異呆人

毒にも薬にもならない呟き

スポーツの熱量とドラマ

家の近くの蔦屋では、漫画レンタルができる。

前の家の近くでもあったし、新潟に住んでいた頃もよく利用した。

最近では漫画レンタルのある店の方が多いのかもしれない。

漫画は好きだが、さほど熱心に読む方ではない。

買って手元に置いておきたいとは思わないので、レンタルで十分である。

場所によって値段が違うのか、ときおり価格設定を変えているのか知らないが、少なくとも今の家の近くの蔦屋では10冊700円、20冊1000円でレンタルできる。

買うのと比べると素晴らしいコストパフォーマンスである。

 

今、継続して読み続けているのは、「ワンピース」と「銀魂」、「ワンパンマン」、「魔方陣グルグル2」である。

「ブリーチ」も読んでいたが、ようやく完結した。

基本的にジャンプ系が好きだ。

妻も漫画は読むらしく、蔦屋でレンタルできることを伝えると、いたく喜んでいた。

銀魂」と「ガラスの仮面」が実家に置いてあるのは知っているが、あまりにジャンルが違い過ぎるため、どんな漫画が好きなのかわからない。

 

せっかく漫画レンタルを利用するのなら、2人ともが読めるものがいい。

ただ「ワンピース」を今から妻に読ませるのは巻数からして酷だし、「ワンパンマン」は面白くなさそうだった。

銀魂」は妻が途中で止まっているので、まずは最新巻まで追いついてもらわなければならない。

「グルグル」は刊行数が少ない。

1冊100円から1週間レンタルできたはずだが、そもそも安く借りようと思うなら10冊はまとめてレンタルしなければならない。

 

そこで2人で楽しめるものを一から探そうということになった。

完結してる必要はないが、ある程度巻数があるものがいい。

そんな経緯で読み始めたのが「弱虫ペダル」だった。

妻の友人が薦めていたらしい。

そういえば、私の親友も面白いと言っていたことを思い出した。

それでまずは3冊ほど借りて読んでみたのだが、これがまあ面白い。

一気読みしてしまい、それから毎週のように10冊単位でレンタルしている。

内容の面白さもあるが、スポーツ漫画なのでセリフが少なくてサクサク読める。

 

自転車漫画は学生の頃、友人が読んでいた「オーバードライブ」を借りて読んでいたが、とにかく胸が熱くなる展開にページを捲る手が止まらなかった記憶がある。

弱虫ペダル」はよりストーリーの骨格がしっかりしていて、さらに読ませる。

内容は、気になる方は読んでみたらいい。

最近は「テニスの王子様」よろしく舞台化もされるほどの人気らしいが、それも頷ける。

まあ、スポーツ漫画を舞台化することは誰得なんだろうといつも思うのだが。

 

弱虫ペダル」を読んで、私は自分がつくづくスポーツが好きなんだなと思い知らされた。

スポーツに限らず、勝ち負けのつくゲームが好きだ。

勝負に勝ちたいという気持ちは、人間の根源的で純粋な気持ちである。

その気持ちと気持ちがぶつかるところにドラマが生まれる。

そこにはお互いが費やしてきた時間や、背負ってきたものや、犠牲にしてきたものがある。

だから互いに譲れずにぶつかるしかなくなる。

複雑に価値観が絡み合う世界において、勝負の世界ははっきりしている。

勝つか負けるか、せいぜい引き分けかである。

そのシンプルさ、無情さもいい。

 

現実は小説よりも奇なり。

私自身もたくさんのドラマを目にしたり、体験したりしてきた。

だからこそ、より感情移入して楽しめるのかもしれないなと思う。