異呆人

毒にも薬にもならない呟き

日記 <2017.2.27〜3.5>

2.27(月)

内勤。

朝起きると、喉が少し痛かった。

何度も経験している風邪の兆候。

悪化しそうなタイプのやつである。

弁当は作り置きしてある春巻きとポテトサラダを詰め、卵焼きだけ焼いた。

仕事は朝から緊急の会議が入っていた。

何事かと思ったら、急遽、4/1付で社長交代というアナウンスだった。

親会社から来て、まだ2年しか経っていない。

今の社長が良かったか悪かったかは別として、子会社だからとはいえ通常の人事異動感覚で社長をコロコロ変えるのはやめてほしい。

仮にも経営者である。

だから長期的な戦略が練れないのだし、これでまた親会社から新しい人間が来たら、今の会社の状況や業界の慣習を把握するのに時間を費やすのである。

そして慣れてきた頃にまた異動という悪循環。

だからうまくいかないのだと言ってやりたい。

業績が良くないのに、そんなことをやっている場合か。

しかも私は社長に結婚式の挨拶を頼んでいるのである。

手前勝手な都合ではあるが、勘弁してほしい。

さすがに来て2ヶ月の新社長に挨拶頼むのもどうかと思うし、どうしようか。

などと心の中でグダグダ思っていると、部長から飲みに誘われた。

不満が溜まっているのを察してくれたようである。

ありがたい。

仕事はぼちぼちと事務作業をこなす。

先々バタバタしそうなので、少し前倒しして2週間先くらいまで見据えて作業を進めておいた。

夜は後輩も交えて、部長と飲みに行った。

とりあえず、自分の考えていることを酒の勢いに任せて全部ぶちまける。

まぁ、それはいつものことなのだが。

酒がなくても私は、もっとああした方がいいとかこうした方がいいとか、常に問題提起をしている。

それが叶うことはほとんどないが、叶わないからといって言うのをやめたら「負け」だと思っている。

後から「俺はこうした方がいいと思ってたんですよね」なんてことは、好きなだけ言える。

ならせめて結果がどうであろうと、自分はやれるだけのことはやったと思いたいのである。

生ビール1杯とホッピーを焼酎3杯分飲んだだけだったが、体調が万全でないせいか、結構酔っ払った状態で帰宅。

連絡はしたが急な飲みだったし、妻から小言の一つも言われるかと思ったが、温かく迎えてくれたことはありがたかった。

ほぼ速攻で就寝。

 

2.28(火)

内勤。

酒の頭痛と風邪の辛さで、寝たり起きたりを繰り返していた。

目覚めは最悪の三歩手前くらい。

重い頭を抱えながら、再び春巻きとポテトサラダとゆで卵で弁当。

昨晩、水をあまり飲まなかったせいで喉がカラカラで、風邪と相まって大変なことになっていた。

あまり良い状態ではなかったので、大人しく風邪薬を飲むことにした。

普段はあまり薬に頼らない主義なのだが、同居人がいる現状では早期の回復が務めである。

しかし風邪薬が効いているのか、猛烈な眠気でなかなか仕事が捗らない。

幸い大した仕事はなく、単純作業の繰り返しだけだったので助かった。

まぁ薬を飲まなければ飲まないで、風邪の症状で能率は下がるのだろうから、風邪が早く治るだろう分だけ、服薬して眠気に耐えて仕事をする方がマシと言えるかもしれない。

ほぼ定時で上がり、買い物をして夕食の準備。

肉じゃが、ぶりの塩焼き、わかめの味噌汁。

ちょうど目の前で、ぶりの切り身に半額シールが貼られたので飛びつく。

貧乏性の割引大好き人間である。

夜は昼間の眠気そのままに、すぐに眠りに落ちてしまった。

 

3.1(水)

