異呆人

ノンフェータルなペシミズム

2017 府中牝馬ステークス、秋華賞 〜予想〜

府中牝馬ステークス

◎:7アドマイヤリード

◯:10クインズミラーグロ

▲:11クロコスミア

△:12ワンブレスアウェイ

 
秋の女王を見据えた牝馬戦。
先週の毎日王冠に続いて、G1馬が多数出走して見応えがありそう。
1,2番人気は勝てていないが、3着内率で見ると5番人気以内は非常に優秀。
有力どころはしっかり抑えながら、トリガミにならないように買い方も注意したい。
 
本命はアドマイヤリード。
週末の東京は雨予報。
渋った馬場も歓迎のこの馬にはもってこい。
直線の長い東京も合う。
前走は展開が向かなかったが、ここは見直していきたい。
主戦のルメール騎手をヴィブロス取られてしまったが、戸崎騎手が意地を見せてくれることを期待。
 
対抗はクインズミラーグロ。
重賞はなかなか勝ち切れないが、成績は安定しているし、今回54kgで出走できる馬のなかでは実績上位。
渋った馬場も大丈夫そうだし、重賞初制覇もあるかもしれない。
 
単穴はクロコスミア。
渋った馬場での成績もまずまずだし、単純に逃げての前残りを期待。
近走の成績はパッとしないが、もっとやれてもいいと思う。
個人的に好きな馬というのもある。
 
ワンブレスアウェイはここにバッチリ合わせてきた感じで、調教も良さそうで面白そう。
主戦の戸崎騎手ではなく初騎乗の田辺騎手というのが気になるが、ホームと言える東京なら良い競馬が出来そう。
 
ヴィブロスはドバイ帰りの7ヶ月ぶりというのがイマイチ信用できないが、秋華賞の勝ち馬で、ドバイも勝って帰ってくることを考えれば軽視できないか。
 
あとはクイーンズリングも抑えておきたい。
近走の成績は今ひとつだし、渋った馬場での成績も微妙。
しかし春よりは秋の方が走る馬だし、妙味次第では切ろうかとも思うが、下手に人気落ちするなら美味しいと思う。
 
 
◎:14ディアドラ
◯:1アエロリット
▲:2ラビットラン
△:3モズカッチャン
☆:8カワキタエンカ
 
3歳牝馬3冠の最終戦
ソウルスターリングがいないのは残念だが、3歳牝馬戦を賑わせてきた馬が揃った感じで悩ましい。
日曜の京都も雨予報だし。
データ的には安定して好走している馬は成績が良く、前走で先頭から0.2秒以上差をつけられている馬は今ひとつ。
 
本命はディアドラ。
前走は僅差での勝ちだったが、着差以上に強さを感じた。
走るたびに良くなっている気がするし、渋った馬場も大丈夫そう。
できれば岩田騎手に乗って欲しかったと思うが、ルメール騎手が乗ることに不安はないだろう。
 
対抗はアエロリット。
馬場状態との相性が不安なので本当はもう少し評価を下げるつもりだったが、京都で1枠1番の先行馬ということで見直した。
前々走のNHKマイルC、初めて古馬相手に走った前走のクイーンSの強さを見れば、多少の不安材料は取るに足りないかもしれない。
 
単穴はラビットラン。
前走のローズSでは圧巻の豪脚を披露して勝った。
後方からの競馬でしか勝っておらず、展開によってはまったく差し届かないことも考えられるが、逆に前走の再現もあるかなと思わせられる。
ダートの経験もあり、力のいる馬場でも何とかなるだろう。
 
モズカッチャンは、前走のローズSは最後伸びずに力なく敗北。
オークス以来だったことを考えれば、極端に評価を落とす必要はないかなと思う。
重めの馬場なら若干の不安を感じるが。
鞍上は引き続きここ一番に強いデムーロ騎手。
前走で和田騎手の引き立て役に回ったまま終わるとは思えない。
 
リスグラシューは相変わらず惜しい競馬のオンパレード。
3着内を考えれば切るのが怖いが、自信を持って推せる感じでもない。
もっとやれてもいいはずだとは思うので、巻き返しを期待したい。
 
ハナを切るであろうカワキタエンカは好きな1頭。
展開次第ではワンチャンあると思う。
渋った馬場もOKだし、実は長めの距離が良いのではないかと思う(1800mに限れば2-2-0-0)。
頑張ってほしい。
 
今週末も日曜は休日出勤。
平日の振替休日で少し疲れは取ったが、なかなか休まらない。
せめて馬券で心癒されたいものである。