異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 中京記念、函館2歳ステークス 〜予想〜

中京記念

◎:3ウインガニオン

◯:10ダノンリバティ

▲:6グランシルク

△:15ブラックムーン

△:14グァンチャーレ

 

毎年そこそこ荒れるサマーマイルシリーズの開幕戦。

ここ2戦で調子を上げて来ている上がり馬が良さそうなのと、左回りの適正は考えておきたいかなと思う。

 

本命はウインガニオン。

データ的にはばっちりだし、前走はグランシルクを抑えての1着。

夏場の成績が良いことも頼もしい。

57kgは軽くないが、逃げることを考えると内側の枠も良さそうだし、ここは自信を持って推しておきたい。

 

対抗はダノンリバティ。

こちらも夏の方が成績がいい馬。

右回りよりも左の方がやや得意だし、ここは勝負になるんじゃないかと思う。

前走久々だったのに再度2ヶ月空けてるあたり、臨戦過程をどう評価すべきなのかが気になるところではある。

 

単穴はグランシルク。

重賞でも安定した成績を残している好走魔。

近走の成績だけなら出走馬中で最も好ましいのではないだろうか。

56kは恵まれた方だと思うし、なかなか勝ち切れないが、今回は勝ちまであるかもしれない。

福永騎手への乗り替わりはどう出るか。

 

ブラックムーンは重賞になると途端に勝てなくなるのが気になるが、このメンツなら勝負になっていいはず。

データ的にもいいし、個人的には外枠の差し馬にデムーロ騎手なら常に警戒しておきたい。

ブラックムーンもそうだが、グァンチャーレも叩き2戦目で臨む馬で、ここは良い走りが期待出来そう。

グァンチャーレは前走でブラックムーンにあっさり負けているが、今回は斤量差がさらに1kg広がる55kgなのが魅力。

ただし左回りの成績は悪いので、積極的な評価は難しいか。

 

他には、凡走続きだが去年は一発かましたピークトラム、マイネルアウラート、ワンアンドオンリーが気になるがどうか。

マイネルアウラートは夏場の成績がいまいち。

ワンアンドオンリーは思い切った距離短縮と、最重量58kgがどう出るか。

 

函館2歳ステークス

◎:13スズカマンサク

◯:11カシアス

▲:3デルマキセキ

△:8ウインジェルベーラ

△:2ナンヨープランタン

 

この時期の2歳重賞なんて、何もわからないというのが本音。

とりあえず出生月や馬体重などのデータを突き合わせて、あとは前走チェックしてなんとなく良さそうな馬を買うしかないか。

 

本命はスズカマンサク。

前走は綺麗にスタートを決めてすんなり逃げ切っていた。

また雨が降るかもしれないし、前残りは十分考えられる。

欲を言えば、もう少し内の枠が欲しかったか。

対抗のカシアスはキャリア2戦だが、ナンヨープランタンに負けた1戦目も決して悪くない。

2戦目の勝ちっぷりからすれば、十分勝ち負けだろう。

単穴にしたデルマキセキは、デビュー戦はギリギリでの勝利だったが、終始外を回ってのことだと考えれば案外良いような気がする。

ウインジェルベーラとナンヨープランタンはデータと枠を踏まえた比較的適当なチョイス。

馬券の買い方をどうするか悩ましいところだなぁ。