内勤。

薬を飲んでいるせいか、体調は回復してきた模様。

ここで油断せずに、もう1日くらいは薬を飲み続けることにする。

弁当は三度、春巻きと卵焼きとポテトサラダ。

美味しいものは好きだが、さほど食にはこだわらないので、多少不味かろうが、同じものを毎日食べ続けようが平気な人間である。

昨日はし忘れたマスクをつけて会社に行ったら、「ただでさえ小顔なのに、マスクの小顔効果がすごい」と、女性陣から羨ましがられる。

こちとらダテでマスクをつけているわけではなく、正真正銘の風邪である。

もうちょっと他に言うことがあるだろう。

朝から月初の定例会議。

特記事項なし。

昨日一昨日と同様、単純作業の事務を中心に仕事をした。

自分の分は早々に終わってしまったので、ほとんど他人の手伝い。

私一人が遊んでしまうより、自分が頑張って全体最適を取る方が、最終的には自分の利益につながる。

こういうことは、目先の損得で考えてはいけない。

仕事中は薬のせいで、昨日同様激しい眠気に襲われて参った。

行きの電車でも帰りの電車でも、新聞を読みながら寝落ちしていた。

薬が身体に合っていないのだろうか。

昨日と同じく、定時退社。

妻がブライダルエステに行く日だったので、帰ってくるまでのんびり夕食の準備。

昨日の残りの肉じゃが、茄子味噌炒め、豆腐の吸い物。

味噌と味噌になるからと、味噌汁を避けてダシと醤油で吸い物にしたら、味見で舌を火傷した上に、味見が不十分になり味が薄くなってしまった。

猫舌って、人生損するよなと思う。

床に入ると昨日同様、電源が落ちるように気付いたら寝ていた。

 

3.2(木)

日帰りで兵庫出張。

兵庫くらいなら新幹線が早くて便利だが、レンタカー利用前提でコストだけ考えれば、羽田からスカイマーク神戸空港に飛んだ方が安い。

早めに予約できれば、値段は倍近く変わる。

最寄り駅を5時半発の電車に乗って、羽田から朝一の便でフライト。

車の運転があるので風邪薬は控えたが、睡眠不足のせいかやたらと眠たくて飛行機ではずっと寝ていた。

最終盤に差し掛かった読みかけの本を、読み終えてしまいたかったのだが。

あとで妻から聞いた話だが、鼻づまりで鼻呼吸ができず、大層寝苦しそうにしていたそうだった。

眠りが浅かったのかもしれない。

到着後すぐ車を走らせ、午前中は淡路島。

他社との競合案件。

ロケットランチャーにピストルで立ち向かうような不利な話だが、立ち回り一つでピストルの方が有利にもなり得る。

何とか今年度並みの取引を、来期も続けてもらうことで合意した。

午後は明石、加古川方面へ。

あまりに眠いので、仮眠を挟みながら営業して回る。

仕事を終えると、神戸空港から羽田にフライト。

いつもの出張より少し早く帰れるかと思ったが、便の遅延で結局家に着いたのは22時過ぎだった。

妻は友人と飲み会とのことだったので、夕食は最寄り駅前の吉野家豚丼

やはり牛丼の中でも吉野家は一番旨い。

最近は常に50円をケチって豚丼だが。

 

3.3(金)

