異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 宝塚記念 〜予想〜

宝塚記念

◎:10キタサンブラック

◯:11サトノクラウン

▲:2ゴールドアクター

△:8ミッキークイーン

△:1ミッキーロケット

△:6シャケトラ

 

実力を考えれば本命はキタサンブラック以外にはあり得ない。

しかし当日はかなりの確率で雨。

じゃぶじゃぶの馬場になる恐れもある。

しかもデータ的には天皇賞・春の好走馬、先行馬は相性が悪い。

当のキタサンブラックも昨年の宝塚記念は3着に敗れている。

それに、何が起こるかわからないのが競馬である。

 

そんなことを書きながらも、本命はキタサンブラック

近走で最も着順が悪いのが、その昨年の宝塚記念3着。

悪くて3着である。

複系馬券を買うときの軸にはもってこいだろう。

何より前走の圧倒的な強さを見れば、負けるところを想像するのが難しい。

 

対抗はサトノクラウン

前走は負け過ぎの感もあるが、この距離は合うし、外枠のデムーロ騎手は好走も多い。

大阪杯組は他にキタサンブラックとミッキーロケット。

力関係が測りづらいが、逆にそこが盲点になりそうな気がする。

重たい馬場での成績もまずまず。

 

単穴はあえてのゴールドアクター

前走は出遅れて7着。

出遅れがなくてもどうだったかという気もするし、日経賞での凡走も気になる。

ただここはデータ相性は悪くないし、前走も思っていたよりは良かったのではないかと思う。

距離を踏まえると天皇賞・春より相手関係は楽だと思うので、もう一花咲かせることに期待。

 

ミッキークイーンは前走は直線を真っ直ぐ走れれば、結果はもっと違っていたと思う。

重馬場の阪神牝馬Sを完勝しているし、昨年の有馬記念ではシュヴァルグランより前である。

唯一の牝馬として期待できるのではないだろうか。

 

最内に入ったミッキーロケットは、日経新春杯でシャケトラを下しているが、大阪杯京都記念サトノクラウン菊花賞ではレインボーラインに負けている。

適距離だと思うし、最内なので、3着くらいなら入れるかもしれない。

 

上り調子で天皇賞・春に挑んだシャケトラは、前走は距離が合わなかったか、初めての58kgが厳しかったか。

前者ならワンチャン、後者ならここでも厳しいか。

ルメール騎手騎乗なので人気しそう。

少頭数だし、人気によっては切るかもしれない。

 

シュヴァルグランは中距離では意外と勝ち切れていないし、データ相性も悪い。

堅実で人気しそうだし、切るつもりだが、オッズによっては他馬を切って押さえるかも。

 

キタサンブラックが飛ぶことを想定するか否かで、馬券の買い方がまったく変わってくる。

荒天とデータを考えれば、万一に乗る方が面白いかもしれない。

さて、どうしようかな。