異呆人

毒にも薬にもならない呟き

テックキャンプのプログラミング体験会に行ってきた

先日、テックキャンプのプログラミング体験会に行ってきた。

経緯はやや長い。

最近、仕事で自社が導入しているシステムに触れる機会が増えている。

私はシステム屋さんではなく、営業である。

だから私の仕事はそれを作ることではなく、それの使い方を説明したり、そんでもって契約して導入してもらったりすることにある。

と言っても、そのシステム自体が自社の商品であるわけではなく、単に自社の商品を取り扱ってもらうのに、そのシステムを使ってもらわなければならない取引先があるというだけである。

うちの会社の業務で言えば、傍流のさらに傍流。

どうでもいいとまで考えている人もおり、故にきちんとした担当部署や担当者が存在しない。

 

私は個人的に、そのシステムが含まれる業務領域が、うちの会社において今後重要な位置を占めると考えている。

だから積極的に導入してもらっているし、使い方や機能やロジックについては熟知している。

担当部署がないものだから、「朱天が詳しい」と聞きに来る人もいる。

しかし重ねて言うが、私はシステム屋さんではなく、そっち方面はど素人である。

ちなみにうちのシステム部門というのは窓際寸前の部署なので、このシステムを自社開発するだけの能力はない。

要件定義だけして、開発は専門の会社に丸投げしている。

しかし、最初に要件定義するときのメンバーが頼りなかったので、非常に使い勝手の悪いものに仕上がってしまった。

方々から、ぶつくさ文句を言われる始末である。

私はその文句を聞く側の人なので、さっさと改良してもらうように依頼していた。

だが、窓際寸前のシステム部門に予算はなく、不具合に目をつむりながら使ってもらっていた。

 

そのシステムがようやく今年度に改修されることになった。

地道に上司を突き上げたり、根回ししていた甲斐があった。

ただ私は改修について検討するメンバーには入っていない。

どちらかと言えば、部外者である。

現場レベルの人は「検討メンバーに入ってほしい」と言ってくるが、私がしゃしゃり出るのを好ましく思わない上の人間は、自分たちだけで検討を進めたいようである。

結果、私は現場レベルの人から会議の内容などの報告を受け、指摘やアドバイスだけするといったわかりづらいことをする羽目になっている。

「担当じゃないし、知らねぇ」と言ってノータッチでいることもできるが、たぶんそれは「役に立たない改修に終わる」という形で、回り回って自分の首を絞めることになる。

だから真面目に黒子をやっている。

 

ただし何度も書くが、私はそっち方面はど素人である。

何が簡単にできることで、何がすごく時間のかかる作業なのか、皆目見当もつかない。

見る人が見れば、今のシステムはチープで、ちょっと知識があれば簡単に同じようなものは作れるらしいのだが、そんなことはまったくわからない。

まぁ今回のシステム改修には間に合わないにしても、一通りプログラミングについて知識を持っておくことは大切なのではないかと思い始めていた。

そこでようやく冒頭に戻る。

たまたまネットで広告を見かけたので、テックキャンプのプログラミング無料体験会とやらに参加することにした。

「無料」というのが、なんとも甘美な響きである。

内容が充実していて受講料金もお手軽だったら、実際に受けてみるのもいいだろう。

 

体験会は首都圏を中心に主要ターミナルで開催されているようだった。

私は会社帰りに寄れるように、都内の会場にした。

新しいことを始めるのはワクワクするものである。

そんなワクワク感を持って、会場に赴いた。

行ってみると、私以外に体験会に参加する人が3名いた。

皆、会社員のようで、仕事で使うというよりは興味半分で参加した人が多いようだった。

最初は受講プログラムについての説明を受けた。

どんなことをして、どんなことができるようになって、費用がどれくらいかかるか、というような話である。

 

話を聞いていると、1ヶ月で60時間程度、プログラミングに取り組む必要があるとのことだった。

延長もできるが、追加料金がかかる。

単純に割ると1日2時間である。

捻出できないことはないが、かなりハードなことは間違いない。

話を聞いていると、確かに受講することでプログラミングのイロハくらいはわかるようになり、Ruby限定だが実際にアプリを作ることもできそうである。

ただしそれは「ライザップに通えば痩せるよ!」と言われるようなものである。

結局は費用対効果、「自分にとってどれだけプログラミングが必要か?」ということになるのだろう。

 

後半は実際に簡単なプログラミングを体験してみた。

受講用のページを見ながら、「なるほど、なるほど」という感じで進んでいく。

ところどころ実際に書いてみるところがあり、打ち間違えて動かなかったりして、また「なるほど、なるほど」と思うような感じである。

あっという間に全部終わってしまい、物足りない感じだったが、素直に楽しいなと思えた。

「早いですね」と言われたが、私の能力の一つは高速での理解と習得なので、特に自分に向いているとは思わなかった。

大体のことは、一定レベルまで他人よりかなり早く身に付けられる。

そしてすぐに飽きるから、器用貧乏のオールラウンダーになるのだが。

 

さておき、とても面白かったし、プログラミングの技能も身につきそうだったので出来れば受講したいと思ったが、受講料が約12万円である。

ボーナスも入ったし、独り身なら即断できる。

自分への投資とか、いろいろな理由もつけられるので、自分を納得させることも容易である。

ただ、妻を説得する材料としては弱い。

仕事で必要なわけではない。

役には立つだろうが、具体的にその技能を私が求められているわけではない。

出せないことはないが、出す理由もそれほど明確ではない。

 

結局、妻に相談する前に自分の中で諦めることにした。

その分の費用は妻のPCの買い替えにそっくり回った。

妻は7年ほど前のPCを使っているので、お金の使い道としてはこちらの方が納得感がある。

まぁ、興味があって、お金に余裕のある人なら、受けてみるのもいいんじゃないかと思う。

将来的には必要になってくるかもしれないし、仕事やプライベートで挑戦できることの幅が広がるだろう。

ちなみに「プログラミングの体験会に行ってきた」と周囲に言ったときの反応は、「お前、どこを目指してるの?」というものだった。

いや、別にどこも目指していない。

これもまた、人生という壮大な暇潰しの一環である。