異呆人

毒にも薬にもならない呟き

「リベラル」とは?ついでに棄権や白票のもたらすものについて

週末は選挙である。

いつもは不在者投票で済ませることが多いのだが、今回は逆に不在者投票をする暇がなく、当日に投票に行くことになった。

たぶん妻と行くことになる。

妻はこれまでは、いつも同居していた義父と一緒に行っていたらしい。

田舎だから、別々に投票に行って「お父さんと一緒じゃないの?」なんて言われるのがめんどくさかったらしい。

妻は妻で投票先をいろいろ考えているようで、ポストに投函される選挙ビラなんかを真面目に読んでいる。

きちんと考えるのは良いことである。

私は妻と政治の話はしない。

私がそれっぽく話すと、たぶん妻は流される。

自分で考えて自分で決めたらいい。

少なくとも今の日本では、妻の投票先一つで大勢は変わらない。

 

閑話休題

最近、選挙の話でとても気になることがある。

「リベラル」という言葉の使い方である。

これはネットやマスメディアでも、ちょこちょこ指摘されている。

「リベラル」というのは、国家や社会でなく個人が自由に意思決定することを重んじる自由主義を指す。

あるいは経済的に言えば、国の干渉を最低限にし、個人が自由の経済活動を重視する「小さな政府」を目指す立場を指す。

日本では主に「穏健な改革勢力」を指してきた。

その日本流の使い方をしても、最近の「リベラル」という言葉の使い方はちょっといただけないのではないかと思う。

まかり間違っても、「保守」が「右派」、「リベラル」が「左派」を指すわけではない。

「穏健な改革勢力」と言えばそうなのかもしれないが、「リベラル」勢力に共産党が一括りにされることに甚だしい違和感を感じる。

パン屋の軒先に握り寿司を見かけたくらいの違和感である。

 

世論調査などでは、与党が概ね優勢であることが伝えられている。

小池さんが民進党の「リベラル」勢力を「排除」したことで、野党が分裂してしまったことが原因と見る向きが多い。

確かにそうだとも言える。

だが政治的思想に基づいて選挙協力するのでなければ、それはただの烏合の衆だし、思想信条の近い人と共に選挙を戦うことにしたことは悪いことではなかったと思う。

問題だったのは「排除」という、いかにも狭量な言葉を使ってしまったことにある。

民意に敏感な小池さんらしくもない。

大勢有利と見て、強気に出たのが裏目に出たか。

いずれにしても「覆水盆に返らず」である。

最近は世論調査にもブレが出ているので確かではないだろうが、与党が勝つ流れにはなっているだろう。

 

私はまだ投票先を決めかねている。

syuten0416.hatenablog.com

そう言えばこの記事では、私は共産党などを「いわゆる」付きでリベラルに一括りにしているなぁ。

ともかく、白票も選択肢の一つとして検討中である。

白票や棄権を推奨している人たちもいるらしい。

また反対に、それらに反対の人たちも多い。

私は選択肢の一つとして、白票や棄権は構わないと思っている。

ただし、それがもたらすことは知っておかなければならない。

 

白票も棄権も、もたらす結果は同じである。

白票を入れたところで無効票としてカウントされるだけで、何にもならない。

棄権しているのと変わらない。

投票率が上がるかどうか、というだけである。

何かが訴えられるわけではない。

そして白票や棄権は、結果的に勝っている第1党を利することになる。

つまり現状では、自民党に票を入れているのと変わらない効果が出てしまう。

だから本当に安倍さんが嫌だったり、自民党が嫌いだったりするなら、白票を投じたり棄権したりしてはいけない。

野党に投票するのとどちらが嫌かを判断しなければならない。

 

ちなみに、私が今回の選挙で気にしていることは2点だけである。

憲法に対するスタンス(改憲派

・消費税に対するスタンス(増税派)

それ以外のことは五十歩百歩だと思っている。

この2点に関して私のスタンスと同じなのは、実は自民党しかない。

でも、今の安倍さんの国会運営の仕方には異論がある。

また憲法改正についても、安倍さんのようなかなり右寄りの人と、私の考えるものとは開きがあると思っている。

だからいまいち、積極的に自民党に投票する気になれない。

安倍さんを降ろすなら自民党に投票してもいいと思えるくらいである。

こういう風に考えているから、白票でもいいかと思っているのである。

他の政党に投票するくらいなら、自民党への投票もやむなしと考えるから。

棄権や白票を考えている人は、それがもたらす結果についても十分に考えてほしいなと思う。