎手から、ここはシュタルケ騎手に乗り替わり。

鞍上が変わって馬も一変、ということも無きにしも非ず、と思って抑えておきたい。

 

ソルヴェイグヒルノデイバローといったオパールS組を評価するなら、同レース3着のイッテツも抑えておきたい。

思ったような結果が出ず、一時期ダート替わりもしていたようだが、芝に戻ってきて少しずつ良くなっていると思う。

先行馬が押し切るような展開になるなら、この馬あたりが穴馬として3着内に飛び込んでくるかもしれない。

 

結局、仕事終わりに色々やりながら、疲れた頭で検討したので身が入らなかった。

明日もプライベートの予定が山盛り。

何もしないで良い日を作りたいなぁ。

できれば一人で過ごせる日で。