異呆人

毒にも薬にもならない呟き

モリとカケと共謀罪

「モリ」と「カケ」などと、まるで蕎麦のように言われているが、閉会した国会は実に賑やかなものとなっていた。

野党はここぞとばかりに叩きにかかり、自民党もロクな説明をしなかったので、それ以外の重要な政策は相変わらず置き去りである。
日本の国会は相変わらず平和で非生産的だと思うし、その分しっかり仕事をしているだろう官僚の方々は、やはり優秀なのだろうなと思う。
ワイドショー的に見ている分には面白いが、政治は決して見世物ではない。
ちゃんと仕事をしているかチェックするのは、国民の責務だろう。
せっかく税金を払っているのに見せられるのが茶番なら、寄席でも見に行った方が100倍マシである。
 
森友問題については、以前に記事を書いていた。
私見としては、安倍首相はまんまと狡猾なおっさんに捕まったなという気がする。
森友に関しては、安倍さんは被害者に近いだろう。
別件だが、すでに刑事告訴レベルの事案をやらかしている手合いである。
いずれまともな相手ではない。
これと加計学園の問題を、同じように蕎麦扱いして論じるのはどうかと思う。
状況と問題の本質はまったく異なる。
 
森友問題の論点は、8億円の値引きが妥当であったかどうか、それにあたって政治的な便宜や金銭の授受がなかったか、である。
金銭の授受があれば贈収賄だし、8億円の値引きが妥当でなければ、裁定をした人物が国に損害を与えたことになる。
これについて、近畿財務局や大阪府レベルでどうだったかはわからないが、安倍さんが出張ったとは考えにくいだろう。
昭恵夫人の脇が甘くて絡んでしまっていたり、籠池さんがあちこち陳情しているので事態がややこしいが、基本的にまともな手合いではないので政治家側は「けんもほろろ」な対応をしている。
今となっては、ヤケクソで拳を振り回す籠池さんが痛々しい。
 
加計学園の問題の論点は、「国家戦略特区を利用した加計学園獣医学部新設」に、安倍さんの意向が働いていたかどうかである。
法律的にどうかは知らないが、どうとでも言える部分があるので、行き着くところまで行けば、「問題なし」と白黒つかずに終わってしまうだろう。
だからこれは「実際にどうだったか」という問題でもあるが、同時に安倍さんも最近よく口にする「印象」の問題でもある。
そういう意味では、実際に支持率が下がって泥沼化しつつある現状は、すでに自民党側の「負け」と言える。
 
状況もまったく異なる。
論点が初めから「特区指定のプロセスに安倍首相や官邸の働きかけがあったか」ということである。
森友問題よりダイレクトに、安倍さんが疑惑の対象になっている。
また今回の相手は加計学園ではなく、文科省である。
火の手が上がっているのは対岸ではなく、隣家というような状況である。
「何が出てくるかわからないが、うしろめたいことはない」と考えられる森友問題と違い、「問題はないが、出てきて気持ちいいものではないものが確実に存在する」という状況である。
 
高支持率にあぐらをかいて、強弁してパワープレーで突破しようとしたのが良くなかったとしか言いようがない。
「再調査したら、ないと言っていた文書が出てきました」というのは、その文書の問題性とは別に、実にバツの悪いものである。
先日の安倍さんの「反省」の弁も強気が混じっており、反省の色は認められない。
このままいくと、じりじりと追及を受けて印象だけがどんどん悪くなっていく。
問題自体が最終的にどんな形で決着するかとは別に、支持率は回復しないだろう。
 
面白いなと思ったのは、日経新聞世論調査で、この加計学園の問題で「納得できない」と回答した人が7割近くと圧倒的なのに対し、同じタイミングで半ば強行採決した共謀罪は3割以上の人が賛成しており、反対より10ポイント近く高いことである。
国民の関心が偏っているというか、政治に興味がないのがよくわかる。
説明に納得できないレベルで言えば、加計学園の問題と同等かそれ以上である。
結局、共謀罪創設が必要だった理由はよくわからない。
実質的には害はないのでどうでもいいと私は思っているが、まぁなくてもいいものを作る意味もないだろうとは思う。
 
残念なのは、これだけ自民党が失策を繰り返しているのに、野党がてんで話にならないことである。
これはもうどうしようもないかもしれない。野党第1党の民進党はもともと寄合所帯である。
また再編でもしない限り、勢いを持って特徴ある政策を打ち出せる野党にはならないだろう。
共産党は論外である。
こうなったら、調子に乗り過ぎた安倍さんを降ろして、次の神輿の乗り手を探した方がいいかもしれない。
それは自民党にとってもそうだが、国民にとってもそうである。
安倍さんの支持率が落ちたこのタイミングなら、モノを言える人も増えてくるだろう。
しばらくは見世物の演目には事欠かないかもしれない。
もちろん政争だけでなく、きちんと仕事もしてほしいと思うが。