異呆人

毒にも薬にもならない呟き

好きだった人

私が今の私になる前、それなりに感情豊かで多感だった頃、本当の意味で好きだったなと思い出せる女性が一人だけいる。

小学校と中学校が同じだったDさんである。

確か小学校3年生から中学校1年生まではクラスも同じだった。

大柄で男勝り、そのくらいの時期なら男子よりは身体能力が高かった。

可愛いというよりは綺麗というタイプだろう。

当時はそんなこと思いもしなかったが、今はさぞ美人になっているだろうなと思う。

 

クラスが同じになっても、最初は存在さえ気に留めていなかった。

もちろん大きいから目立つのだが、話をしたことはなかったように思う。

きっかけはしょうもない話だった。

当時の私の親友が、クラスのお調子者に彼の好きな女の子をクラスメイトたちの前で暴露されたのだ。

なぜそんなことになったかは覚えていないが、親友は激怒してそのお調子者と喧嘩になった。

私は事態に呆気にとられて、何もできずにいた。

そんな私に「今の話、ほんと?」と囁きかけてきたのがDさんだった。

私はうっかり「うん」と言ってしまう。

すると彼女は興奮し、「実はね…」と、その親友が好きな女の子もまた、親友のことが好きだということを教えてくれた。

いわゆる両想いというやつである。

子供時分に、それはとても愉快な話だった。

そして私とDさんは協力して、二人をくっつけようと画策した。

親友にラブレターを書くように勧めたり、男女複数で一緒に遊んだりして、その事実をしばらく楽しんだ。

結局その二人の恋は、女の子が転校してしまうという漫画のような切ない結末を迎えるのだが、それがきっかけで私とDさんは話をするようになった。

 

その後、今度は私が当時好きだった女の子が誰か、親友からDさんにバラされる。

親友は両想いだった事実やその後の経過はともかく、私がDさんに「うん」と言って秘密をバラしたことだけは根に持っていたようである。

私の当時の「好き」というのは、「なんとなく可愛いと思う」という程度のもので、さしたる理由などなかった。

だから大したことではなかったのだが、私はDさんからそのことで散々からかわれた。

最初の協力関係は一転して、今度は敵対関係になる。

そのくらいの時期から、Dさんは何かと私に突っかかってきた。

テストの点数とか徒競走のタイムだとか、とにかく「勝負よ!」と言って挑んできた。

小学生の頃の私は勉強は学校で一番だったので負けることはなかったが、スポーツではしばしば遅れをとった。

私も運動は得意だったが、女子が体格有利な時期でもあったし、何より彼女の身体能力が非凡だった。

彼女はあるジュニアスポーツで、世界トップクラスの逸材だった。

一度それを見せてもらったことがあったが、圧巻の一言だった。

私は内心で彼女を認め、敵というより好敵手と受け止めるようになった。

 

毎日のように競い合い、ケンカしてるんだかジャレてるんだかわからない感じで過ごしているうちに、私はDさんのことが好きになっているかもしれないと思い始めた。

可愛いとは思わなかったが尊敬していたし、いないと物足りなく思うようになっていた。

初めての感覚だったので、戸惑っていた部分もある。

問題は、彼女の真意がわからないことだった。

昔は好きな女の子のことで散々からかわれたし、その後も私のことを好きなのだろう女の子を、私に紹介するようなこともしていた。

なんとも思われていないかもしれないと思った。

 

小学校を卒業するとき、市長と対談する地域づくりフォーラムのようなものが開かれることになった。

10を超える小学校からそれぞれ代表を出し、子どもが考える未来の地域を語り合うという企画である。

そして私の通っていた小学校が、そのフォーラムの議長校に選ばれた。
男女1人ずつの議長を学校から出すらしかった。
それはアンオフィシャルに人選が進められたようで、PTAの会長をしていたDさんの父親に話がいったらしい。
 
 
そしてDさんの父親から私に「引き受けてくれないか」と電話がかかってきた。
「めんどくさそうだな。どうしようかな」と思っていたら、Dさんの父親が「女子の議長は娘に頼もうと思ったが、娘が『男子の議長を朱天が引き受けるならやってもいい』と言ってる」と言ってきた。
まさかのご指名である。
私は二つ返事で引き受けた。
 
たぶんそのときが一番仲が良かったと思う。
二人で議長の打ち合わせをしたし、そこでプライベートな話もたくさんした。
ただ、それまでが好敵手のような関係だったし、今更好きだなんてとても言えなかった。
Dさんはいつもと変わらないように見えたし、まぁでも楽しんでいるようではあった。
友達のような、違うような、不思議な感じだった。
あぁ幼かったなぁと、今はそのことをとても楽しく思い出せる。
 
その後、私とDさんは地域ジュニアリーダーみたいな表彰を受けることになるのだが、私は大人の連絡不備で出席できなかった。
そのことは、Dさんから「なぜ来なかったのか」と、すごく怒られた。
そして中学校もDさんと同じクラスになったのだが、私はそれまでの友達がいないクラスになってしまったので、それどころではなく友達作りに四苦八苦していたし、彼女は相変わらず私に気があるらしい女の子を私に近づけようとしてきたり、まったく気持ちの読めない行動をしていた。
そして、そうこうしているうちに、だんだんと疎遠になっていった。
彼女は一時、私が入った陸上部にも所属したのだが、「本業のスポーツが忙しくなったから」とすぐに辞めてしまった。
風の噂で、「朱天がいるから少しだけでも陸上部に入った」という話も聞いた。
お互い、素直でなかったのかもしれない。
 
Dさんは中学生のときに、世界3位で表彰されていた。
フランス語の賞状を校長がまったく読めなくて、苦労していたのを覚えている。
彼女の姉も同じく世界レベルの選手で、「美人姉妹」としてTVにも少し取り上げられたようである。
私はその後、自分自身が揺らぎまくって、まったくそれどころではなく、すっかり遠い人になったなと思うくらいだった。
数年前、何かの拍子にDさんのことを思い出したとき、試しにネットで名前を検索してみた。
彼女はその後もそのスポーツを続け、今は子供たちに教える仕事をしているようだった。
なんだかすごく安心した。
思い出が思い出のまま、綺麗にその物語をとじることができたようで。