異呆人

ノンフェータルなペシミズム

2017 関西TVローズステークス、朝日杯セントライト記念 〜予想〜

・関西TVローズステークス

◎:10レーヌミノル

◯:6リスグラシュー

▲:17ファンディーナ

△:2モズカッチャン

△:15カラクレナイ

☆:16カワキタエンカ

 

秋の大一番、秋華賞の行方を占うトライアルレース。

桜花賞オークスと春の牝馬2冠を戦ってきた馬などメンバー揃った感じ。

その牝馬2冠で上位争いをした馬、2000m以上のレースを経験している馬の成績が、データ的には良い。

手堅く当てておきたいところ。

 

本命は桜花賞馬、レーヌミノル

土曜の阪神競馬場は雨が予想される。

道悪の桜花賞を勝った実績を素直に評価したい。

距離も何とかなるだろう。

桜花賞の臨戦過程では仕上がりが遅いように感じたのでその点が不安だが、陣営は及第点レベルには仕上がっていると見ているようなので本命にする。

 

対抗は桜花賞レーヌミノルの2着だったリスグラシュー

こちらも同じく、稍重桜花賞での実績を評価。

距離は大丈夫そうだが、かかり気味の気性がやや不安。

それでもオークスで5着に入っているのだから、あとは武豊騎手の手腕を信じるだけだろう。

 

単穴はファンディーナ。

春は皐月賞に進んだので力関係の比較が難しいが、意外とポンと勝ってしまうのではないかという気もする。

本命にしようかとも思ったが、仕上がりが余裕残しっぽいという陣営のコメントを見たので印を下げた。

 

モズカッチャンはオークス2着の実績、得意の中距離であることを考えれば切れない。

デビュー時は湿った馬場での成績が悪く、その点が心配で抑えまでとした。

乗り替わりのデムーロ騎手がどういう騎乗を見せるか。

 

カラクレナイは桜花賞では後方から鋭い末脚で追って4着、オークスでは馬群に包まれてやる気も見せずにブービー

ここでも勝負になる実力馬だと思うが、距離はマイルくらいまでが良いのではないだろうか。

それでも怖いので抑えておくつもり。

 

ワキタエンカはハナを切りそうな馬が他に見当たらないことを考えれば、楽に逃げればワンチャンあるかもしれない。

初騎乗の横山典騎手も不気味なところ。

あとはハローユニコーンあたりも面白そうな気がするのだが。

 

・朝日杯セントライト記念

◎:アルアイン

◯:サトノクロニクル

▲:ミッキースワロー

△:クリンチャー

△:サーレンブラント

 

こちらは菊花賞のトライアルレース。

実は昨年初めて中央の馬券を買ったレースで、そして初めて的中させた私にとって思い出深いレースである。

昨年の勝ち馬、ディーマジェスティがその後イマイチ活躍していないのが残念なところだが、それはそれ。

せっかくなので今年も当てたいものである。

重賞勝ち馬、ダービー出走馬、脚質が差し馬の成績がデータ的には優秀。

キャリア9戦以上、前走馬体重470kg未満の軽量馬の成績は今ひとつ。

 

本命は皐月賞馬のアルアイン

ダービーも大した差のない5着で、このメンツでの実績は抜群。

先行馬であることだけがデータに合わないが、それだけで印は落とせないほど抜けている。

鞍上にルメール騎手を配し、必勝の構えか。

 

対抗はサトノクロニクル。

前走ラジオNIKKEI賞は、直線でコースがなく出たいところで出られず。

ハンデ戦で最重量の57kgを背負わされていたことも影響したか。

実力はこのメンツなら文句なしだろう。

こちらは乗り替わりでデムーロ騎手。

「とりあえず外国人乗せとけ」みたいな風潮はどうかと思うが、馬券を買う側からしたら怖いのは怖い。

 

単穴はミッキースワロー。

前走の1000万下は古馬相手に最後方から追い込んでタイム差なしの3着。

中山や福島を多く走ってきており、舞台適正もありそう。

 

クリンチャーはダービーでは見せ場がなかったが、皐月賞4着の実績は侮れないか。

サーレンブラントは前走で後方から追い込んだ脚が魅力的。

他にもどっこいどっこいの成績の馬はたくさんいて悩ましいところだが、だからこそ買い方を含めて絞っていきたいところ。

 

さて、まずは先週きっちり負けたので、ここで少しでも取り返しておきたいなぁ。