読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

日記 <2017.3.20〜3.26>

3.20(月)

日帰り出張、仙台。

東北は管轄外だが、人が足りなければどこにでも行き、何でもするのが私の仕事スタイルである。

しかしながら、朝はうっかりアラームをセットし忘れ30分寝坊。

5時に起きるつもりが最初4時半に目覚め、あと30分寝られると思って二度寝したのだが、どうも30分以上寝た気がして飛び起きたら5時半だった。

こういうとき、体内時計が正確だと命拾いする。

東京駅まで出てから東北新幹線で仙台へ。

東北新幹線に乗るときはいつも上野からだったので、東京駅から乗るのは初めてだなと気付く。

新幹線の車中で新聞を読んだりブログを書いたりしていたら、途中で急に新幹線が停車した。

在来線が止まるならともかく、新幹線が停車するとか異常だなと思っていたら、どうも人身事故が起きたらしい。

警察が現場検証をしているとアナウンスがあったので、結構大きな事故だったのかもしれない。

仙台駅到着は1時間ほど遅れた。

かなり時間に余裕を持った新幹線に乗っていたので、仕事に差し支えないことは幸いだった。

仙台駅から30分ほど歩いてイベント応援の現場へ。

他の担当の取引先ではあるが、私はしばしばこうして手伝いで入るので、おかげで見知った顔が多くアウェー感はほとんどなかった。

仕事はほとんど突っ立っているだけで、非常に退屈だった。

楽と言えば楽だが、久しぶりに一日中店頭で立っていたので足腰が痛くなった。

こういうときは、何もすることがない方が辛い。

結局、私の出番はまったくなく、私に出張るように依頼した先輩も恐縮していた。

スタッフたちと駄弁っていただけである。

帰りは19時くらいの新幹線に乗る予定をしていたが、朝の遅延がまだ尾を引いており15分ほど遅れていた。

過密ダイヤは普段利用する分には便利だが、ひとたび遅れが出ると挽回出来ないので大変である。

この日は朝昼晩とコンビニ飯。

帰りの新幹線の車中で、競馬の結果の確認。

フラワーカップはハナレイムーンを本命にしてながしていたが外れ。

道中、外回ってたからなぁ。

ファンディーナは過剰人気ではないかと疑っていたが、あそこまで圧勝するとは。

文句のつけようがないレースでシビれた。

3連休の競馬は、ファルコンステークスのラッキーパンチを合わせても若干のマイナス収支。

それでも小さく買ったので金額としては許容範囲に収まった。

今週末の4重賞も同じスタンスで勝負しよう。

東京で東海道線に乗り換えると、今度は東海道線が人身事故で止まる。

ほんと、命は大事にしろよ、と他人事として思う。

1時間ほど足止めを食い、ほとんど終電の時刻になっていたので、乗り込んで来る人間の半数は酔っ払いである。

職場の愚痴を言う可愛い女の子、自分自身もダメ出しを受けながらも、聞いているそぶりを見せる上司らしきイケメン。

本日はテイクアウトだろうか。

などなど乗客観察して遊んでいたら、日付けが変わるくらいに最寄り駅に着いた。

非常に草臥れる休日出勤になった。

 

3.21(火)

