異呆人

毒にも薬にもならない呟き

ブログ開設1周年

はてな」からそんなメールが来た。

確かそろそろ1年だなとは気付いていたが、わざわざご丁寧に「1年経ちましたよ」と教えてくれるらしい。

前日までの記事数は297。

ちょうど300記事でキリ良く1周年を迎えようかとも思ったが、その努力が自分らしくないと思ったのでやめた。

無理せず続けてきたからこその1年でもある。

記事の数なんて、所詮数字以上の意味はない。

 

それでも300近い記事を1年間で書いたということに、少しは胸を張ってもいいかなとは思う。

297/365である。

私の勤務日数より多い。

内容が伴っているかどうかはわからないが、自分なりに考えて、中身も分量もそこそこの記事を書いてきたつもりだ。

小学校でお世話になった先生が、「継続は力なり」を座右の銘としていたことを思い出す。

ブログを継続することで得た力が、何の役に立つのかはまったくわからないが。

 

別に有名になりたいわけでもなく、小銭を稼ぎたいわけでもなく、ただ書きたいことを書き殴るようにして綴り、少しでも読んで共感してくれる人がいたら嬉しいなと思っている。

特定の話題に絞って記事を書いているわけではないので、「◯◯について知りたい」、「◯◯に興味がある」という人が訪れるわけではない。

副題の通り、毒にも薬にもならない呟きばかりを書き連ねている。

それでも何かをきっかけに訪れてくれる人がいて、興味を持って記事を漁ってくれる人がいることは有り難いことである。

これからも同じペースで書き続けられるかはわからないが、マイペースで細く長く続けていきたいと思う。

何も書かないのもなんだと思うので、とりあえず、それだけ。