読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017桜花賞、阪神牝馬ステークス、ニュージーランドトロフィー

日記をやめたので、競馬結果だけメモ代わりに残しておくことにする。

今後買うときの反省材料になるかもしれないし。

 

阪神牝馬ステークス

◎3:クイーンズリング

◯6:ミッキークイーン

▲4:クロコスミア

△5:トーセンビクトリー

△16:アドマイヤリード

 

買った馬券

3連複 3ー4、5、6、16

馬連 4ー3、6

 

結果

1着:ミッキークイーン

2着:アドマイヤリード

3着:ジュールポレール

 

人気1、2番のミッキークイーンクイーンズリングを中心に考えるのは避けられない。

どちらを軸にするか迷って、結果として近走勝ち切れていないミッキークイーンよりクイーンズリングが信頼に足ると判断した。

馬場は緩めだろうし、前残りを期待して単穴はクロコスミア。

同じく前で競馬をするトーセンビクトリー。条件戦上がりながら、上がり最速を連発しているアドマイヤリードまで。

本命軸の3連複と単穴から馬連2点を購入。

結果は本命クイーンズリングが直線でするすると後退し、クロコスミアも粘り切れずに馬券は外れ。

ジュールポレールは完全に軽視していたが、よく見ればアドマイヤリードに直接対決で勝っているから、この位置にいても全然おかしくはないか。

 

ニュージーランドトロフィー

◎10:クライムメジャー

◯14:タイセイスターリー

▲7:スズカゼ

△16:ボンセルヴィーソ

△2:ランガディア

 

買った馬券

3連複 10ー2、7、14、16

馬連 14ー10、16

 

結果

1着:ジョーストリクトリ

2着:メイソンジュニア

3着:ボンセルヴィーソ

 

正直よくわからない。

馬柱を見て素直に考えるなら、実績があるのはクライムメジャー、タイセイスターリー、ボンセルヴィーソあたりか。

中山だし、外枠を割り引いて考えた結果、上記のような印になった。

スズカゼは牝馬とはいえ中山と相性が良さそう。

あとは内枠の馬から1頭加えようと思ってランガディアをチョイス。

馬券は本命軸の3連複と、なぜか◯印から馬連2点。

馬連をこの組み合わせにした理由が、今思い返してまったくわからない。

たぶん直前まで悩んだ結果、迷走してしまったのだと思われる。

結果は配当的には大荒れで、私の馬券はもちろん外れ。

ジョーストリクトリもメイソンジュニアもヒモとしては検討したが、買う決め手をイマイチ見つけられなかった。

固い筋から買うのでこんなレースは当たらなくて当然なのだが、1回くらい万馬券を当ててみたいなと思う。

 

桜花賞

◎14:ソウルスターリング

◯6:リスグラシュー

▲12:アエロリット

△15:アドマイヤミヤビ

△10:レーヌミノル

☆2:ライジングリーズン

 

買った馬券

3連複 14ー2、6、10、12、15

 

結果

1着:レーヌミノル

2着:リスグラシュー

3着:ソウルスターリング

 

これまでのレースを見る限り、大本命ソウルスターリングはどう考えても固そう。

少なくとも3着を外すことは考えづらい。

相手選びが難しいところで、自分が考えられる時間ぎりぎりまで迷った。

相手関係を含めた実績を考えると、リスグラシュー、アエロリット、アドマイヤミヤビは切れない。

他にどの馬を加えるか悩んだ結果、オッズを見て直前にレーヌミノルをチョイス。

近走の走りが物足りないとはいえ、実力や実績を考えると妙味十分と判断した。

あとは雨のフェアリーステークスで的中馬券を与えてくれたライジングリーズンを、思い入れを込めて選択。

馬券はシンプルに本命軸の3連複のみ。

3連複でもオッズがそこそこついたので、ああだこうだ考えても仕方ないと考えた。

結果は直前の判断が奏功して3連複的中。

買い目のメモは直前までレーヌミノルの代わりに買うつもりだったジューヌエコールのままだったので、本当に買っていたか心配になったくらいである。

レースは軸のソウルスターリングが最後にカラクレナイに躱されそうになり、ギリギリまで手に汗握ってしまった。

現3歳牝馬の層の厚さを示すようなレースで、見ていて面白かったと思う。

結果だけ見れば、阪神JFの上位3頭の並びが変わっただけだが。

 

昨年も今年入ってからもG1とはなかなか相性が悪かったのだが、先週の大阪杯に続いて2週連続の的中。

そして久々の2週連続プラス収支。

当たらなくても面白いとはいえ、やはり当たったときの気分は格別である。

小さく買って小さく儲ける作戦に戻したのが正解か、はたまた昨年からの傾向と同じで阪神競馬場のレースと相性がいいのか、春生まれの私の季節が到来したのか。

来週の皐月賞は誕生日である。

ぜひ自分自身にビッグプレゼントを送りたい。