異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 天皇賞・春、青葉賞 〜予想〜

今回から予想はきちんと事前にアップすることにした。

きちんと検討しましょうという、自分に対する戒めというか課題のようなものである。

もちろんそれで馬券が当たるわけではないが、少しは緊張感をもって考えることにはなるだろう。

 

天皇賞・春

◎:3キタサンブラック

◯:15サトノダイヤモンド

▲:6シュヴァルグラン

△:8タマモベストプレイ

△:1シャケトラ

☆:9ディーマジェスティ

 

2枠3番に収まったキタサンブラックが本命。

長距離の実績も十分だし、京都との相性も良いし、先行馬有利だし。

複系の馬券を買うことの多い私には、実績からの安心感も抜群である。

2強対決という構図が当てにならないと言っても、この面子なら対抗はやはりサトノダイヤモンド。 

今のところ、大崩れしそうなイメージがない。

単穴はこの距離であれば安定感抜群のヴァルグラン。

サトノダイヤモンドが折り合いを欠くことがあれば、2着くらいまでならありそう。

面白くない鉄板の組み合わせの中に穴目を1頭混ぜるならタマモベストプレイか。

距離適性はあるし先行できるので、展開次第でワンチャンないかなと。

シャケトラは斤量も距離も初めてで不安要素が尽きないが、これまではその不安要素を覆してきた。

1枠だし、ヒモには加えたい。

ディーマジェスティは復活期待の応援馬券ということで何処かに加える。

外枠に入ったレインボーラインをどうするか悩ましいところ。

ゴールドドリームは前走はともかく、昨年の大敗が気になる。

 

青葉賞

◎:11トリコロールブルー

◯:5ダノンキングダム

▲:12イブキ

△:4ポポカテペトル

△:10アドミラブル

 

本命のトリコロールブルーは、前走もう少し前につけていればという気がする。

距離が少し不安だが、鞍上が戸崎騎手に変わるのであれば軸にしたい。

あとは正直良いも悪いもわからないので、前走2200〜2400の500万条件を勝っている馬をチョイス。

輸送経験の有無を踏まえ、あとはデータに照らして順序づけた。

マイネルスフェーンも気になるが、3ヶ月ぶりが引っかかるので今回は切る予定。

 

今月は2連勝のあとの2連敗。

今週勝てるかどうかが、自分の馬券の流れを変えそうな気がする。

できれば気持ち良くGWを迎えたい。