異呆人

毒にも薬にもならない呟き

挙式を終えて

先日、結婚式を終えた。

準備はいろいろと大変だったが、結果的に多くの人に喜んでもらい、祝福してもらえる式になったと、我がことながら思っている。

義妹と義父は最初から最後まで泣いていて、それが式の雰囲気をどことなく感動的なものにしていたかもしれない。

母を早くに亡くした妻は、父親と妹と助け合って生きてきたので、義実家の家族の人生の節目に対する感慨もひとしおだったろうと思う。

そのために式を挙げたと考えても、十分値するほどである。

 

私は式や披露宴の間中、ずっと周りの様子を観察していた。

親族や友人や相手側の出席者が、諸々の演出や話にどんな反応を見せるか伺っていた。

「あぁ、こういうところで笑うんだな」、「これには意外そうな反応をするんだな」などと思いながら観察していた。

2次会は行わなかったので、式が終わってから各自で集まっている友人たちの席に顔を出し、そこで「こんな反応をしてたよね〜」などと話していると、「相変わらず他人事みたいに観察してるな」と言われた。

もちろん他人事などではなく徹底的に我がことなのだが、もう人間がそういう風に出来上がっているのだから、仕方ないと諦めてもらいたいところである。

 

余興もしなかったし、演出もほとんどしなかった。

妻はとにかく写真に残したかったらしいので、「出席者全員と写真を撮る!」と息巻いていたのだが、その願いは意外とすんなり叶った。

むしろ皆がやたらと写真を撮りに来るので、料理に手をつける時間がまったくなかったほどである。

時間に余裕を持って式次第を組んだはずなのに、余すところなく時間を使い切った。

慌ただしかったが、それも良かったことだろう。

出席してもらった上司や友人も涙を流していた。

「お世辞抜きでいい結婚式だった」と言ってもらえたことは素直に嬉しい。

私は何も「感動的な式にしたい!」と考えていたわけではないが、結果的にそうなって良かった。

 

妻の友人からは「あれだけ(妻の)希望通りにして良かったんですか?」と言われた。

妻の好きな動物と妻の好きな花で染め上げた、まさに妻のためだけの結婚式だった。

やり過ぎとも言えるくらいの徹底した「好きなもの」づくしだったわけだが、私には希望などほとんどなかったので、それで良いに決まっている。

それは私の優しさでもなんでもなく、自分で考えるのがめんどくさかったからだとも言える。

あと、ファーストバイトで妻に食べさせる量をかなり小盛りにしたことが「優しい」と言われた。

それも私に悪ノリする趣味がないからと、隣で式場のエスコート係りの人が「フルーツでいいですよ。フルーツを食べさせてあげれば…」と囁くので、その意を忖度したまでである。

 

私の中座は母親にお願いしたのだが、それも喜んでもらえたみたいで良かった。

あまりベッタリされると気持ち悪いし、マザコンみたいで嫌だったのだが、一生に一度の親孝行と思って我慢した。

母は「(妻に)悪いわ〜」などと言いながらも、全力で腕組みをしてきた。

「あ〜、相当喜んでるな〜」などと内心思いながら、二度とないことだろうと思うと許しておこうと思った。

 

あとは梅雨のこの時期にしては尋常じゃない晴天だったことも良かったことかもしれない。

私は晴れ男なので何の心配もしていなかったが、予想以上に晴れ過ぎて暑いくらいだった。

妻からは「晴れ男、頑張り過ぎ」と言われたが、まぁ雨が降るよりは余程良いだろう。

大半は屋内だが、披露宴会場には陽の射すテラスがあり、そこが美しくて妻が気にいっていた。

望み通りの好天で、望み通り写真も綺麗に撮れたはずである。

妻は「やりたいことができた」とご機嫌だった。


私はと言えば、カメラマンから「もっと笑って!」とたびたび催促される始末だった。

前撮りのときと同じである。

頑張って笑顔を作ったせいで、表情筋は痙攣していた。

後日、そのときの写真を見た友人知人から、「普段は見せない笑顔で幸せそう」などと言われたが、それは普段と比べ物にならないくらい努力して笑顔を作ったからである。

私が幸せかどうかとかは関係ない。

まぁ私が幸せかどうかは別にして、周りの人たちが喜んでくれて何よりだなとは思う。

無理して笑顔を作った甲斐もあったというものだ。