異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 紫苑ステークス 〜予想〜

紫苑ステークス

◎:16ディアドラ

◯:3ライジングリーズン

▲:12マナローラ

△:15ルヴォワール

△:7ポールヴァンドル

△:8ホウオウパヒューム

 

秋華賞に向けたトライアルの3歳牝馬限定重賞。

500万下を勝って抜けた馬の成績が良いのと、逃げ馬の成績が今ひとつなのが目につく。

ただし重賞になったのは昨年からなので、データは今ひとつ当てにならないかもしれない。

 

本命はディアドラ。

オークス4着の成績は出走馬では抜群。

後方から上がり最速の脚で追い上げ、あわや3着という内容だった。

休み明けに札幌で一っ走りしてから望む今回は、軸にするのに最適だと思う。

 

対抗はそのディアドラをアネモネSで破っているライジングリーズン。

中山は3勝負けなしと相性も良い。

休み明けの前走がさっぱりだったのと、距離延長が気になるが、実力上位とみていいだろう。

 

単穴はマナローラ

オークスでは最後方からまずまずの末脚を見せていた。

意外と人気薄なら美味しい馬かなと思う。

勝った2戦は重馬場というのが評価の難しいところだが、負けたレースはマイル以下か2400mでもある。

適距離なら勝負になってもいいはず。

 

ルヴォワールは中山2連勝で挑むあたり、いかにも人気しそうだが、新馬戦は軽斤量だったし前走は少頭数。

切りはしないが実力の把握が難しく、危険な人気馬になる可能性もあると思う。

 

ポールヴァンドルは中山2-1-0-0と好相性。

勝利を抜けるのに時間がかかったが、意外と強敵と当たっていてやむを得ないところもあったかもしれない。

信頼性は高くないが、面白い1頭だとは思う。

 

ホウオウパヒュームは近走の重賞ではさっぱりだが、実力はあると思う。

小回りの方が合いそうだし、人気落ちするなら見直したい。

 

サロニカは前走取消で7ヶ月ぶり。

おまけに初輸送。

実力馬だとは思うが、ここは様子見したい。

 

検討する時間が十分に取れず、予想が少し雑だなと思う。

明日、もうちょっと検討しようかな。

でもそうしたら、日曜の2重賞を検討する時間がないという…。

地味に忙しくて嫌。