異呆人

毒にも薬にもならない呟き

白票を投ずる

選挙が決まった。

教育無償化の是非を問うというのが、安倍さんの掲げた大義のようである。
その後の流れは連日TVや何やで報道されている通り、立ち上がったばかりの希望の党に旧民進党が合流し、小池さんが代表になることになり、希望の党に受け入れてもらえないリベラル派の議員は枝野さんを中心に立憲民主党を作った。
立憲民主党社民党共産党選挙協力していくことになるのだろう。
いわゆる保守とリベラルが綺麗に色分けされることになり、わかりやすいと言えばわかりやすい。
そもそも政党というのは政策がある程度一致していないと運営できないのだから、色分けされるのは必然でもある。
しかしながら、いまだに保守とかリベラルとか言ってること自体が、古い体質の政治そのものだなと思う。
安全保障に関する政策だけが大事なわけではない。
というか、市井の人々にとっては、もっとやってもらいたいことがあるはずだ。
 
最近の安倍さんの政治のやり方は随分殿様というか傲慢なので、何事もなければ民進党に票を入れるのもアリかなぁと思っていた。
民進党はまったくもって一枚岩ではなかったし、故に政策的にどうこうというレベルではないのだが、それでもバランスを取って慎重な国会運営をしてもらうためにも、自民党には議席を大幅に減らしてもらわなければならないと思っていた。
だが、前原さんが希望の党への合流を決めて、票のやり場がなくなった。
私は小池さんをどうしても支持できない。
確かに策士であって、政局には概ね強いのだが、策を講じてやっていることを見ていると、総理大臣になることそのものが目的のように思えてならない。
人気取りの政策ばかりで、本当に日本の将来を考えていると思えない。
消費税増税の凍結にしても、原発0にしてもそうである。
都知事を踏み台にして国政に戻るつもりであることはもともと明白だったので今更だが、それにしてもその露骨なやり方には単に嫌悪感を覚える。
都知事選で彼女に票を入れた東京都民の気持ちをどう考えているのだろう。
 
希望の党への合流を決めた旧民進党の前原さんにとっては、文字通り捨て身の策だった。
自分たちが(あるいは自分自身が)国政において埋没しないためにも、話題性のある動きをしなければならなかった。
確かに話題作りにはなったし、ともすれば再び政権を狙える流れを作ったのだが、恥も外聞もないやり方である。
生き残れれば何でもいいと言わんばかりに見える。
分裂した立憲民主党共産党と組むのであれば票は入れない。
こう考えていくと票を入れるところがなくなってしまう。
だから前回の選挙では白票を投じた。
今回もどうしようか悩んでいる。
政策的には自民党のそれが一番しっくりくるのだが、教育無償化とか言って歳出を膨らませるつもりなのが気に入らない。
教育無償化に関しては以前に記事を書いたが、私はもっと別の社会保障に当てて、低所得者の生活を保障した方がいいと思っている。
 
それにしても、なぜこうもツケを先送りするようなことばかりするのだろう。
将来世代のことを考えれば、国の赤字を解消しろとまでは言わないまでも、プライマリーバランスは黒字にするべきだろう。
結局、ポピュリズムに流される日本の政治家と、そんな政治家に票を入れる国民が悪いのである。
救いようがない。
つまり、希望の党どころか自民党にも、どこにも希望はないと言える。
政治はゲームではない。
どこの党が勝った負けたなんて、究極的にはどうでもいい話である。
なのに政局にかまけている政治家を見ると、結局日本のことではなく自分たちの身の上を考えて行動しているのだなと思えてしまう。
 
そんなことを考えていると、自分が望むような政治をしてもらうには、何か政治に関わる活動に自分で携わるしかないのかなとも思う。
政治家になるとかではなくて、もっと市民運動的な感じで。
でも、めんどくさい。
もっとこうした方がいい、ああした方がいいというのはあるが、根はニヒリストだから、その労力をかけてまですることと思えない。
めんどくささを引き受けて苦労するよりは、自分のことだけ考えて絶望している方が楽なのが今の世の中だと思う。
でも完全に責任放棄するというか、投票に行かないというのは無責任だと思える。
だから棄権より明白なすべての政党への否定のメッセージということで、私は白票を投ずる。
そんな自己満足しかできないのが悲しいが。