内勤。

1週間ぶっ続けの春巻き弁当を持って出社。

仕事はこの日もほとんど他人の仕事の手伝い。

大してすることがない。

風邪は治っていそうだったが、念のためマスクを装備していた。

喉は大丈夫になっていたが、鼻水がとにかく大変なことになっていた。

鼻をかむとき、私はわざわざトイレに行くのだが、そうそう頻繁に席を立っていては仕事にならない。

仕方ないのでしばらく放って置いたら、マスクの内側に鼻水が溜まってしまって、大層不快だった。

私は毎日コーヒーを飲まないとダメな人間で、1日数本の缶コーヒーを飲むのが習慣なのだが、最近節約のためにインスタントコーヒーを会社に持ち込んでいる。

1日1,2本の缶コーヒーでも、積もり積もればバカにならないものだと実感している。

仕事はこの日もほぼ定時退社。

帰り道、東京駅から電車に乗るときに、扉が開くなり中から慌てて男が飛び出してきて、そのまま走り去ってしまった。

気にも留めずに乗り込むと、リュクサックが地面に置かれたままで、その傍らに透明な液体がこぼれていた。

乗客が敬遠するため、エアポケットのようにそのリュックの前の座席が空いていたのだが、私はこれ幸いと気にせずに座席に座った。

尿意が我慢できずに失禁し、リュックも忘れて飛び出したのだろうか。

それともこれはテロか何かで、液体がVXだったり、リュックの中にガスなどの化学兵器や爆弾が入っていたりするのだろうか。

そんなことを妄想した。

同時にこういうときの、「よくわからないものに近寄らない」という人間心理は面白いなと思ったりもした。

夕食は親子丼、妻の作った梅サラダ、豆腐の味噌汁。

翌日、結婚式の中身に関する打ち合わせの予定だったので、妻は遅くまであれこれ考えていた。

先日、初めて友人の結婚式に出席し、いろいろ思うことがあったよう。

そしてまた気持ちが塞いで、寝る前に泣き出してしまった。

自分のやりたいこととできることと、それが一般的かどうか、出席者に失礼にならないか、またワガママを言っているのではないか、と悩んでいるとのこと。

先日、私が指摘した費用についても、妻が思っていたより膨らんでしまい、そういう計算が冷静にできない自分に嫌気がさしているのもあるようだった。

「世の中そんなもの」と割り切れないのは、確かに妻が世間知らずで子供な部分もあるわけだが、それだけ純粋な気持ちで世の中を見られているわけで、一長一短だと思う。

大体、「もう少し冷静になりたい」と言って、比較する相手が私というのはいただけない。

私くらい冷静な人間がゴロゴロいたら、ある意味、世も末である。

費用に関してはできることとできないことがあるし、結婚式は自分たちのためのものではなく出席者に婚姻を報告する場なので、出席する人の気持ち(言わば世間の常識)も考える必要があるが、妻は妻らしく好きなようにしたらいいと諭した。

ブレーキを踏むのは私の役目である。

 

3.4(土)

