異呆人

毒にも薬にもならない呟き

VALU騒動と経済活動と人間の価値

valu.is

news.yahoo.co.jp

 

これについて何らか書く前に、「そもそもVALUって何ですか?」というところから始めなければならないだろう。

VALUは株式会社VALUが運営する擬似株式、あるいは疑似通貨である。

VALUのHPには「あなたの価値を、VALUでシェア」と謳われているように、特定の個人やその人が提供するサービスの価値を示す指標のようなものとされている。

仕組みは単純なようで複雑。

VALUは誰でも発行できる。

ワンコイン(500円)らしい。

そして、それを自分を応援したいと思ってくれる人に売ることができる。

買う動機となるのは、発行者がVALU保有者(VALUER)に行う優待。

「私のVALUを持っている人にはこんな価値を提供しますよ」と、好きに謳うことができる。

「いいね!」と思ってVALUを買う人が増えると、その人のVALUの価値が上がる。

つまり、人気のある人のVALUを早いうちに買っておいて、あとで高値で売ることが可能な仕組みである。

 

仕組み的には株式に近い。

自分の価値を株式にして上場し、誰かが買ってくれれば値段が上がる。

売られれば値段が下がる。

当初はHPでも擬似株式としての性格を説明していたが、騒動後に削除されたようである。

この記事を書き始めた時点では残っていたが、今はもうない。

あと、クラウドファンディングなんかにも近い。

やりたいことはあるけどお金はない人が、自分のやりたいことに賛同する人からお金を集められる。

クラウドファンディングと違うのは、投資した資金がVALUという資産の形で残り、それが流通することで価格変動する点である。

限りなく寄付に近い性格を持つクラウドファンディングより、見返りがわかりやすい分、投資しやすいとも考えられる。

 

騒動というのは、あるユーチューバーがこのVALUを発行し、それを買う人が増えて値段が上がったときに、自分が保有するVALUを全部手放したという話らしい。

具体的にどうやったのかは知らないが、株式と同じ性格ならできないことはない。

そしてそうであるなら、大量に売った後は価格が暴落する。

それによって、VALU保有していた他のVALUERが損失を被ったという話である。

倫理的な問題はあるだろうが、ルール的には問題ない気がする。

世の中のスタートアップ企業だって、起業者は企業の価値が上がり、上場して値がつき株価が上がり、そのときに保有している株式を売り出すことで億万長者になれるし、それを一つの目標としている節がある。

ビルゲイツが世界一の金持ちになったのと同じ理屈である。

ただしVALUの場合は、現状では株式ほど流通していないので価格変動しやすいだろう。

まとまった売りが入れば簡単に暴落する。

 

VALU自体は面白い仕組みだなとは思う。

株式と違って手軽に始められるので、一個人がちょっとやってみるのには丁度良いだろう。

ただし、現状では世の中のゲームチェンジャーになれるだけの素養はない。

なぜなら、経済活動は信用によって成り立っているからである。

1万円札が1万円札たり得るのは、皆がそれを1万円であると信じているからである。

そうでなければ、あんなものはちょっと上等な紙切れでしかない。

順を追って書いていると長くなるのですっ飛ばすが、VALUも同じである。

株式というのは上場にあたって厳しい審査がある。

だから上場している企業が簡単に倒産することはない。

よって、皆がある程度安心して株式を買えるのである。

VALUfacebookアカウントがないと発行できないので、ある程度は身元保証しているつもりだろうが、どこの誰とわかる程度の人間を応援するのである。

ちなみにVALUの発行者がこの仕組みを抜けると、VALUERが持っているその人のVALUは無価値になる。

告知期間があるようだが、「3ヶ月後に無価値になりますよ」と告知が出れば売りが殺到するだろう。

その過程で価格は暴落し、間違いなく損をする。

これでは安心してVALUを買えない。

 

だからVALUという企業自身は株式としての投資的性格より、「この人を応援したい」と思える人に投資するという、いわゆる「ファン」としての性格をアピールしている。

だったら流通させて価値変動するようにしなくても良い気がする。

プチクラウドファンディングとして運営すればいい。

その辺りがとても矛盾している。

あと、このVALUの決済はビットコインを用いて行われる。

ビットコイン自体が価格変動するので、二重のリスクがある。

投資としてやるにはあまりにリスキーだ。

なんというか、運営側が手数料を取りたいだけなんじゃないかという気がする。

人類の経済活動のシステムは、何千年という時間をかけて育まれてきたものである。

貨幣経済のゲームチェンジャーになり得るビットコインすら、例の破産事件など、まだ信用に足らないという側面がある。

皆が共通認識を持ち得るだけの信用を得るには、VALUのVALUER保護の仕組みは稚拙過ぎる。

 

そもそも「あなたの価値」と謳われているが、人間の価値ってなんだろうか。

人の価値というのは、その人が何であるかではなく、その人が何をするかによって決まる。

「あなたは存在するだけで価値があるのよ」なんていう優しいセリフを投げてくれるのは、心優しい母親だけである。

いや、親にだって、無条件に子供が価値があるとは限らない。

口減らしが行われてきた歴史はあるし、働けなくなったら山に捨てられる婆さんだっていた。

タダ飯食らいはいらないと思われるのである。

家族においてだってそうならば、いわんや社会においてをや。

人間の価値というのが誰にとっての価値なのかによるが、多くの他人にとって一個人の価値というのは、社会に対して何を還元できるかということにある。

多くの人は、それを労働といった形で提供している。

 

何が言いたいかって、真面目に働けということである。

こういったちょっと面白い仕組みを利用して、自分の夢や趣味に金銭価値をつけようとするのは悪いことではないが、その人の提供できる価値が本物なら、お金を払って購入しようとする人がいるはずである。

つまり、それが仕事、労働になる。

それがそうでないなら、さっさと見切りをつけて社会的に価値を認められる労働をした方が有益である。

好きで働いている人は、そういない。

趣味や遊びを仕事にできる人は、そういない。

労働というのは苦しいものである。

存分に苦しめ、それが人生だ。

「人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず」である。