異呆人

毒にも薬にもならない呟き

デュエルエクスマキナ日記 〜メシーカ実装〜

7/6に新エキスパンション「メシーカ」が実装された。

とりあえず、ありったけのコインをつぎ込み、メシーカチケットをつぎ込んでガチャガチャ回した。

凄まじい被り方を見せて星5レアが出現し、なぜか「地天使アリエル」が4枚出るという災難に見舞われたりしたが、概ねカードは揃ったのではないかと思われる。

まぁ、あと足りないものは個別に生成すればいい。

アリエルはイラストは可愛いのだが、どうにも使いにくそうな気配がするなぁ。

あと「ジェノバの花売り」もイラストが可愛いのだが、こちらも使いにくそうである。

全体的にメシーカのカードイラストは綺麗だなと思う。

 

直後にチャレンジカップが催されていて、ぼちぼちやっているのだが、いまいちメタの空気が読めない。

ぶっちゃけ、現状ではメシーカのカードがあまり使われていないなという気がする。

使われているものは、現状のデッキにそのまま即戦力採用できるものがほとんどで、今回の目玉である地形効果を生かすようなカードはなかなか活躍できていないと感じる。

実際に、自分自身もいくつかの領域の地形デッキを組んで回してみたりしたが、戦えないことはないが絶妙に弱い。

やはり地形を生成するという行為に要するターンやコストがデッキ速度を落とし、それがこれまでのデッキと相対したときにマイナスにしか作用しない。

落ちた速度を後半で挽回できるだけの強力な効果も感じられない。

正直に難しいなと思う。

 

相変わらず対戦して強いなと感じるデッキは、オリンポスの速攻デッキが多い。

特に「軍狼神アレース」はいかんね。

速攻4点と、横列ユニットのAT強化は最後の打撃には痛すぎる。

私がコントロール系のイシスデッキをよく使うせいかもしれないが、そう感じる。

ただ、バランス調整でハデスがガーディアン本体に火力を叩き込めなくなったので、ダメ押しがなくなり速度が落ちたなとも思う。

なんとかコントロール系のデッキでも間に合わせられる。

むしろ怖いのは、イズモ系のデッキのブン回りのような気もする。

 

特に今回のメシーカ実装で、イズモはかなり強化された方だと感じる。

残念ながら主力カードがあまり手に入らなかったので組めていないが、地形効果が大きいものや、コントロールデッキにとって厄介な「隠密」を効果的に付与できるようになっているものが多い。

山岳を生成することで「山岳神コノハナサクヤ」は容易に隠密を得て3マナ4/3という強力アタッカーに変貌するし、同じく山岳で隠密を持つ新カードの「戦鬼 茨木童子」も強力である。

山岳の半分の数だけガーディアン本体に打点を叩き込める「山林神オオヤマツミ」もコストパフォーマンスがいい。

元々のビートダウン力と相まって、うまく使えばなかなか面白いデッキになるのではないだろうか。

 

私は相対的に戦えるようになったイシスコントロールを喜んで使っている。

今回、イシスコントロールにとっての一番の収穫は、「コアトリクエの大石像」だろう。

8マナとかなり重いし、壁にはならないので攻撃専用ではあるが、毎ターン、フレッシュな5/5が殴りに行けるというのはかなり大きい。

除去耐性が高く、同系デッキと当たったときには鬼のような強さを発揮する。

他のデッキに対しても、アタッカーとしての破壊力は抜群である。

逆に同系がコアトリクエの大石像を入れていた場合に備えて、地形破壊を忍ばせなければならなくなった。

はっきり言って、あのコントロールキラーっぷりは手に余る。

個人的には、ルクソールデッキなら「セトの飛砂」がオススメ。

ビート相手でも除去になって手札で腐らずに済むのが大きい。

相手陣地に砂漠ができるメリットなどほとんどないし。

 

まだまだ面白いカードはあるので、これからじっくりデッキビルディングを楽しみたいなと思う。

アスガルドでバイキングデッキとか作っても面白そう。

せっかくなのだから、メシーカのカードにも日の目を見せてあげないと。