内勤。

2日連続で睡眠時間4時間はきつい。

昨日帰ったときに少し気付いていたが、部屋の壁のあちこちがシールでデコレーションされていた。

装飾にまったく興味がない私からすると、こういう感覚は女性的だなと思う。

時間の制約で弁当を作ることができず、昼は居酒屋ランチになった。

仕事は朝から会議、打ち合わせの連続でなかなか他の作業が進まなかった。

会議の不要性を主張する人は結構いるが、個人的には必要な会議もあると思う。

要は中身が重要なのであり、資料を読み上げるだけの会議ならいらないが、議論したりアイデアを出し合ったりする会議は、やはり顔を合わせた方がスムーズだと思う。

今日の会議の必要性は50%程度か。

夜は1年前に辞めた同僚と上司、後輩で飲みに行った。

大して行きたいと思わなかったが、無難に誘えるのが私くらいだったのだろうから、たまには上司に付き合うことにした。

辞めた同僚がさらにまた転職し、今度は外資系の保険会社に行くらしい。

せっかく転職先でうまくやっているようだったのに、節操のない話である。

仕事はできるのだが、そういうクセのあるところが難しい女性だったなと思い出す。

サラリーマンが合わないのだから、半自営業の保険売りになった方が案外うまくいくかもしれない。

まぁうまくいかなくてもお金持ちのお嬢さんではあるし、これまたそこそこ稼げる人と結婚も決まったようなので、路頭に迷うことはないだろう。

いずれ関係ない世界の話である。

そこそこ飲んで、帰宅は23時半。

最近、飲みに行くことが多くて帰宅が遅いので、妻には少し申し訳ないなと思う。

妻はちょっとジャレたそうだったが、私の電源が切れてすぐに眠ってしまった。

 

3.22(水)

イベントがある日だったが、事務処理もたくさんあるので出社してから向かうことにした。

いつもの出社日同様、5時に起き、8時前から10時くらいまで作業をし、それから埼玉のイベント会場に移動。

睡眠時間が短くてかなりつらい。

別に直行でも構わなかった(というか、ほとんどの営業は直行していた)のだが、他の作業の進捗や事務員の負荷を考えると、ここは踏ん張りどころだなと判断した。

イベント会場では、来場する取引先に挨拶したり、商談したり。

立ちっぱなしなので足腰が痛い。

唯一の救いは昼の弁当が支給されるので、昼食代が浮くことくらいである。

夜は来場した取引先と飲みに行った。

この人との飲み会は、もう恒例イベント化しているので断われない。

大してビジネス上のメリットはないのに、費用もすべて先方が出してくれる。

私も領収書を切る決裁はもらっていて、いつも自分が払おうとするのだが、ほとんど払わせてもらったことはない。

友人と飲みに行く感覚でいてくれるのだろう。

普段からとても穏やかないい人で、ありがたい話ではある。

イベント終わりの18時くらいから飲み始めて、2時間飲んできっぱり終了。

ダラダラ飲まないのも良いところ。

帰宅は20時過ぎ。

なんだか甘い物が無性に食べたくなったので、家の近くのドラッグストアでスーパーカップのカスタードクッキー味とかいうのを買って帰った。

 貧乏性の私には、安くて量の多いスーパーカップは心強い味方である。

それほど酒は飲まなかったとはいえ、連日の飲み会でさすがに疲れた。

帰宅後ほとんど何もできないまま、だらだらと過ごして就寝。

 

3.23(木)

