異呆人

毒にも薬にもならない呟き

こども保険について思うこと

「こども保険」の議論がにわかに熱を帯びてきている。

発端は安倍首相が教育の無償化をぶち上げたことによる。

無償化と言っても、今、有料のものを無料にするのだから財源は要る。

その財源をいかに捻出するか、という方法論の一つとして「こども保険」が取り上げられている。

他にも教育国債とか、税金で取れとか、いろいろあるのだが、その中では比較的受け入れ易く、実現可能な政策と見なされているのだろう。

 

私は教育の無償化については、やってもやらなくてもいいと思っている。

助かる人は確かにいるが、経済格差の縮小という点で考えれば効果は限定的だと思うし、財源の確保の仕方によっては、むしろ今より経済的な不利益を被る人も出てくると思う。

「こども保険」はそれ以外の少子化対策にも使われる。

保育所の拡充や保育の無償化などもある。

しかし私は、これもどちらでもいいと思っている。

私は今の待機児童の問題は、もちろん単に保育所の数の問題でもあるのだが、その根源には保育の価値の過小評価があると思っている。

保育料を上げて利用者負担を求めれば、保育士の待遇も良くなるし、そうすれば事業者も利益が出し易くなって、新規に保育所を開設し易くなる。

本当に保育料が家計の重荷になる低所得世帯だけ、保育料を免除すればいい。

 

そうは言っても、現実的には一般の人はそんな考えには賛同しないだろうし、無償化するならするで、悪いことではないと思う。

しかし財源確保の方法として、「こども保険」という形は妥当だろうか。

「こども保険」と言っても、民間の生命保険のようなものとは訳が違う。

保険とは本来、リスクが発生するかしないか不確実であることに備える手段である。

健康保険も介護保険雇用保険も同じである。

病気や介護、失業は、起こるかどうか不確実である。

これに対して、子供を持つことは意図することができる。

保険料という形で国民から徴収し、事態に備えるということがそぐわない。

 

加えて、病気や介護、失業は、誰の身にも起こり得る。

これに対して、子供を持つことは誰の身にも起こることではない。

子供を持たない人生というのは選択可能だし、そういった人生を選ぶことが悪いわけではない。

病気など、事情があって子供を持てないこともあるだろう。

まったく子供と無関係な人生を送っている人からも保険料を徴収することは、不公平ではないだろうか。

国策として出産や育児を奨励し、金銭的に補助するというのは一つの政策の在り方だと思うが、そうであるなら保険料ではなく税として徴収して国の歳入とすべきだろう。

 

こういった考え方について、「こども保険」の議論を主導している小泉進次郎議員は、「税として徴収するのが本来だと思うが、消費税を上げることすらこれほど手間取っている現状で、そこにこだわっていたら保育拡充に予算が割けるのがいつになるかわからない」という趣旨の発言をしている。

非常に現実的でわからないことはない。

だが税金を上げることを避けていたら、保育だけでなく今後財源の不足が明白な社会保障関係の費用は、一体どうやって賄うつもりだろうか。

そういう意味では、税金を上げることがアレルギーのようになっている今の日本社会は、自分で自分の首を絞めている状況にあると言えるかもしれない。

今回の「こども保険」の議論と同じで、たとえ税金として徴収されなくても、私たちがどこかで負担しないと政策は十分に実行されないのである。

逆に言えば、どこか別のところ、別の形で負担しているのである。

給与から天引きされる社会保険料がじわじわ上がっていることに、どれほどの人が気付いているだろう。

政策の実現を求めるだけでなく、応分の負担を引き受ける覚悟が、今後ますます求められてくるのではないかと思う。

 

万人にとって都合の良い形などありはしないのだ。

できるだけ多くの人が「仕方ないか」と受け入れられる形で、スピーディに課題を解決していくことが、政治の仕事ではないかと思う。