読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

服装へのこだわり

スーツで仕事をするというのは、ある意味楽だなと思う。

制服のある仕事と同じようなものである。

服装に悩まなくて済む。

これが私服で通勤するということになると、私はきっと曜日で服をローテーションさせるだろうから、「服装で何曜日かわかる人」扱いされていたかもしれない。

身体に合っていれば特段窮屈ということもないし、私服で仕事をする人などから「毎日スーツ着て仕事するとか大変じゃない?」と言われることもあるが、そんな風に感じたことはない。

むしろオンとオフの気持ちの切り替えを服装でできるというのは、それなりのメリットだと思う。

まぁ服装を変えたくらいで気持ちまで変わらない人も中にはいるだろうが。

 

私は服装には大したこだわりはない。

私服はほとんどユニクロである。

学生の頃は全身真っ赤なジャージで街中を闊歩していたが、今は無難で安ければなんでもいいと思っている。

あえて言うなら、シンプルなものが好きである。

シャツにジーンズやチノパン、みたいな感じである。

夏ならTシャツやポロシャツも多い。

無地かボーダーくらいの感じで、プリントのないものがいい。

雰囲気的には無印あたりがベストなのだが、無印は高いのであまり買わない。

食べ物と一緒で、服も着られればいいというのが基本スタンスである。

着心地も多少気にするが、ユニクロくらいでも十分だと感じる。

 

色はモノトーンやネイビーくらいがいい。

もはや服装で自己主張しようという気は起きない。

サイズはピッタリした身体のラインが綺麗に見えるものを好む。

それが一番他人からよく見えるということはわかっている。

あとは単純に細すぎるので、スキニージーンズを履いてもサイズがちょうど良かったりするというだけである。

 

こういった好みの結果、クローゼットには似たような服が集うことになる。

そもそもそんなに数を持たないので、その少ない数が似た雰囲気になっていると、ほとんど毎回同じような格好をすることになる。

いつも同じような服装ではないかと指摘されることもある。

「同じ服」ではないが、「同じような服」であることは間違いない。

普段着にも「制服」という発想があれば楽なのになと思う。

 

それが最近、妻の好みに侵食され始めている。

妻はもう少し柔らかい服装だったり、明るくて可愛い感じの色合いが好きなようである。

例えば、淡い緑だったり、水色だったり、ベージュだったり、そういったものを提案される。

一緒に買いに行くときなどはやんわり却下するのだが、プレゼントされるとどうしようもない。

着ないのも勿体ない。

あとは例えば、私が好んでトレンチコートを着るのも、あまり好きではないようである。

もっと暖かそうなコートを着るように言われる。

私に言わせればトレンチコートは意外と厚手で暖かいし、起毛タイプのコートやセーターは帯電しやすい私にはつらいので嫌なのだが、なかなか理解を得られていない。

妻の中の私のイメージは、実際の私よりだいぶ人間として柔らかいイメージなようである。

さすがにもう1年半以上付き合っていて、一緒に暮らしてもいるのだから、頭の中と現実とのギャップを埋めて欲しいと思う。

現実の私は、夜の砂漠のようにクールドライである。

そんな服装は私には似合わない。

 

しかし先に書いたように、根本的にはこだわりがない。

だから妻の好みを少しずつ、できるだけ受け入れるように努力している。

もしかしたら、服装を変えているうちに、実際の人間性ももっと温かみのあるものに変わっていくかもしれない。

そうしたらあまり突き放すような言い方はせず、親身に寄り添ったような態度を取れるようになるだろうか。

なんか、自分で書いてて無理な気しかしない。

服装で気持ちが変わることもあるが、やはり中身が服装に現れるんだろうなと思う。

人間を変えるのは、服装を変えるようにはいかない。

もしそんなことが叶うなら、まずは服装から変えてやりたい人間が沢山いる。