異呆人

毒にも薬にもならない呟き

このブログに関するどうでもいい話⑤ 〜読むこと、読まれること〜

以前より、ブログを定期的に訪問してくれる人が増えている。

ありがたい話である。

毎度書くが、私は書きたいことを書いているだけである。

ブロガーになるつもりも、アフィリエイトで小遣い稼ぎをするつもりもない。

だから読みやすい形式上の工夫(フォントを変えたり、色を使ったり)はしていない。

めんどくさいからなのだが、そんな読みにくい記事でも読んでもらえることは素直に嬉しい。

 

記事はほぼ毎日更新しているが、毎日書いているわけではない。

出張の移動時間や休みの日にまとめて書き溜めしている。

だから記事を書いてから公開されるまでタイムラグがある。

時事ネタとかのわりに妙に反応が遅かったりすることもあるが、ご容赦いただきたい。

まぁ検索を引っ張りたいわけではないので、個人的には旬を過ぎたネタでも全然構わないのだが。

 

あと当ブログではコメントは承認制をとっている。

昔のブログではコメント欄を使って自分のサイトを宣伝したりする奴がいたので一応そうしているが、今のところそういう人はいないので、機能としては形だけである。

確認したらすぐ承認するようにしているし、宣伝目的でなければどんな厳しいコメントでも承認するつもりだが、承認までに時間がかかる場合もあるのでご了承いただきたい。

幸い、今のところ好意的なコメントが多くありがたい。

 

読者登録される人も少しずつ増えていて、ありがたいなと思う。

またアクセスを見ていると、「はてな」以外でも単に当ブログをブックマークしている人もいるようである。

読んで面白いように書く努力はしているつもりだが、万人ウケするようには書いていない。

むしろ偏った見方だったり、世の中を斜めに見たような考え方が多いと思う。

「こんな考え方もあるんだな」、「こんな変なことばかり考えている人間がいるんだな」と面白く思っていただければ幸いである。

 

読者登録いただいた方は、その人がブログを書いていて、読んで興味を持てたらこちらも読者登録するようにしている。

(特定の趣味などに関するブログで、私がその特定のものに興味を持てない場合はスルーしてしまうので悪しからず)

他人のブログを読むのは面白い。

普段、同じ人を定点観測する機会というのはあまりない。

いろんな人の価値観や普段の生活の様子、その変遷を眺めるのは単純に興味深い。

本当は自分からいろんなブログを探したいところだが、めんどくさいし、時間の使い方の制約上、これ以上やることを増やせないので、読者の方を起点に読む機会を作っている。

私の読者はそんなにたくさんいないので、記事を書いている人は全部目を通している。

面白かったり、書き続けてほしいなと思ったらスターもつける。

読みもせず、意味もなく、ただペタペタ足跡をつけているわけではない。

 

ブログなので基本的には一方通行だし、それでいいと思う。

ただ読むことと読まれることを通して、擬似的な交流が持てるのも面白いなと思う。