異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 エプソムカップ、マーメイドステークス 〜予想〜

エプソムカップ

◎:10アストラエンブレム

◯:9クラリティスカイ

▲:7マイネルハニー

△:4デンコウアンジュ

△:6ヒストリカル

 

本命は逆らわずにアストラエンブレム。

前走の末脚はとても魅力的だったし、デムーロ騎手の継続騎乗とあればとりあえず信頼していいだろう。

データ的にもぴったりはまるので言うことない。

対抗はクラリティスカイ

近走の成績は安定しているし、前走はアストラエンブレムより1kg、勝ったタイセイサミットより3.5kg重い57.5kgを背負っていたことを考えれば、逆転まであるかもしれない。

こちらは田辺騎手の継続騎乗で、近4走だけ見れば田辺騎手では0-2-1-0となかなかの成績である。

単穴はマイネルハニー。

前走の大敗はすっきりしないが、コンスタントに使われていたことを考えれば、少し間隔を置いてのここは見直せるかも。

結構好きなので、期待込みで。

ヴィクトリアマイルで2着に入ったデンコウアンジュは、実力馬なのは間違いないので切れないが、G1のあとのココというのがいまいち信頼できない。

横山典騎手で臨むヒストリカルは、ほぼ同じローテで1kg重い58kgを背負うフルーキーよりは面白いのではないかと。

あとはダッシングブレイズも気になるが、オッズ次第か。

 

マーメイドステークス

◎:10マキシマムドパリ

◯:6トーセンビクトリー

▲:4クイーンズミラーグロ

△:2バンゴール

△:8ローズウィスパー

 

わりと荒れるらしいハンデ重賞。

データでは斤量53kgの馬の勝率がやたら高いが、今回は53kgは1頭もおらず。

見ていてもピンと来ない馬が多いので、実力馬から買うつもり。

本命はマキシマムドパリ。

前走は直線でかなり詰まっての大敗。

それを度外視すれば、実績では一番買える馬かと。

岩田騎手から藤岡騎手への乗り替わりも少し気になるが。

対抗はトーセンビクトリー

前走は最後の直線で外に追いやられ、少しよれたようにも見えたが、それでもしぶとく6着。

最も重い56kgがどうかとも思うが、武豊騎手の継続騎乗であれば、オッズ次第でマキシマムドパリと印の扱いを変えるかも。

単穴はクイーンズミラーグロ。

重賞での実績の安定感は抜群。

鞍上弱化の気がするし、勝ちきれない印象があるのだが、普通に考えれば切れない。

連下はデータ的に結果を残している前走パールS組から、バンゴールとローズウィスパー。

特にバンゴールは前走も最後よく伸びていたので、軽斤量での一発に期待したい。

過剰人気しなければ、今年まだ2走目のビッシュも買っておきたいかな。

 

今週末はいよいよ結婚式なので、あまりじっくり検討している時間がなさそう。

買い方はシンプルになるだろうか。