異呆人

毒にも薬にもならない呟き

愛の概念の違い

私には恋愛感情がない。

だから妻以外に誰かと交際したことはない。

大体の知り合いはその事実を知っているので、「なぜ結婚したのがその相手なのか?」と聞いてくる。

30年以上独り身を貫いたのに、あえてネットで知り合った女性と交際1年で結婚するからには、それだけ魅力的な相手か、何か理由があるはずだ、という発想である。

一般的な考え方に沿っていえばもっともな発話ではあるが、残念ながら私は一般的な人間ではない。

だから妻を愛しているかと聞かれれば答えは「Yes」だが、なぜ妻でなければならなかったかと聞かれれば特に理由はない。

 

妻のどこが好きかと聞かれれば、「真面目で素直なところ」と答えている。

「悪意がない」と言い換えることもできる。

楽をしようとか、ズルをしようとか、そういう発想が出てこない女性である。

例えば、小さな交差点でまったく車が来なくても赤信号はずっと待つタイプ。

ではそういう女性が他にいなかったかと言われるとそんなことはないし、他の女性ではダメだったかと言われるとそんなこともない。

たまたま私が結婚したいと思ったタイミングで最初に出会った条件に合う女性だった、というだけである。

身も蓋もない言い方になるが。

 

そんな言い方をすると私が変人だと思われるが、実際そうなので仕方ない。

私に言わせれば、それは単に価値観が違うだけである。

私が恋愛感情と愛情を区別しているというだけである。

私にとって愛情とは、「相手に対する行為の無償性」と言い換えることができる。

つまり「無償で相手に何かしてあげたいと思うこと」が愛情である。

だから見返りを求めずにすることは、友人のためであれ、家族のためであれ、職場の同僚のためであれ、見ず知らずの人のためであれ、愛情に起因する行為である。

多少の程度の差こそあれ、そこに大きな違いはない。

だから私は妻を愛するように、友人や家族や同僚などを愛しているのである。

差がないのだから、結婚相手が妻である唯一無二の理由などいらない

多くの他人と同様に愛せるだけで十分である。

 

強いて言えば、これから一番時間を共有する相手なので、私の受け入れられないNGラインを越えない必要はある。

あと、程度の差はなくても頻度の差はある。

私は彼女を愛し続けている限り、彼女のためになることをし続ける。

だからそれだけ尽くして悪影響が出ない女性である必要はある。

少なくとも、これらの条件はクリアしているわけだが、こんなことを見極めるのに2年も3年もかける必要はない。

「3年くらいは交際しないと相手のことがわからない」などと言う人は、3年経っても相手のことなどわからないと私は思う。

単に見る目がないだけである。

見る目がないのは、接する相手の幅が狭いからである。

限られた相手、同じようなタイプの人間とばかり触れ合っていると、人間に対する見識が深まらない。

あとは、自分や状況を客観視する能力に欠けるということもあるだろう。

 

可愛いだとか何だとかは、性愛である。

女性の場合どうかはわからないが、男性における「好き」というのは「ヤリたい」と同義だと思う。

男性という性が、生物としてそう出来上がっているのだと思う。

はっきり言えば、私は女性の7割くらいは「できる」と思っている(年齢層は限定するが)。

つまり性愛に関して、レベルの差はあれ7割の女性は許容範囲に入ってしまうのである。

その中で少しでもレベルの高い女性を探そうとすることなど、私にとっては不毛な行為に思える。

セックスなんて、生活に占める割合は極僅かである。

 

愛情にも性愛にも属さない、恋愛感情というものは私にはない。

きっとそんな訳のわからない理屈をこねている人間などいないのだろうが、私はそうやって理屈で生きている人間なのである。

だからその他大勢の言う「恋愛」は、私には一生理解出来ないだろう。

まぁ、それでいいと思う。