異呆人

毒にも薬にもならない呟き

セックスレスをオープンに語る

先日、一緒に飲んでいた女性の同僚が「うちはセックスレスなんだよね〜」と嘆いていた。

また別の女性の同僚は、「ママ友で不倫してる人が結構いてさ〜」と話していた。

ものすごい勘違い野郎なら、「もしかして俺、誘われてる?」と思うのかもしれない。

いや案外、世の中の不倫なんてのはそんな勘違い野郎の暴走に、女性が満更でもないところから始まるのかもしれない。

 

さておき、夜の営みの悩みというのは、結婚して月日が経っても、いや月日が経つほど生まれる問題なのかもしれない。

「日本人夫婦の〜%がセックスレス」なんて情報がまことしやかに流れるほどである。

「まことしやか」というか、実際そうなんだろうが。

これでは少子化問題の解決なんて当分見えてこないのではないかとも思えるが、実際はそんな単純な問題ではない。

セックスレスだから子供が少ない」というわけではない。

経済的、社会的に子供を持つ余裕がないから、子供を作ることを躊躇うのである。

現にそういった人が望む数だけ子供を持った場合の出生率を、国は目標数値として掲げているが、達成には程遠い状況にある。

つまり子供を作れる状況にないから、セックスしないと言えるのかもしれない。

そもそもセックスは子作りのための行為なので、それはそれで常識的な判断ではある。

しかし性欲というのは、それほど都合良くできているものではない。

たとえ本人に子供を作るつもりがあろうがなかろうが、関係なしに湧き起こるときは湧き起こる。

上述の女性の同僚たちの話もそうで、本当はセックスしたいのにうまく運ばないから、冗談としてそんな発言が出てくるのだし、不倫だってそれを家庭内で解消できないから起こるとも言える。

これは問題なのだろうか、それとも「仕方ないね」で済ませるところなのだろうか。

 

私は問題でもなんでもないと思う。

そもそも日本人の近現代の文化的背景や国民性を考えれば、恋愛結婚というもの自体が日本人に向いていないのだと思う。

「恋愛結婚」というのは、本当は最後まで「恋愛結婚」でなければならないのではないだろうか。

「恋愛して、結婚して、子供ができたらもう『家族』です」というのがおかしいから、セックスレスなんて話が出るのだと思う。

これが「恋愛」の前に「結婚」というものが先に来るのであれば、セックスは限りなく子作りのための行為に近くなるだろう。

子作りのためのセックスなら子供を作るつもりがなければしなくていいし、しないことに対する不満もそこまでではなかろう。

 

たとえば老齢に差し掛かっている男女がいちゃついていると、どう感じるだろう。

「気持ち悪い」、「みっともない」と感じる人がいはしまいだろうか。

しかしそれこそが恋愛の本質なのではないかと思う。

相手が好きなのだからスキンシップを求めるのは当然である。

そしてそれは結婚したから、子供ができたから「はい、お終い」というものでなく、相手と一緒にい続ける限り、程度は落ち着いても続くものではないかと思う。

きっと中途半端に欧米化した日本では、「恋愛の先の結婚」と「家族を持つための結婚」の価値観が入り混じり、また人によってどちら寄りかも様々になっているのだろう。

「私はもっとスキンシップを取りたい」という人もいれば、「いやいや、家族なのにそんなにベタベタしてたら気持ち悪いでしょ」という人もいて、気持ちがすれ違ったり、うまくいかないなと感じる人が出てくるのだと思う。

 

恋愛感情のない私だが、性欲はあるので基本的にセックスはしたいと思っている。

今は妻がスキンシップ大好きなので、すんなりセックスまで流れる。

私がその気のないときでも毎晩べったり且つキスの嵐で、私はよほど体調が悪くなければそれに付き合っている。

といっても、私は出張で毎週3日ほど家にいないので、実際にセックスするのは週2日ほどである。

月日が流れたり、そのうち子供ができたりすれば妻も落ち着いてくるだろう。

そうすれば、私も対応の仕方を変えるだけである。

きっとカップルの数だけ夜の営みの形はあるのだろうから、自分たちで考えていいようにしていけばいいのだ。

むしろ、こういう話をオープンにできない社会の雰囲気が、セックスレスの一番の原因かもしれない。