異呆人

毒にも薬にもならない呟き

髪は長い方がお好き

中学生のとき、髪を切った翌日にサッカー部のイケメンから「髪、長い方が似合うよ」と言われたことがある。

チャラい感じの男で、ほとんど話などしたことはなかった。

なぜそのとき、唐突にそんなことを言われたのかわからない。

彼の美的センスからして、一言物申したくなるようなことだったのだろうか。

私は「はぁ」だか「あぁ」だか、間の抜けたリアクションをしたように思う。

髪型など、どうでも良かったし、さしてモテたいなどと思っていなかったから。

だが、私にはなぜかこの一言が印象に残っている。

思い返せば、後の周囲の反応を先取りするセリフであった。

 

私は基本的に髪は短くしている方が好きである。

前髪が目にかかったりすると鬱陶しいし、襟足が服の襟に触れる感触も気になる。

仕事を始めてしばらくした頃まで、新潟に住んでいた頃までは、床屋で刈り上げてもらっていた。

刈り上げは、さっぱりするから好きだ。

しかし不評だったこともまた事実である。

「童顔だから中学生とか高校生みたいだ」と言われたことがある。

現代的な感覚からすれば、古臭い髪型だったのかもしれない。

刈り上げをやめたのは不評だったのと、東京に出てきてちょうどいい床屋が見つからなかったためである。

以来、美容室を利用している。

さほど違いは感じない。

顔剃りしてほしいなと思うことはある。

 

刈り上げていた頃、髪を切るたびに言われたのは「さっぱりしたね」というセリフだった。

床屋代をケチりたい私は、自分が許容できるギリギリまで伸ばしてからバッサリ切る。

そのギャップが大きいから、そう言われていたのだろう。

しかしその言外には、「さっぱりしたけど似合っていない」というニュアンスが含まれていたようである。

直接的にそう言われたこともあるし、自虐的に「切る前の方がいいって、よく言われる」と言えば、大抵「確かに」といった反応が返ってくる。

皆さん、髪は長めの方がお好きなようである。

 

長さ的には、木村拓哉とか福山雅治とか、あんな感じの髪型が似合うと思われているようだ。

母親にも、そんなことを言われた記憶がある。

しかしあれはあんなレベルのイケメンがするから似合うのである。

そしてきちんとメンテナンスされ、セットされているからカッコイイのである。

私みたいな無精者があんな長髪にしても、「ボサボサに伸びてしまいました」という感じがするだけである。

みっともないというか、みすぼらしい感じがすると思う。

髪を洗ったり乾かしたりする手間もかかるし、何一つ良いことはない。

 

先日、髪を切ったあと、妻から「短い方がいい」と言われた。

「短いのもいい」ではなく、踏み込んで短い髪型をポジティブに評価されたのは初めてかもしれない。

「よく長い方が似合うと言われる」と言うと、「短い方が若く見える」と言われた。

これまでは「短いと幼く見える」と言われて不評だったのが、「若く見える」と好評を博すとは。

妻の方が4歳若いので、そういった感覚になるのかもしれないが、自分が着実に歳を重ねていることを実感させられた。

まぁだから短くするとか長くするとかではないのだが、ちょっと新鮮な反応だったなと思っただけである。

ちなみに妻は私に輪をかけて童顔で、30手前の妻よりそこらの女子大生の方がよほど大人びて見えるくらいである。

今は結婚式に向けて髪を伸ばしているが、普段はショートカットである。

妻こそ、歳相応に見せるために、髪は長い方がいいのではないかと思う。