前日とほとんど同じスケジュール。

5時に起きて8時前に出社し、10時まで事務作業をしてからイベント会場へ。

眠すぎて、電車の中ではほとんど寝ていた。

イベント会場ではつつがなく仕事を済ませた。

2日目でほとんど後半は仕事がなくなるため、早めに帰社して事務処理を進めようと思っていたのだが、いろいろあって「待ち人来ず」の状態を長く続けてしまった。

可能性が低いのに、期待を持たせるような言い方をするのはやめてほしい。

結局15時くらいまで会場にいて、それから同じように事務処理をしたい後輩と一緒に会社に戻った。

帰りの電車内でも爆睡。

乗り換え駅に着いたときに、後輩に起こされる始末である。

6時間を切る睡眠時間が続くと、このくらいのうたた寝では全然寝足りない。

会社に戻ってからは怒涛の事務処理。

今週末までに終わらせないといけない作業があるのだが、私は翌日出張だったので実質的にこの日がリミットだった。

しかも担当取引先の数が多いので、作業負荷が一番大きい。

それでも他人よりは高速で作業をするので、事務員には他の営業マンの作業を手伝わせ、一人黙々と作業を続けた。

私は作業を自分の中でパターン化するのが得意なのである。

無意識でできることを増やすのが得意だ。

考えずに身体を動かすことで、作業効率は飛躍的に向上する。

私の日常生活における動作のほとんどは、こういった無意識の動作の積み重ねで成り立っている。

だから人と同じ時間で人より多くのことを処理できる。

考えていないから。

まぁ「これ以上考えなくてもいい」というレベルまで、最初に考えてしまうのだが。

なんとか作業を終わらせ、考える系の事務処理も全部済ませると、久しぶりにそこそこ残業をしていた。

1年前まではもっと出張日数が多かったので、内勤で事務処理をする日はかなり遅くまで残業していたが、最近は内勤日を増やしたので滅多に残業することがない。

私の勤務形態では残業代は基本的に発生しないので、残業などするだけ損ではある。

今日は早めに帰って料理をしようと思っていたのだが叶いそうにない。

ドラッグストアで日用品だけ買って帰ると、時刻はすでに21時半になっていた。

夕食は妻が用意してくれたキムチ鍋。

妻も何やらいろいろ結婚式の準備をしていたようで、切った野菜を突っ込むだけで済む鍋にしたようである。

溜まっていたアイロン掛けだけ済ませ、疲れていたので妻より早く24時には就寝。

ほとんど記憶に残らないくらい、すぐに眠りに落ちた。

 

3.24(金)

日帰り出張、愛知。

久しぶりに6時間寝たら、それだけでも寝起きの辛さがまったく違った。

やはり自分には6時間睡眠がちょうどいいようである。

トーストとヨーグルトの朝食を摂って、新幹線で小田原から豊橋へ。

1時間以上も「こだま」に乗るのは久しぶりである。

眠ろうかと思ったが、前の座席の女子大生たちがうるさい。

まぁ彼女たちが春休みで呑気に旅行できるのも、あと1週間ほどか。

豊橋で1件、名古屋で1件、新規取引先との商談。

取引に前向きになってくれているようで何より。

自社の商品だけでなく、営業としてのコンサルティングにも価値を感じてくれたことは嬉しい。

他に事務的な用件でいくつか取引先を回り、少し早めに名古屋から新幹線に乗った。

「ひかり」に乗れるタイミングは限られている。

今日は久しぶりに料理を作ろうと思ったので、少し無理して間に合わせた。

新幹線の車内では、久しぶりに新聞を買って競馬の予想。

高松宮記念は中京だし、中スポというのも理に適っているか。

夕食は鶏と小松菜とエノキの醤油煮、かぼちゃの煮付け、豆腐の味噌汁。

醤油煮は炒めようと思ったら、エノキから水分が出過ぎて煮る感じになってしまった。

まぁ食べられる程度の味ではあったので、良しとしようか。

夜は翌日発送する結婚式招待状の封入作業。

妻が宛名書きをしてくれていたが、チェックすると誤字や記入漏れや、そもそも書いていない人がいるなど穴だらけだった。

慶事用の切手の数も足りない。

自分の不出来に泣きそうになる妻をなだめて就寝。

なに、焦るほどのミスは何一つない。

少しくらい鷹揚に構えているくらいがちょうどいいと思う。

 

3.25(土)

ゆったり8時に起床。

私にとっては「ゆったり」だったが、普段の起床時間と変わらない妻は眠そう。

ベッドの上でグダグダやっているのを尻目に朝食の準備。

アスパラが余っていたので、いつもの朝食にアスパラ入りスクランブルエッグをプラス。

切手を買うために朝一で郵便局に向かうが、近くの支局が開いておらず、徒歩20分ほどの本局に向かう。

さらに家に帰って返信用ハガキに切手を貼って、封入してから投函しにまた本局に向かったので、朝から良い運動をさせられた。

この日は翌日に妻の地元の湯河原でマラソン大会に出る予定だったので、実家に一泊させてもらうことになっていた。

昼前に家を出て妻の地元に向かい、実家に行く前に妻の所用を済ませた。

何やら結婚式で妹さんにプレゼントを渡したいらしく、あれこれ奮闘している。

所用が済んでから、駅前のプロントで昼食。

「桜えびと菜の花のあさりバターソース」というパスタを頼んだのだが、あさりが入っていると思ったら、あさりはソースに溶け込んでいるだけらしく肩透かしをくった気分になった。

