異呆人

毒にも薬にもならない呟き

BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER@幕張メッセに行ってきた

3連休の最終日はがっつり仕事。

その前に、BUMPのライブに行ってきた。

ライブに行くのは3回目。

ライブが好きなわけではなく、BUMPが好きなだけなので、BUMP以外のライブには行ったことがないし、BUMPのライブもそんなにたくさん行くわけではない。

それでも藤原さんの声を生で聴けるのは感動するし、できればツアーやるときは1回くらいは参加したい。

今回はアルバムツアーじゃなかったので、新旧の曲をいろいろ織り交ぜてやってくれた。

自分でも「久々に聴くなぁ」という曲がいくつかあって、これからゆっくり復習したい。

アンコールが個人的にどストライクで、とても嬉しかった。

 

で、今回私が聴いたセトリには入っていなかったが、好きな曲を一つ。

「真っ赤な空を見ただろうか」

 

 

溜め息の訳を聞いてみても 自分のじゃないから解らない

だからせめて知りたがる 解らないくせに聞きたがる

 

あいつの痛みはあいつのもの 分けてもらう手段が解らない

だけど力になりたがる こいつの痛みもこいつのもの

 

ふたりがひとつだったなら 同じ鞄を背負えただろう

ふたりがひとつだったなら 別れの日など来ないだろう

 

言葉ばかり必死になって やっと幾つか覚えたのに

ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは

 

いろんな世界を覗く度に いろんな事が恥ずかしくなった

子供のままじゃみっともないからと 爪先で立つ本当のガキだ

 

夕焼け空きれいだと思う 心をどうか殺さないで

そんな心 馬鹿正直に 話すことを馬鹿にしないで

 

ひとりがふたつだったから 見られる怖さが生まれたよ

ひとりがふたつだったから 見つめる強さも生まれるよ

 

理屈ばかりこねまわして すっかり冷めた胸の奥が

ただ一度の微笑みで こんなに見事に燃えるとは

 

ふたりがひとつだったなら 出会う日など来なかっただろう

 

大切な人に唄いたい 聞こえているのかも解らない

だからせめて続けたい 続ける意味さえ解らない

 

ひとりで見た真っ赤な空 君もどこかで見ただろうか

僕の好きな微笑みを 重ねて浮かべた夕焼け空

 

ただ一度の微笑みに こんなに勇気を貰うとは

ここまで喉が震えるとは

 

 

朱天というHNは、中学生で初めてネットの世界に入ったときに決めた名前。

私は今も昔も、真っ赤な空が大好きだ。

 

m.youtube.com