異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 七夕賞、プロキオンステークス 〜予想〜

七夕賞

◎:2スズカデヴィアス

◯:6ヴォージュ

▲:5バーディーイーグル

△:8ゼーヴィント

△:3フェルメッツァ

 

まずまず荒れるハンデの芝中距離戦。

斤量重めの実力馬が上位に食い込むことが多いが、今回は軒並みそれらの馬がデータ相性の悪い外枠に。

そのあたりをどう判断するか考えもの。

 

本命はスズカデヴィアス。

重賞でまずまずの実績がある馬の中で、唯一内めの枠に入った。

このメンツで斤量56kgなら、相対的にいい感じ。

後ろからの競馬になるので、位置取りを失敗しなければ。

 

対抗はヴォージュ。

条件戦上がりではあるが、先行力のある馬の中では比較的内側の枠であり有利か。

前走は重賞連対レベルのプロディガルサンを破っており、ここでも勝負は可能だと思う。

 

単穴はバーディーイーグル

それまでの実績は散々だが、前走はG3エプソムCで5着。

その前走の56kgから今回53kgになるので、さらなる前進に期待したい。

穴としてはいいんじゃないかと思う。

 

連下はゼーヴィントとフェルメッツァ。

ゼーヴィントは普通なら馬券の中心に据えたい馬。

小回り巧者で重賞実績も十分と、買う材料には事欠かないが、今回はやや外めの枠。

人気しそうだし押さえないわけにはいかないが、評価は下げた。

フェルメッツァは福島や中山での実績はあり、小回りは合いそうだが、重賞となるとどうだろうか。

今回は期待込みで抑えまで。

マルターズアポジーマイネルフロストも実力馬だが、今回は外枠の先行・逃げ馬ということで切るつもり。

57.5kgの馬はデータ的には2,3着が多くて切りづらいのだが、マルターズアポジーに57.5kgは厳しいんじゃないだろうか。

 

プロキオンステークス

◎:12キングズガード

◯:8カフジテイク

▲:13イーデンホール

△:4アキトクレッセント

△:2ベストマッチョ

 

比較的実績や安定感のある馬が連対する傾向のダートスプリント。

馬柱の綺麗な馬を優先するつもり。

 

本命はキングズガード。

近走はG1のフェブラリーS以外は掲示板確保しており安定感は抜群。

重賞実績はやや弱い感じがするが、一戦叩いてからのここでなら重賞初勝利も可能だと思う。

 

相手はそのキングズガードを根岸Sで0.6秒差つけてちぎったカフジテイク。

実績は今回のメンツでは抜群。

中京はまずまず合いそうだし、福永騎手騎乗も心強い。

しかしアラブ帰りで3ヶ月ぶりというのが気になる。

帝王賞の件もあるし、印を一つ下げた。

 

単穴はイーデンホール。

上がり馬の中ではアキトクレッセントと並んで安定した実績。

また外枠の差し馬にデムーロ騎手というのは、やはり警戒しておきたいところ。

気になるのは近走は京都ばかりで、輸送が久々であることか。

 

アキトクレッセントも長期休養明けは順調に結果を残しており、内めの枠で気になるところ。

ただ休養明け4戦中3戦が稍重か重馬場。

良馬場の1戦は5着と、最も着順は悪い。

日曜の福島は好天が予想されるので、そこがどうか。

 

ベストマッチョは先行できるし、内枠で良さそう。

オープン戦での実績は抜群だが、初重賞となった根岸Sでは人気を裏切って大敗している。

その後も勝ったり負けたりだし、今回は鞍上弱化だろうし、信頼度で言えばあまり高くないか。

何気に東京しか走ったことがなく、今回初輸送なのも気になる。

まぁ爆走の可能性も捨て切れないので、切りたくはないなと思うが。

 

梅雨明けとも思える好天が続く週末。

気温も夏競馬も熱い。

そんな夜、七夕の短冊に願いを込めるなら、ここはもちろん馬券的中だろう。