異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 紫苑ステークス、京成杯オータムハンデキャップ、産経杯セントウルステークス 〜結果〜

syuten0416.hatenablog.com

 

・買った馬券

3連複軸1頭:16ー3、7、12、15

馬連:16ー3、12

 

妙味が薄いのでホウオウパヒュームを切り、本命のディアドラを軸に3連複ながし。

買い目が減ったので、堅そうなディアドラから馬連を2点追加。

ディアドラ以外がイマイチ自信がないんだよなぁ。

 

結果

1着:16ディアドラ ◎

2着:11カリビアンゴールド

3着:7ポールヴァンドル △

 

思ったほどペースが流れず、前にいたカリビアンゴールドが粘れてしまった。

読み違いとカリビアンゴールドを切っていたことがすべて。

ライジングリーズンは後ろからポールヴァンドルと並ぶ最速の上がりで追ったが、さすがに位置が後ろ過ぎた。

これは取りたかったレースだなぁ。

さておき、ディアドラはこれからの秋戦線での活躍が楽しみな1頭だと思う。

 

 

syuten0416.hatenablog.com

 

京成杯オータムハンデキャップ

買った馬券

3連複軸1頭:6ー2、5、8、9、11

 

シンプルに本命軸の3連複ながしのみ。

グランシルクさえ飛ばなければ、なんとか引っかかりそうな気がする。

問題はどの馬が飛び込んでくるか。

 

結果

1着:6グランシルク

2着:3ガリバルディ

3着:13ダノンリバティ

 

本命のグランシルクは理想的な運びで直線を迎え、追い込んで見事に完勝。

しかしながらヒモが全然ダメ。

「本命さえ飛ばなければ」とか思っていた自分の不明を全力で恥じたい。

ガリバルディは検討はしたが、近走の重賞成績を見るとやはり買えないかなと思っていた。

ダノンリバティは単に枠で切ったが見事に失敗。

後方から競馬をする馬にとって悪くない展開だったと思うが、これは単に実力の差と考えた方がいいだろうか。

 

・産経杯セントウルステークス

買った馬券

3連複軸1頭:14ー2、3、7

3連単:14→2、3、7→2、3、7

ワイド:11ー2、14

 

買い目を絞ったので、本命のフィドゥーシアを頭に固定した3連単を中心に買ってみた。

あとは本命を軸に印上位の馬に3連複ながしと、穴妙味のあるスノードラゴンから本命と対抗にワイドを。

決まればまずまずの配当がつくので、フィドゥーシアの勝ちを期待するしかない。

 

結果

1着:7ファインニードル

2着:6ラインミーティア

3着:13ダンスディレクター

 

予想外にフィドゥーシアが果敢にハナを取りに行き、これは大丈夫だろうかと見守る羽目になる。

案の定、直線で力尽き、「待ってました」とばかりに後ろで構えていた馬たちに取り込まれた。

ラインミーティアは迷ったが、近走の好成績が直線レースばかりだったので切ってしまった。

アイビスSD経由の馬は成績が良いレースなので警戒はしていたが…。

ダンスディレクターは久々だったので、完全に甘く見ていた。

やっぱり強かったね、という感じ。


結局、秋競馬のスタートは全敗。

きっちり1番人気が勝つレースばかりだったので、一つくらいは取りたかったというのが本音。

ただ正直なところ、いろいろ忙しくて検討する時間が十分に取れなかったというのもある。

来週以降も時間的には厳しい中、どこまで競馬に時間を取れるかなぁ。

まぁ、ぼちぼち楽しむということで。