異呆人

毒にも薬にもならない呟き

「この」アプリ:其の三 〜シノアリス〜

不定期連載の気になるゲームを紹介する記事、第三弾。

むしろまだ3本目の記事だというあたりが、やる気のなさを表している。

ということで、今回紹介するゲームは「SINoALICE(シノアリス)」。

スクエアエニックスが送り出す異色のダークファンタジーである。

厳密にはスクエニとポケラボの共同運営・企画らしい。

どんな分担で運営しているのか知らないが、だいぶ王道からは遠い尖ったゲームになっていることは間違いない。

 

キャッチコピーが「それは『最悪』の物語」。

この段階で不穏なオーラしか感じさせない。

むしろこの不穏さがシノアリスのウリであり、魅力であると言える。

キャラクターは童話などの物語の女性主人公たち。

スノウホワイト(白雪姫)、赤ずきん不思議の国のアリス、シンデレラ、etc…。

当世風の美麗なビジュアルの女性キャラクターたちの可愛さはあるが、「可愛い」とか「萌え」といった要素だけでゴリ押ししない、ダークな雰囲気作りがよくできている。

トーリーは、彼女たち物語の主人公が各々の目的を果たすために物語の「作者」を蘇らせようとする、といったものである。

そのためには、自分以外の存在を排除しなければならないらしい。

かくして彼女たちは、敵とも味方ともつかない相手を片っ端から抹殺していく。

狂気と暴力が渦巻く世界である。

よくもまぁここまでやったなと思うほどの壊れっぷりだ。


とにかく、主人公の女の子たちが尋常でない。

尋常でないというのは普通でないということで、頭のネジが何本も抜け落ちているだろうというほど、人格が破綻している。

かなりプレイする人を選ぶゲームである。

ストレートに言えば、気持ち悪い。

しかし、その気持ち悪さがクセになる。

露悪趣味みたいなものである。

元来人間が持つ欲望やエゴを、刺身で出すように手を加えずに提示する。

だから気持ち悪さの底には、許されない願望の昇華があり、それが心のヒダをくすぐるのである。

ただしスプラッタシーンがあるわけでもなく、グロテスクなわけではない。

いわば、そういったホラーを映像で見るのではなく、小説で読むようなものである。

グロテスクさを包み隠し、さらに可愛さで彩りを添えているので、何とも不思議な味わいがある。


肝心のゲーム性はいたってシンプル。

いわゆるポチポチゲーである。

戦闘は武器と、ナイトメアという召喚獣のようなものの選択だけで進む。

属性ジャンケンで弱点を突く要素こそあれ、ほとんど考えずにポチポチするだけ。

少なくとも、私がプレイしている序盤はそうだ。

時間はあまりかからないが、時間が常に流れ続けるので放置できない。

今のところ、戦闘はさほど面白くはない。

トーリーを楽しむことがメインではないかと思う。

ガチャは武器とナイトメア、それから各主人公にはいろいろジョブがあって、それにより装備できる武器が変わるのだが、そのジョブが出る。

SSの出現率は高いとは言えないが、まぁゲームを普通に進める上では問題を感じない。

キャラを強くするには武器を強くすることが必要だが、強化素材は比較的簡単に手に入る。

他にもコロシアムなどいろいろな要素があるが、まだあまりプレイできていない。


あと、ヘッドホンプレイ推奨。

音楽が良いし、声優さんも頑張ってる。

とにかくダークな雰囲気作りにしっかり力が入っていて、世界観を楽しめるようになっている。

ただし、繰り返しになるがプレイする人を選ぶ。

とにかく可愛いキャラクターの性格が、徹底的に気持ち悪いから。

逆に言えば、そんなプレイする人を選ぶ尖った作品をスクエニが出したあたり、とても意気を感じる。

ナレーションキャラのギシンとアンキの小噺も、まずまず面白いし、頑張って続けて欲しいと思う。

まどマギ」とか、ダークファンタジー好きは是非どうぞ。