朝から結婚式の打ち合わせ。

衣装合わせも含めると、ほぼ毎週通っているような気がする。

相変わらず、朝から鼻水が酷い。

前日あたりから考えていたのだが、もしかしたらこれは花粉症だろうか。

目がシパシパするし、くしゃみも出る。

ここ数年、花粉かどうかはわからないが、季節によってアレルギー性の鼻炎を発症している。

風邪と思っていたが今回もそれで、そして花粉症だという可能性もある。

嫌だなぁ、花粉症デビューとか。

式の打ち合わせは滞りなく終わった。

全体の大まかな流れを確認し、疑問点を少しずつ解消して行った。

不安で憂鬱になっていた妻も、費用に関してはだいぶセンシティブな反応を見せていたが、概ね自分の希望が形になってきて安心したようである。

終わってから横浜で妻と昼食を取り、その場で解散した。

私は夜の送別会に備えて、餞別を買いに高島屋へ。

あとあまりに鼻炎が酷いので、鼻炎薬を買って飲むことにした。

買い物が終わると、まずは東京まで出て友人と皇居ラン。

軽く2周、10kmほど。

昼食った焼き鳥丼と蕎麦が胃に残っており、加えて鼻炎薬のせいかやたらと眠く、非常に辛いランニングだった。

ランステでシャワーを浴びて友人と送別会に向かおうとすると、お互いの持っている餞別の袋がどうも似ていることに気がついた。

「もしや」と顔を見合わせて中を見ると、まったく同じ包装紙、そして中身を言い合うとまったく同じ菓子を買っていた。

だだ被り。

いくら親友とはいえ、とんだ気の合い方をするものだ。

友人と2人で池袋に移動し、送別会兼私の結婚祝い。

大学つながりと、私が声をかけて参加しているチームマラソンのメンバーである。

11人も集まり、わいわい賑やかに酒を飲みながら歓談して楽しかった。

安い鉄板焼きの店だったのだが、私は「主賓」扱いされているにもかかわらず、ひたすらお好み焼き、もんじゃ焼き、焼きそばを焼き続けていた。

私が大阪人だからそう感じるのかもしれないが、お好み焼きを自分で焼いたことがない人って結構いるんだな。

10年来の付き合いになる友人に「初めてお前の大阪人らしいところを見た」と言われる始末である。

昔から「一家に一台欲しい男」と言われているオールラウンダーである。

これくらいは朝飯前と言いたい。

しかし、具材をのせたアルミの皿が必要以上に鉄板に近いところに置かれていて、それを取ったときに右手の指を3本も火傷してしまった。

冷やすものがなく、ひたすら生中のジョッキを握りしめていたが、立派な水ぶくれができてしまった。

飲み会では、結婚祝いとして皆からそれぞれお祝いの品をたくさんもらった。

じゃがりこやチョコレートをくれる奴もいれば、なぜか私が引っ越した先のエリアの「るるぶ」をくれる奴もいた。

るるぶ」をわざわざプレゼント用に包装して渡すとか、なかなかいい根性をしている。

相変わらずのメンバーたちであり、まぁ物はなんであれ気持ちが嬉しかったりするものだ。

終電近くまで飲んでから帰宅。

帰りの電車でイヤホンをしながら、重賞のレース結果を確認。

オーシャンSは久しぶりにタテ目を食う。

軸で買っていたブレイブスマッシュが粘り切れず。

まぁもし3着に残っても、人気トップ3での決着だから3連複の配当は見込めなかったのだが。

メラグラーナは強いのかどうか疑問に思っていたのだが、このメンバーであればやはり上なんだろうかな。

チューリップ賞はミスパンテールにしてやられる。

新馬戦上がりでいきなりはないと思ったのだが。

ソウルスターリングは期待通りの勝ちっぷりで、今後がますます楽しみ。

 

3.5(日)

朝から駅伝大会に出ることになっていたので5時に起床。

酒が抜けきらずに若干頭痛がする中、シャワーを浴びて気付けをし、荷造りをして6時過ぎの電車に乗る。

目的地は新木場、夢の島陸上競技場。

向かいの席の女子高生のスカートが短く、見えそうで見えないなとか思っていたらいつの間にか眠っており、気付いたら東京駅まで来ていた。

夢の島ではなく夢の国に向かう人たちと一緒になって京葉線へ。

京葉線に乗るのは、去年の夏、船橋競馬場に行ったとき以来かもしれない。

駅伝は所属しているランニングチームから参加したのだが、中途半端な走力評価をされた結果、Bチームの1区を任された。

今回は勝ち抜けたチームだけが出られる、ローカルだがほんの少しレベルが高い大会だった。

距離はコース上が工事されているとかで、なぜかの4.5kmという中途半端な距離。

スタートまでウォーミングアップをして汗をかきながら、必死に身体からアルコールを抜く。

酔いはなくなってきたが、前日の粉もんで胃がやられているせいか、3時間以上前に食べた朝食がきちんと消化されていない感じがした。

そんなことを言ってもいられず、とりあえず位置についてヨーイドン。

明らかに実力が違い、周りのペースについていけずに、あっという間に置いていかれる。

最後尾からスタートし、オーバーペースでヘタレて行く奴を2人ほど拾ったが、途中で腹痛と吐き気がしてペースダウンしてしまった。

最近の好調を発揮できず、結局ここ2戦のロード5kmと大して変わらない結果に終わってしまった。

まぁぶっちゃけ、レース前日に飲んだ私が悪いよね。

最後まで必死こいて頑張ったせいで、肺にかなりのダメージを受け、レースが終わってしばらくはフラフラだった。

その後、チームメイトを応援したりして、最終的に解散したのは昼過ぎ。

電車の中で、少し遅い昼食としてパンを齧る。

疲れたのだが、よく考えたらそもそも寝不足だし、帰りの電車もずっと爆睡していた。

最寄駅に着くと、夕食の買い物をしてから帰宅。

クリーニングを引き取ったり、米が少ないと思って買ったりしたので、疲れているくせに大荷物になってしまった。

帰宅したら荷物を片付け、部屋が汚れていたので掃除機をかけ、夕食の準備。

妻は友人とランチをして映画を観に行っており、夕食は帰ってから一緒に食べるとのことだったので、疲れた身体に鞭打った。

ある程度、料理の下拵えが終わってから、合間を見て重賞の結果を確認。

弥生賞はさっぱりの結果に。

外枠だからと思い切って切ったカデナが大外を回って勝ち、2着のマイスタイルはノーマーク。

本命にしていたグローブシアターは、馬群の中に埋もれたまま終わってしまった。

しかしいい加減、気持ち良く勝ちたいなぁ。

今年に入ってからは小さい勝ちしか拾えていない。

夕食は豚の生姜焼き、しめじとアスパラのサラダ、ワカメの味噌汁。

夕食後は久々に積んであった小説を読み、それから少しだけ嫁の相手をして眠りについた。

今週は出張が少なく、そうなるとどうしてもブログを書く時間がなくなるなと感じる。