異呆人

毒にも薬にもならない呟き

好きと執着

最近、親友が欅坂46にハマり始めたらしい。

かなり今更感はあるが、「サイレントマジョリティー」のMVがカッコいいと言っている。

私はそういうグループが最近できたことくらいは知っていたが、どんなものなのかは知らなかった。

「そういえば、紅白に出てたな」くらいなもんである。

先日、友人たちとカラオケに行ったときに、彼がカラオケでその曲を歌ってMVが流れ、そこで初めて「確かにカッコいいな」と思った。

センターの平手さんがいい。

特別に可愛いとは思わないが、ダンスが上手だし、目力があり、存在感がある。

アイドルより女優とかの方が向いてる気がする、とよく知らないのに勝手ながら思った。

 

ちなみに上述のカラオケに行った際、親友の他に一緒にいた大学の先輩は乃木坂46のファンらしい。

何度かライブに行っているという話を聞いたことがある。

アイドルのライブって、どんなものなのだろう。

先ほどの欅坂46に関する動画を検索していたとき、TV番組でのライブでオーディエンスがいるものがネットに落ちていた。

男性ファンの野太い「合いの手」か「掛け声」かよくわからないものが響いていた。

あれではアイドル自身の歌唱が聞こえない。

まぁそもそも、あれだけ激しいダンスを踊るアイドルは、ほとんど口パクだろうが。

あれはオーディエンスとしてはやらなければならないもので、そしてやっていて楽しいものなのだろうか。

 

私はミュージシャンのライブに行ったことは2回しかない。

BUMP OF CHICKENのライブである。

私の中の好きなバンドランキングでは殿堂入りの1位なのだが、それでも自分でライブチケットを取ったことは一度もない。

いつも友人がチケットを取って、一緒に行くことになる。

ライブの感動というのは素晴らしく、できれば行きたいと思うのだが、チケットを申し込むのをいつも忘れてしまう。

もちろん、申し込んでも抽選に外れることの方が多いのだが。

CDを買って聞いていれば満足できるので、私のライブへの熱意はその程度のものと言うこともできる。

 

妻はハロプロが好きである。

モーニング娘。とか、他にもいろいろあるアイドル集団である。

私はモーニング娘。以外にどんなグループがあるのか知らないし、「モーニング娘。ってまだあったの?」と思っていた類の人間なので、全然ついていけない。

妻は全グループのメンバー全員の顔と名前がわかるらしい。

素晴らしい熱意である。

私はBUMPが好きでも、ボーカルの藤原さん以外は名前を覚えていない。

曲が聴ければいいと思っている。

妻は年に何回かライブに出かけている。

グッズとかもよく買っている。

こういう何かに夢中になれることって、それが何であれすごいなと思う。

ちなみにこの記事を書いている日も、たまたま地方のライブに遠征していて、おかげで私はゆっくりブログ記事を書くことができている。

 

先日、モーニング娘。のメンバーの誰それが「卒業」することになったらしい。

幸い(?)妻の「推しメン」ではなかったようで、多少凹んでいたもののダメージは比較的軽かったようである。

私には理解できない感覚だが、嫌なことがあると妻はしばらく引きずるので、あまりありがたい話ではない。

できれば妻の「推しメン」には、「卒業」などせず生涯現役で頑張ってほしいものである。

ここまで書いて思ったのだが、「卒業」、「解散」せずにずっと「現役アイドル」でいてくれることは、アイドルファンにとっては嬉しいものなのだろうか。

そういえば、昨年はSMAP解散が世間を賑わせた。

私には大した感慨はなかったのだが、一般人で言えば「中年」の域に達した男性でも、「現役アイドル」であることをファンは求めるのだろうか。

それは場合によっては「酷」なことではないだろうか。

何事も、惜しまれて去るうちが華である。

 

さておき、「好き」であることは「執着」を生む。

私が何かに対してものすごい熱意を見せたりしないのは、この「執着」を嫌うがゆえかもしれない。

すべてのものは、いずれ自分から離れていくことになる。

だから私はすべての物事に対して、離別を最初から織り込んでいる。

いずれ離れる、失くなる、消えてゆく。

「好き」になること、「執着」すること、「依存」することは、それがなくなったときに大きなダメージを負うことになる。

そんな離別のダメージからの防衛反応が、私の執着の薄さの根底にあるのかもしれない。

 

しかし自分にないものだからこそ、そうやっていずれ大きなダメージを負うとしても、今一生懸命何かを好きになったり、誰か好きな人を応援することは、とても素敵なことだと思うのである。

だから妻にも、できる限り「ハロプロ」を追いかけてもらいたい。

地方のライブに遠征に行くのも、まったく構わない。

そうすれば、私もこうやって自由な時間が過ごせる。