それから駅で手土産を買って、ご実家へ。

義父の友人で家族ぐるみの付き合いをしている人を交えて、のんびり結婚式準備の話などをしながらお茶をした。

ご友人が買ってきてくれた、イチゴのタルトが美味しかった。

こうやって義理の家族とお茶など飲んでたりすると、ほんの数ヶ月の生活の変化なのに、自分が急に所帯じみた気がする。

その後、妻の親戚宅に結婚式招待状を持参したりしてから夕食。

義家族4人でアットホームな鉄板焼きをした。

翌日は10kmロードレースだったが、気にせずビールと日本酒を楽しむ。

私にとって今はレースのタイムより、義父と楽しく酒を酌み交わすことの方が重要なミッションである。

風呂に入り、まだ早い時間だったはずだが即就寝。

疲れていたのだろうか、記憶がないほどすぐ眠っていた。

 

3.26(日)

7時半に起床。

前日からそうだったが異様に寒い。

もうすぐ4月というのを疑うほどの気温である。

しかも天気予報通りの雨ときた。

グラウンドコンディションは最悪である。

私は晴れ男なので、ここでも神通力を発揮できるかと心密かに期待したが、その期待は呆気なく裏切られた。

私は10年以上ランニングをしているが、雨のレースは一度しか走ったことがない。

まぁこういう日もあるさと、心持ちを立て直す。

しかし義父と一緒に朝食を摂っていたら、しきりに棄権を進められた。

「風邪を引く。プロアスリートでもないのに無理して走る必要はないだろう」というわけである。

確かにいくら参加料を払っているとはいえ、この氷雨のような天候で走る道理はない。

いや、これでも私もかつてはシリアスランナーだったので、雨くらいで棄権するつもりはなかった。

だがここで強行出場すれば、義家族はわざわざ寒い中、沿道に応援に出てくれるだろう。

そんなことで逆に風邪でも引かれては申し訳ない。

多少の逡巡(それは主に自分のランナーとしての矜持からくる)はあったが、素直に進言に従うことにした。

これでは結局、ご飯を食べに来て、泊まりに来ただけになるが。

午前中は家族でダラダラTVを見たりしながら過ごし、昼前には辞去した。

昼食は最寄り駅まで戻ってからラーメンを食べに行った。

妻はときどきラーメンを食べに行きたいと言うので、一緒にいると普段なかなかコッテリ系を食べる機会がない私は、ここぞとばかりに賛成する。

この日は駅の近くの魚介ダシ系豚骨醤油ラーメンの店に行った。

滅多にない機会だからと、奮発して全部のせ。

至福の一杯だった。

自宅に戻ってからは掃除などを少しした後、ひたすらプロフィールムービーの作成。

妻が昼寝をしている横で再度写真を中画質でスキャンして、それを出来上がっているムービーに当て込み直す。

画質を360くらいまで落としても、普通に見る分には十分な綺麗さだった。

その後、夕食の準備。

夕食はかぼちゃシチュー、ブロッコリーとツナのサラダ。

夕食後はプロフィールムービーの妻のパートを作成し始めた。

慣れてしまえばこっちのもので、妻の要望に沿いながらどんどん作り込んでいく。

式のオープニングムービーも雰囲気だけ作ってしまい、手軽に良い感じのものができつつある。

それから妻が風呂に入っている間に土日の競馬の結果確認。

4重賞で、まさかの全敗。

日経賞は有力馬が軒並み敗れる波乱の結果。

ゴールドアクター複勝圏内を外さないだろうと思ったが。

シャケトラはここでは足りないだろうと完全に切っていたし。

毎日杯は人気上位3頭で3連単ボックスを組んでいたが、ガンサリュートが来ずに終了。

マーチステークスは本命アスカノロマンが少しだけ夢を見させてくれたが、大荒れの結果にかすりもしなかった。

高松宮記念は見事にタテ目

軸は迷っていたのだが、メラグラーナではなくレッツゴードンキが正解だったか。

ここの3連複くらいは当てておきたかった。

来週は大阪杯

来週末は出張だし、出先でゆっくり競馬の検討をしようと心に誓いながら一日を終えた。