異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 ユニコーンステークス、函館スプリントステークス 〜予想〜

ユニコーンステークス

◎:7アンティノウス

◯:4リエノテソーロ

▲:2ハルクンノテソーロ

△:9シゲルベンガルトラ

△:5サヴィ

△:15サンライズソア

 

3歳ダート重賞で、平場を買わない私にはほとんど知らない馬ばかり。

とりあえず前走映像をチェックして、見た感じと実績から絞り込んでいく。

ついでに3歳馬なので、輸送の有無や経験を加味して印をつけた。

 

本命はアンティノウス。

相手関係はよくわからないが、前走の勝ちっぷりは良かったし、東京で勝ってるし、ルメール騎手だし、良さそうかなと。

500万条件を抜けていきなりの重賞というところがどうか。

 

相手はリエノテソーロ。

芝を2戦勝って、ダートに移って重賞を2つ勝ち、芝に戻って初めて土が付くもののNHKマイルを2着。

実績十分のユーティリティプレーヤーである。

乗り替わりと、ダートが湿った馬場ばかりなのは気になるが、切るほどの理由ではないだろう。

 

単穴はハルクンノテソーロ。

東京がホームだし、前走オープンも重馬場ながら2着は評価できるのでは。

1枠の成績がいまいちなのが気になるが、勝ちまでなくとも3着くらいは大いにありそう。

 

コンスタントに使われているのが気になるが、毎度3着あたりに絡んでくるシゲルベンガルトラは連下としては良さそう。

2戦2勝のサヴィは重馬場2戦なのと初輸送が気になるが、走歴浅くて未知数だからこそ面白いと言えるかも。

芝とダートを行ったら来たりしているサンライズソアは、ダートに限れば2戦2勝。

ただしこの馬もダートは湿った馬場ばかりである。

例年、固めに決まっているようなので、買い目を減らすか買い方を工夫する必要がありそう。

 

函館スプリントステークス

◎:10シュウジ

◯:13ブランボヌール

▲:12セイウンコウセイ

△:8ジューヌエコール

△:9レヴァンテライオン

 

内枠が有利なデータだが、あまり内に買いたい馬がいない。

結果、データ的にまだマシな外枠の馬ばかり評価することになった。

あとはコース適性を重視。

 

本命はシュウジ

近走の結果はいまひとつだが、去年のこのレースを2着、続く札幌でのキーンランドも2着と舞台適性はありそう。

去年の阪神カップでは勝っているし、武豊騎手の手綱で復活するのではないだろうか。

 

対抗はブランボヌール

こちらも近走は人気に及ばない結果が続いているが、デビュー2戦した函館は2勝、去年のキーンランドも勝っている。

再び北の大地で爆走することを期待したい。

 

単穴はセイウンコウセイ。

春のG1スプリントを制した上り調子の馬とあれば、普段なら真っ先に買うところ。

今回は函館が初めてなので印を下げたが、少しでも人気が落ちるなら頭から買うのもアリかも。

 

ジューヌエコールはデータ的に良い距離短縮組。

斤量も一番楽になる3歳牝馬なら、初めての1200で穴を開けられるかも。

同枠の同じ3歳馬、レヴァンテライオンは、ブランボヌールと同じくデビューの函館では2戦2勝。

前走ダートは気になるが、こちらも2勝した函館以来の1200へ距離短縮なら、ワンチャンあるかもしれない。

あとは内枠の馬を加えるかどうか。

初めて芝を走るノボバカラか、上がり馬のキングハートか。

こちらは近年万馬券続出のレースなので、そのあたりはオッズも見ながら考えたい。